鈴木優 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
鈴木 優
Suzukiyu bs 20150501.JPG
オリックス時代
2015年5月1日 神戸第二サブ球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都目黒区
生年月日 (1997-02-05) 1997年2月5日(25歳)
身長
体重
181 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2014年 ドラフト9位
初出場 2015年9月30日
最終出場 2021年5月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

鈴木 優(すずき ゆう、1997年2月5日 - )は、東京都目黒区出身[1](一部は愛知県出身と記載[2][3])の元プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

名古屋市立香流小学校の3年時にソフトボールを始めた[3]。その後転校し、目黒区立不動小学校の4年時に「不動パイレーツ」で野球を始めた[3]。当時は、遊撃手投手を兼ねていた。目黒区立第四中学校在学中は、校内の軟式野球部で投手、クラブチームの「目黒バックス」で捕手としてプレー[3]。卒業後に、東京都立雪谷高等学校へ進学した。

雪谷高校では、1年時夏の全国高等学校野球選手権東東京大会からベンチへ入ると、秋にエースの座を確保[3]。2年時夏の第95回全国高等学校野球選手権東東京大会では、初戦(2回戦)から3試合連続完封勝利(いずれも7回コールドゲーム)を記録したが[3][4]、5回戦で二松學舍大学附属高等学校にサヨナラ負けを喫した[5]。3年時夏の第96回全国高等学校野球選手権東東京大会では準々決勝に進出。9回を投げて6個の三振を奪いながら、9被安打5失点で関東第一高等学校に敗れたものの、「都立の星」として注目を集めた[6][7]

2014年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズから9巡目指名され[8]、契約金1000万円、年俸480万円(金額は推定)という条件で入団した[9]。雪谷高校の出身者としては初めてのプロ野球選手で、背番号は68[10]

オリックス時代[編集]

2015年ウエスタン・リーグ公式戦30試合に登板[11]。7月のフレッシュオールスターゲーム倉敷マスカットスタジアム)では、同リーグ選抜のメンバーに入っていた[12]が、天候不良で史上初めて中止された。レギュラーシーズン終盤の9月30日に、プロ入り後初の出場選手登録[13]を経て、対埼玉西武ライオンズ戦(京セラドーム大阪)の9回表に一軍公式戦へデビュー[14]

2016年には、5月22日の出場選手登録[15]を経て、24日の対福岡ソフトバンクホークス戦(ヤフオク!ドーム)から4回裏二死満塁からシーズン唯一の一軍公式戦登板。12点差を付けられた局面からの登板したが、1回1/3を投げて6失点を喫し、チームも6-22で大敗した[16]。5月25日に登録を抹消された[15]。ウエスタン・リーグでは19試合に登板。前年に挙げられなかった初勝利を記録したことを皮切りに、4勝5敗、防御率6.52という成績を残した[17]

2017年、5月20日に出場選手登録を果たしながら[18]、わずか2日で登録を抹消[18]。結局、一軍公式戦での登板機会はなかった。ウエスタン・リーグ公式戦には、31試合の登板で1勝0敗2セーブ、防御率2.43を記録[19]。シーズン終了後に台湾で開かれたアジアウインターベースボールリーグでは、NPBウエスタン選抜の一員[20]として、救援で8試合に登板した[21]

2018年、春季キャンプを初めて一軍で迎えた[22]が、一軍公式戦の登板および、出場選手登録の機会もなかった。ウエスタン・リーグ公式戦では、33試合の登板で防御率2.14を記録した。

2019年、7月10日に2シーズンぶりの出場選手登録を果たす[23]と、同日の対東北楽天ゴールデンイーグルス15回戦(楽天生命パーク宮城)で一軍公式戦に初先発。2回を1失点に抑えたが、一軍公式戦での登板はこの1試合だけにとどまった。ウエスタン・リーグ公式戦では、22試合の登板で6勝3敗、防御率2.81を記録[24]。シーズン終了後には、チームからT-岡田漆原大晟と共にプエルトリコ・ウィンターリーグアテニエンセス・デ・マナティスペイン語版に派遣された。リーグ戦では6試合の登板で、1勝4敗、防御率6.75という成績にとどまった[25]が、意識の面で大きな収穫を得た(詳細後述[26]

