山田勝彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山田 勝彦
北海道日本ハムファイターズ バッテリーコーチ #72
日本ハムコーチ時代
(2023年11月2日 エスコンフィールドHOKKAIDO
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市熱田区
生年月日 (1969-07-02) 1969年7月2日(54歳)
身長
体重
183 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1987年 ドラフト3位
初出場 1989年10月15日
最終出場 2005年4月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

山田 勝彦(やまだ かつひこ、1969年7月2日 - )は、愛知県名古屋市熱田区出身の元プロ野球選手捕手、右投右打)、コーチ。現在は北海道日本ハムファイターズのバッテリーコーチを務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中学時代は陸上部に所属し、投てき種目(ソフトボール投[1])でジュニアオリンピックに出場。野球はシニアチームに所属していた。東邦高校では2年生の時、1986年春の選抜に控え投手として出場。1回戦で坊西浩嗣のいた岡山南高に敗退する[2]が、この試合でリリーフとして甲子園初登板を果たす。同年夏の甲子園県予選でも左翼手として決勝に進むが、エース近藤真一を擁する享栄高に完封負け。3年生からは捕手に転向、1987年夏の甲子園県予選決勝では後藤孝次を打の主軸とする中京高に敗退。高校通算24本塁打を放った。高校2年下に山田喜久夫がいた。

1987年のドラフト3位で阪神タイガースへ入団。

プロ入り後[編集]

1989年にプロ入り初出場を果たすと、1991年からは出場機会が増え、打率1割台と打撃には苦しんだが、プロ初本塁打を含む2本塁打を記録。

5年目の1992年には正捕手として投手陣をリードし、チームの2位躍進に貢献。打撃では打率.204と苦しんだが、本塁打は前年を少しだけ上回る4本を記録した。その後は正捕手の座を手中にするかと思われたが、関川浩一矢野輝弘などとの正捕手争いを余儀なくされ、自身も伸び悩む。

1999年には野村克也監督に守備を酷評されるが、2000年には規定打席不足ながら打率.319を記録するなど打撃で開眼し、同年8月24日のヤクルト戦(大阪D)では延長14回二死一・二塁の打席で高橋一正からプロ初のサヨナラ安打を放つ[3]2001年も打撃面では安定し前年より出番は多かったものの、守備面では矢野に勝てず二番手捕手止まりであった。

2002年には正捕手の矢野が故障離脱をしてしまい在籍捕手の中では最多の34試合先発マスクを被ったがチャンスを生かせず、逆に出場機会が減る。同年のシーズンオフに下柳剛中村豊との複数トレードで、伊達昌司と共に日本ハムファイターズに移籍した[注 1]

日本ハムでも自身は怪我に苦しみ、その間に若手の髙橋信二の台頭やベテラン捕手の中嶋聡の加入もあり、2005年に現役を引退した。

現役引退後[編集]

阪神コーチ時代(2016年3月20日 阪神鳴尾浜球場にて)

現役引退後は球団側から二軍バッテリーコーチ就任の要請があったが、これを辞退。2006年、阪神時代の監督である野村を慕って東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍バッテリーコーチに就任し、2010年に退任。

2011年から2012年までオリックス・バファローズの一軍バッテリーコーチを務めた[5]

2013年からは古巣・阪神の一軍バッテリーコーチ、2016年からは二軍バッテリーコーチ、2018年からは再び一軍バッテリーコーチ、2019年からは再び二軍バッテリーコーチを務める。試合中は一塁ベースコーチも兼任する。

2021年シーズンをもって阪神を退団し、2022年からは阪神時代から公私ともに親交の深い新庄剛志が監督を務める日本ハムで一軍バッテリーコーチを務める[6][7]

2022年7月19日、新庄をはじめとした監督・コーチ陣、一部の選手による新型コロナ集団感染により、同日から対オリックス・バファローズ戦にて新庄に代わり監督代行を務めた[8]が翌日の20日に山田自身も感染が判明し1日だけの監督代行となった[9]。そのため、20日からは二軍監督木田優夫が急遽一軍に合流して監督代行を務めた。

人物・選手としての特徴[編集]

ヤクルト戦での大乱闘[編集]

1996年6月29日、ヤクルト戦の古田敦也の打席で嶋田哲也が古田の頭部付近にビーンボール球を4球続けて投げたことで古田が嶋田に激怒し歩みよる。そこで古田を制止しようとした山田に古田が放り上げたバットが山田に当たったことから山田も激高し応酬してしまい、両チーム入り乱れての大乱闘に発展した。山田と古田は乱闘の当事者として退場処分を受け、当試合は警告試合となった。また山田は乱闘で古田に投げられたのと同時に、阪神時代の同僚であったトーマス・オマリーに突進され、ヘンスリー・ミューレンスからはアッパーを喰らう(オマリー、ミューレン共々退場にはなっていない)など悲惨な結果となった。山田曰く、「古田がインサイドをえげつなく投手に要求してくるからその報復の意味もあった」と後に語っている。またこのシーンはこの年の珍プレー番組でも取り上げられた。

