清宮幸太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
清宮 幸太郎
Kiyomiya Kotaro-1.jpg
清宮 幸太郎
(2017年4月27日撮影)[1]
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都新宿区
生年月日 (1999-05-25) 1999年5月25日(18歳)
身長
体重
184 cm
105 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 一塁手 外野 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

清宮 幸太郎(きよみや こうたろう、1999年5月25日[2] - )は、東京都出身の高校野球選手(内野手[2]

来歴・人物[ソースを編集]

ラグビー選手として活躍した清宮克幸の長男として生まれる[3]

2006年平成18年)の全国高等学校野球選手権大会決勝・早稲田実業学校対駒大苫小牧高校戦を見て、オール麻布で野球を始める[4][5]早稲田実業初等部4年生からは硬式野球に転換、東京北砂リーグでプレー[6]

2012年(平成24年)にリトルリーグ世界選手権で投打で活躍、優勝に貢献し、現地メディアでは和製ベーブ・ルースと報道された[7]

調布シニア時代には全国優勝を経験[2]

2015年(平成27年)に早稲田実業学校高等部に進むと、1年生ながらスラッガーとして期待され、第97回全国高等学校野球選手権大会に出場し本塁打を2本記録した[8][9]。また同年2015 WBSC U-18ワールドカップ 日本代表に選出された[10]。2年生になると3年生引退後は主将に就任し[11]、3年次の西東京大会では開会式で選手宣誓を行った。宣誓は「私達は野球を愛しています」という言葉から始まり、「好きです」ではなく「愛しています」という言葉を選んだことについて、この年6月22日乳癌で死去した小林麻央が綴った言葉の影響を受けたことを明かした[12]

ギャラリー[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ a b c 2017年 春季東京都高等学校野球大会決勝戦、早稲田実業 対 日大三戦、神宮球場。
  2. ^ a b c 【早実・清宮の素顔2】調布シニア恩師 中学でプロ並み重量バット使用”. スポーツニッポン新聞社 (2015年4月24日). 2016年11月22日閲覧。
  3. ^ 早実・清宮は“真の怪物”なのか プロスカウトがシビアに評価”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2015年7月23日). 2016年11月22日閲覧。
  4. ^ 清宮 幸太郎|第27回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップ|U-18|野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト”. SAMURAI JAPAN. 2016年11月22日閲覧。
  5. ^ 清宮幸太郎を甲子園に導いた2つの特別な「原動力」。”. Number Web. 2016年11月22日閲覧。
  6. ^ 早実・清宮が人生初「センター」 4・2春都予選初戦から大胆コンバート”. スポーツ報知. 2016年11月23日閲覧。
  7. ^ 【早実・清宮の素顔1】北砂リトル恩師 4万人観衆の前で特大弾”. スポーツニッポン新聞社. 2016年11月23日閲覧。
  8. ^ 阪神 来秋ドラ1筆頭候補に早実・清宮 既に担当スカウト密着マーク”. スポーツニッポン新聞社. 2016年11月23日閲覧。
  9. ^ 早実・清宮、2戦連続アーチ PL桑田に並ぶ1年生2発”. 朝日新聞デジタル. 2016年11月23日閲覧。
  10. ^ 髙橋純平、清宮幸太郎、オコエ瑠偉など高校生を代表する選手20名を選出!”. SAMURAI JAPAN. 2016年11月23日閲覧。
  11. ^ “清宮幸太郎が早実新主将に就任 「チームを引っ張っていければ」”. デイリースポーツ. (2016年7月25日). https://www.daily.co.jp/baseball/2016/07/25/0009320770.shtml 2017年7月8日閲覧。 
  12. ^ “早実・清宮の宣誓は「小林麻央さんの言葉が印象に」”. 日刊スポーツ. (2017年7月8日). オリジナル2017年7月8日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/L0jcr 2017年7月8日閲覧。 

関連項目[ソースを編集]