2020年、春季キャンプを二軍でスタート[27]。キャンプ終了後も、実戦登板の機会が不可抗力でことごとく消滅した[28]。さらに、レギュラーシーズンの開幕直前(6月2日)に福岡ソフトバンクホークスとの練習試合で松田宣浩への危険球(頭部死球)によって退場処分を受けた[29]ことも重なって、シーズン初の出場選手登録は開幕の1週間後(6月26日)にまで持ち越された[30]。同日の対千葉ロッテマリーンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)で、先発の山岡泰輔が左脇腹痛によって1回裏に3球を投げただけで降板したことを受けて、2番打者・角中勝也の打席の途中から急遽登板。3回を投げて2点を失いながらも、プロ初ホールドを記録した[31]。チームがこのカードでNPB史上初の同一カード6連敗を喫するなど、開幕10試合を経過した時点でわずか1勝と低迷していたことを背景に、11試合目に当たる7月1日の対埼玉西武ライオンズ戦(メットライフドーム)で先発に抜擢[32]。西武打線を無安打(2与四球)無失点に抑えながら、4回表に右腕の痙攣を訴えた。そのため、5回裏を投げ切ったところで無安打のまま降板したものの、一軍公式戦での初勝利を挙げた。東京都立の高校からNPBの球団へ直接入団した投手が、一軍の公式戦で勝利投手になった事例は初めてである[33]。以降、2勝目を挙げることはできず、中嶋聡監督代行の意向で救援の適性を見るため、ブルペンへ配置転換された[34]。11月6日の北海道日本ハムファイターズとの本拠地(京セラドーム大阪)での最終戦では9回の1点差の場面で登板し、この試合が引退試合山崎勝己とバッテリーを組む。二塁打を打たれながらも無失点で抑え、初セーブを記録[35]。新人の宮城大弥の初勝利も懸かっていたため、鈴木は「これまでの人生で一番緊張した」と語っている[36]

2021年、春季キャンプを一軍でスタートすると[37]、オープン戦で救援として好投を見せ、そのままプロ入り初の開幕一軍入りを果たす[34]。救援投手として起用されたが、4月7日の対千葉ロッテマリーンズ戦では3本塁打を打たれ、死球も2つ与える投球で1回1/3を5失点[38]、5月1日の対福岡ソフトバンクホークス戦では1回4失点を喫するといった大崩れする投球が2度あり[39]、同月4日に登録を抹消[40]。以降、一軍再昇格できず、二軍では25試合に登板し、0勝1敗、防御率3.19の成績だった[41]。10月5日、球団より戦力外通告を受けた[42]12球団合同トライアウトには参加しなかった。

巨人時代[編集]

12月10日、読売ジャイアンツ育成契約を結んだ[43]。背番号は068、推定年俸は500万円となった[43]

2022年の春季キャンプでは途中から一軍キャンプに合流し[44]、練習試合で一軍の試合への登板を経験するものの[45]、開幕前までに支配下登録を結ぶことはなかった。移籍後初の公式戦登板は6月11日、イースタン・リーグの対北海道日本ハムファイターズ戦までずれ込んだ。この試合では9回からの1イニングを3者凡退で片付けている[46]。その後、二軍公式戦への登板は計5試合にとどまり、防御率4.50の成績に終わる。三軍戦には18試合に登板し、防御率2.66で6セーブをあげた。

2022年10月3日、来季の契約を結ばないことが球団より発表され[47]、11月4日に引退表明した[48]。今後は開設したYouTubeチャンネルなどで活動する。

選手としての特徴・人物[編集]

最速152km/hの直球に、変化球の持ち球はカーブスライダースプリットツーシームなど[2]。50メートル走のタイムは6秒0、遠投は115メートル[49]

オリックスでは入団1年目に一軍公式戦へのデビューを果たしたものの、実力不足を痛感したことから、トレーニングや練習の目標を1年単位で決めながら実力を付けた。1年目の秋季練習では、投球時に軸足(右足)の膝が折れる癖を克服すべく、藤川球児が大きく飛躍するきっかけになった練習方法(軸足の膝をテープで固定しながらの投球練習)を首脳陣の勧めで実践。その結果、140km/h台中盤だったストレートの球速が常時150km/h台を計測するようになったほか、制球力も向上した。2年目以降は球種も増やしていた[50]ものの、5年目(2019年)までは一軍公式戦へ通算3試合に登板しただけで、いずれも失点を許していた。本人曰く「マウンドで考え過ぎていた」とのことで、5年目のシーズン終了後にプエルトリコのウインターリーグへ参加したことを機に、「(従来の)ルーティンを全部捨てた」と後に述懐するほど野球への意識が変化。「結果や周囲の目を考えずに勝負を楽しむ」との意識と、本来の目的であったカットボールの投げ方を身に付けた[28]

愛称は「U-鈴木[51]