その他[編集]

日本ハムコーチ入団会見では、楽天コーチ時代には嶋基宏、阪神コーチ時代には梅野隆太郎を育てたことが評価されていた。[要出典]

阪神時代の監督である野村は、山田を真面目な性格だと人間性を評価し楽天のコーチとしても期待していたという[10]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1989 阪神 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1991 66 166 149 14 19 4 0 2 29 6 0 0 6 1 10 1 0 41 3 .128 .181 .195 .376
1992 114 340 313 17 64 12 0 4 88 31 0 1 9 3 14 8 1 81 7 .204 .239 .281 .520
1993 63 115 108 7 19 3 0 0 22 2 0 0 4 0 2 2 1 31 1 .176 .198 .204 .402
1994 58 114 103 8 21 2 0 3 32 8 2 0 4 1 6 0 0 17 1 .204 .245 .311 .556
1995 30 19 16 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2 0 0 7 0 .063 .167 .063 .229
1996 99 301 274 19 52 9 0 2 67 18 0 0 6 3 17 4 1 52 9 .190 .237 .245 .482
1997 92 238 214 14 56 16 0 4 84 21 0 0 6 0 17 2 1 37 7 .262 .319 .393 .711
1998 69 146 138 4 28 2 0 0 30 6 0 0 0 1 6 1 1 26 5 .203 .240 .217 .457
1999 21 39 35 2 5 1 0 0 6 0 0 0 3 0 1 0 0 8 2 .143 .167 .171 .338
2000 45 102 94 6 30 4 1 2 42 11 0 0 4 1 2 2 1 21 2 .319 .337 .447 .784
2001 54 147 134 14 37 7 0 2 50 10 0 2 4 1 7 2 1 31 8 .276 .315 .373 .688
2002 39 106 97 9 15 3 0 1 21 9 0 0 3 0 6 2 0 21 6 .155 .204 .216 .420
2003 日本ハム 40 82 77 7 13 1 0 1 17 8 1 0 2 0 3 0 0 15 3 .169 .200 .221 .421
2004 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2005 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:16年 795 1916 1753 121 360 64 1 21 489 130 3 3 52 11 93 24 7 388 54 .205 .247 .279 .526

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 61(1988年 - 1991年)
  • 35(1992年、2005年)
  • 27(1993年 - 2002年)
  • 24(2003年 - 2004年)
  • 70(2006年 - 2010年)
  • 72(2011年 - 2012年、2022年 - )
  • 82(2013年 - 2021年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 同時期に発表された坪井智哉野口寿浩のトレードとは別件と長らく語られていたが、下柳は、2020年に片岡篤史のYouTubeチャンネルにて、本来このトレードは野口と坪井も含めた3対3で発表される予定だったが、下柳本人が年俸のダウン金額等の不満から球団と揉めたことにより発表のタイムラグが出たと語った[4]

出典[編集]

  1. ^ 月刊タイガース 1992年6月号
  2. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  3. ^ 「阪神14回サヨナラ」『読売新聞』(縮刷・関東版) 2000年(平成12年)8月25日付朝刊、17面(スポーツ面)。
  4. ^ 阪神タイガースは衝撃の連続!?「今のままでは勝たれへんなぁ〜」下柳剛さんが語るセ・リーグで勝てる投手になる秘訣とは!? - 片岡篤史チャンネル
  5. ^ コーチ就任のお知らせ”. オリックス・バファローズ (2010年11月3日). 2010年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月20日閲覧。
  6. ^ 新庄剛志ビッグボス 来季首脳陣発表!林ヘッド、武田投手コーチら」『日刊スポーツ』、2021年11月18日。2021年11月18日閲覧。
  7. ^ 日本ハム1軍バッテリーコーチに山田勝彦氏を招聘へ 今季まで阪神でコーチ」『日刊スポーツ』、2021年11月3日。2021年11月18日閲覧。
  8. ^ 日本ハム 19日から山田バッテリーコーチが監督代行務める”. NHK NEWS WEB (2022年7月19日). 2022年7月19日閲覧。
  9. ^ 【日本ハム】コロナ猛威とまらず計20人陽性 ビッグボスも山田監督代行も離脱/5日間の経過」『日刊スポーツ』、2022年7月20日。2022年7月20日閲覧。
  10. ^ 野村克也×二宮清純対談「マー君の穴は則本が埋める」”. 日刊大衆 (2014年4月8日). 2024年1月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]