エイドリアン・ギャレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エイドリアン・ギャレット
Adrian Garrett
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州ブルックスビル
生年月日 1943年1月3日(72歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手一塁手捕手
プロ入り 1961年
初出場 MLB / 1966年4月13日
NPB / 1977年
最終出場 MLB / 1976年7月11日
NPB / 1979年11月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

エイドリアン・ギャレットHenry Adrian Garrett Jr. , 1943年1月3日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州ブルックスビル出身の元プロ野球選手外野手)。

中日ドラゴンズでプレーしたウェイン・ギャレットは実弟。

来歴・人物[編集]

1961年ミルウォーキー・ブレーブスと契約。1966年メジャー初昇格を果たすが、4試合のみの出場に終わり、すぐにマイナーリーグ降格となる。

1970年シカゴ・カブスでメジャー再昇格を果たす。その後、1971年オークランド・アスレチックス1973年にシカゴ・カブス、1975年カリフォルニア・エンゼルスと渡り歩くものの、シーズンの大半をマイナーリーグで過ごす。

サンディエゴ・パドレス傘下AAA級ハワイ・アイランダースから1977年広島東洋カープへ入団し、来日。同年は35本塁打を放ち、翌1978年には広島所属の外国人選手としては初のシーズン40本塁打を記録するなど長距離砲として活躍した。また、同年に広島市民球場で行われたオールスターゲームで1試合3本塁打を放ち、最優秀選手を獲得している。外野手を本職としたが、緊急時には捕手として12試合出場するなど器用な面も見せた。チームメイトにも「日本人以上に義理と人情が分かる男」と信頼を得ていた。

1977年は開幕からハイペースで本塁打を記録。4月には当時の日本プロ野球タイ記録の月間16本塁打を記録[1]。また4月4日の4試合目での5号本塁打と、4月13日の11試合目での9号から5月25日までの25試合目での17号本塁打までは、それまでのシーズン本塁打最短試合達成の日本プロ野球記録を更新した[2]。 

2002年広島県呉市呉二河球場で開催された日米OBドリームゲームでMVPを獲得した。

引退後は、カンザスシティ・ロイヤルズシンシナティ・レッズ傘下のAAA級ルイビルでコーチを務めた。

野球一家で、弟のウェインもMLBNPBでプレーし、末弟のチャーリーもアトランタ・ブレーブスマイナーでプレーした。また、息子のジェイソンもフロリダ・マーリンズに指名され、4年間マイナーでプレーした。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1966 ATL 4 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
1970 CHC 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .000 .000 .000 .000
1971 OAK 14 26 21 1 3 0 0 1 6 2 0 0 0 0 5 1 0 7 0 .143 .308 .286 .593
1972 14 12 11 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .000 .083 .000 .083
1973 CHC 36 60 54 7 12 0 0 3 21 8 1 0 0 2 4 1 0 18 1 .222 .267 .389 .656
1974 10 9 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 1 .000 .111 .000 .111
1975 16 23 21 1 2 0 0 1 5 6 0 0 0 1 1 0 0 8 0 .095 .130 .238 .369
CAL 37 123 107 17 28 5 0 6 51 18 3 0 1 1 14 0 0 28 0 .262 .344 .477 .821
'75計 53 146 128 18 30 5 0 7 56 24 3 0 1 2 15 0 0 36 0 .234 .310 .438 .748
1976 29 54 48 4 6 3 0 0 9 3 0 0 0 1 5 0 0 16 2 .125 .204 .188 .391
1977 広島 128 509 445 64 124 19 0 35 248 91 1 3 0 6 57 13 1 103 6 .279 .358 .557 .915
1978 130 543 462 76 125 9 0 40 254 97 2 4 0 1 72 10 8 104 17 .271 .378 .550 .927
1979 126 460 395 53 89 9 2 27 183 59 3 3 0 4 57 6 4 90 16 .225 .326 .463 .789
MLB:8年 163 313 276 30 51 8 0 11 92 37 4 0 1 5 31 2 0 87 4 .185 .263 .333 .596
NPB:3年 384 1512 1302 193 338 37 2 102 685 247 6 10 0 11 186 29 13 297 39 .260 .355 .526 .881

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 18 (1966年)
  • 23 (1970年)
  • 3 (1971年 - 1972年)
  • 25 (1973年)
  • 5 (1974年、1977年 - 1979年)
  • 28 (1975年 - 同年途中)
  • 10 (1975年途中 - 1976年)

脚注[編集]

  1. ^ ベースボールマガジン社刊「広島東洋カープ60年史 HISTORY 1950-2009」53ページ
  2. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」417ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]