幼少期から大の巨人ファンであり、巨人でチームメイトとなる伊藤優輔とは高校時代から仲が良かったという[52]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015 オリックス 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 3 0.1 2 0 0 0 0 0 0 0 2 2 54.00 6.00
2016 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 1.1 5 0 3 0 0 3 0 0 5 5 33.75 6.00
2019 1 1 0 0 0 0 0 0 0 ---- 9 2.0 1 0 3 0 0 2 0 0 1 1 4.50 2.00
2020 13 6 0 0 0 1 3 1 2 .250 173 38.2 30 6 29 0 1 41 1 0 29 28 6.52 1.53
2021 11 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 45 10.0 9 4 5 0 2 11 1 0 10 10 9.00 1.40
通算:5年 27 7 0 0 0 1 3 1 2 .250 242 52.1 47 10 40 0 2 56 2 0 47 46 7.91 1.66
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2015 オリックス 1 0 0 0 0 ----
2016 1 0 0 0 0 ----
2019 1 0 0 0 0 ----
2020 13 0 6 0 0 1.000
2021 11 2 1 0 0 1.000
通算 27 2 7 0 0 1.000
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 68(2015年 - 2021年)
  • 068(2022年)

代表歴[編集]

派遣歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「2015プロ野球 12球団全選手 カーラー百科名鑑」 廣済堂出版発行 49頁
  2. ^ a b ソフトバンク“都立のダル”獲り 最速145キロ腕指名候補に スポニチ Sponichi Annex 2014年9月20日掲載
  3. ^ a b c d e f Vol.15 鈴木優(雪谷高・投手)/甲子園での革命を誓う都立No.1右腕”. 週刊ベースボールONLINE (2014年3月13日). 2021年12月11日閲覧。
  4. ^ 東東京大会 7月11日のスコア7月15日のスコア7月17日のスコア 日刊スポーツ
  5. ^ 東東京大会 7月19日のスコア 日刊スポーツ
  6. ^ 「都立の星」雪谷・鈴木敗れる/東東京 日刊スポーツ 2014年7月24日掲載
  7. ^ 東東京大会 月24日のスコア 日刊スポーツ
  8. ^ 2014年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト 2014年10月23日配信
  9. ^ オリックスドラフト9位鈴木 豪華会場で仮契約 日刊スポーツ 2014年11月15日紙面から
  10. ^ 新人選手紹介 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  11. ^ 2015年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2020年7月2日閲覧。
  12. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2015出場者NPB日本野球機構
  13. ^ 公示(出場選手登録・抹消) 2015年9月 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  14. ^ 2015年9月30日 オリックス 対 埼玉西武 成績詳細 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  15. ^ a b 公示(出場選手登録・抹消)”. オリックス・バファローズ (2016年5月22日). 2016年11月15日閲覧。
  16. ^ 2016年5月24日 福岡ソフトバンク 対 オリックス”. オリックス・バファローズ (2016年5月24日). 2016年11月15日閲覧。
  17. ^ 2016年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2016年11月15日閲覧。
  18. ^ a b 公示(出場選手登録・抹消)”. オリックス・バファローズ (2017年5月22日). 2020年7月2日閲覧。
  19. ^ 2017年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2017年11月20日閲覧。
  20. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. 日本野球機構 (2017年11月17日). 2017年11月20日閲覧。
  21. ^ 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)試合結果日本野球機構
  22. ^ 2018年 春季キャンプ一軍メンバーオリックス・バファローズ
  23. ^ 公示(出場選手登録・抹消)”. オリックス・バファローズ (2019年7月10日). 2020年7月2日閲覧。
  24. ^ 2019年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2020年7月2日閲覧。
  25. ^ “オリックス・鈴木優、漆原もプエルトリコから帰国”. サンケイスポーツ. (2019年12月26日). https://www.sanspo.com/article/20191226-Y7DUFPPYUNILVEM2YF5I762OOQ/ 2020年1月28日閲覧。 
  26. ^ “史上初の“都立卒”初白星 オリックス鈴木優を変えたプエルトリコでの転機”. Full-Count. (2020年7月1日). https://full-count.jp/2020/07/01/post818823/ 2020年7月2日閲覧。 
  27. ^ 2020年 春季キャンプ二軍メンバーオリックス・バファローズ
  28. ^ a b “オリックス鈴木優、ルーティン全部捨てた武者修行”. 日刊スポーツ. (2020年7月1日). https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/202007010001125.html 2020年7月2日閲覧。 
  29. ^ “オリックス・鈴木優が危険球で退場… ソフトバンク・松田宣浩へ頭部死球”. BASEBALKING. (2020年6月2日). https://baseballking.jp/ns/230726 2020年7月2日閲覧。 
  30. ^ 公示(出場選手登録・抹消)”. オリックス・バファローズ (2020年6月26日). 2020年7月2日閲覧。
  31. ^ 2020年6月26日 千葉ロッテ 対 オリックス”. オリックス・バファローズ (2020年6月26日). 2020年7月2日閲覧。
  32. ^ オリックスがローテ再編 鈴木、山崎福、榊原を緊急招集”. オリックス・バファローズ (2020年6月30日). 2020年7月2日閲覧。
  33. ^ オリックス鈴木優1勝 都立高初快挙で窮地救った”. 日刊スポーツ (2020年7月1日). 2020年7月2日閲覧。
  34. ^ a b “【オリ熱コラム2021】「今までやってきたことは間違いじゃない」3被弾した鈴木優を支えた大先輩の助言<SLUGGER>”. THE DIGEST. (2021年4月12日). https://thedigestweb.com/baseball/detail/id=39745?open=on 2021年10月7日閲覧。 
  35. ^ “ドラ1ルーキー・宮城大弥がプロ初勝利! 山崎勝己は20年のプロ野球人生に幕”. パ・リーグ インサイト. (2020年11月6日). https://pacificleague.com/news/29196 2021年10月7日閲覧。 
  36. ^ “勝利だけを意識せず、無欲で挑む…オリックスの“都立の星”・鈴木優の現在地”. BASEBALL KING. (2021年2月26日). https://baseballking.jp/ns/265438 2021年10月7日閲覧。 
  37. ^ 2021年 春季キャンプメンバー”. オリックス・バファローズ (2021年2月20日). 2021年10月7日閲覧。
  38. ^ “【ロッテ】安田が一発含む3安打4打点の活躍、オリックスは鈴木優が3被弾”. スポーティングニュース・ジャパン. (2021年4月7日). https://www.sportingnews.com/jp/プロ野球/news/ロッテ安田が一発含む3安打4打点の活躍オリックスは鈴木優が3被弾/18udthlxeo6hq1ekfsz2s7qvlf 202-10-07閲覧。 
  39. ^ “オリックス・山崎颯一郎が無失点デビュー!中嶋監督「これが彼の始まり」”. BASEBALL KING. (2021年5月1日). https://baseballking.jp/ns/276085 2021年10月7日閲覧。 
  40. ^ “【パ・リーグ公示】5月4日 西武・小川が登録、増田が抹消”. サンスポ. (2021年5月4日). https://www.sanspo.com/article/20210504-LMAWQQIWQNI2JBB6KKMOJ3BX4Q/ 202-10-07閲覧。 
  41. ^ 2021年度 オリックス・バファローズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2021年10月7日閲覧。
  42. ^ “オリックス 13年ドラ1吉田一将、鈴木優ら8選手に戦力外通告”. デイリースポーツ online. (2021年10月5日). https://www.daily.co.jp/baseball/2021/10/05/0014735723.shtml 2021年10月7日閲覧。 
  43. ^ a b 巨人、前オリックス鈴木優と育成契約「素直にうれしい、感謝」背番号068”. 日刊スポーツ (2021年12月10日). 2021年12月11日閲覧。
  44. ^ “巨人2位山田龍聖と育成の鈴木優、鍬原拓也が19日から1軍合流”. 日刊スポーツ. (2022年2月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202202170001051.html 2022年7月11日閲覧。 
  45. ^ “【巨人】鈴木優、移籍後初の1軍登板は1回1失点”. スポーツ報知. (2022年2月19日). https://hochi.news/articles/20220219-OHT1T51113.html?page=1 2022年7月11日閲覧。 
  46. ^ “【巨人#本日の一番星】鈴木優、移籍後初登板で1イニング3者凡退「強気で投げることを意識しました」”. スポーツ報知. (2022年6月12日). https://hochi.news/articles/20220611-OHT1T51208.html?page=1 2022年7月11日閲覧。 
  47. ^ 来季の契約について”. 読売巨人軍 (2022年10月3日). 2022年10月6日閲覧。
  48. ^ 【巨人】戦力外の鈴木優現役引退「チャレンジするのが好き」YouTubeチャンネルを開設”. 日刊スポーツ (2022年11月4日). 2022年11月4日閲覧。
  49. ^ 雪谷・鈴木 都立高から史上3人目指名”. デイリースポーツ. p. 2 (2014年10月23日). 2021年12月11日閲覧。
  50. ^ オリックス鈴木優「勝負の年 どうせ、やるなら楽しんで」 輝き放つ“都立の星””. スポーツニッポン (2020年7月3日). 2020年7月3日閲覧。
  51. ^ 68 鈴木 優 選手名鑑2019|オリックス・バファローズ” (日本語). オリックス・バファローズ オフィシャルサイト. 2022年1月15日閲覧。
  52. ^ 巨人・オリ戦力外の鈴木優と育成契約”. 日テレNEWS24 (2021年12月10日). 2021年12月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]