梨田昌孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梨田 昌孝 (梨田 昌崇)
東北楽天ゴールデンイーグルス 監督 #99
Nashida masataka.jpg
2016年5月17日 こまちスタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 島根県浜田市
生年月日 1953年8月4日(63歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1971年 ドラフト2位
初出場 1972年7月2日
最終出場 1988年10月19日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

梨田 昌孝(なしだ まさたか、本名:梨田 昌崇(読み同じ)、1953年8月4日 - )は、島根県浜田市出身の元プロ野球選手捕手)、監督野球評論家1984年より登録名を「昌孝」としている。愛称は「ナッシー」。

2004年シーズンをもって消滅した大阪近鉄バファローズ最後の監督であり、選手・監督両方で同球団の優勝を経験した唯一の人物である。2008年から2011年まで北海道日本ハムファイターズの監督、2012年から2015年までNHK日刊スポーツの野球評論家を務めた。

2016年から東北楽天ゴールデンイーグルスの監督を務める。

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

本格的に野球を始めたのは浜田市立第一中学校入学後で、その際は身長順に新入部員の守備位置が割り振られ、高い方から3番目だった梨田は強制的に捕手を任されたという。また中学野球部の1年先輩に三沢淳がいる。[1]

島根県立浜田高校に進学し、3年時の春・夏に甲子園に4番・捕手で連続出場(第43回選抜大会第53回選手権大会)するが、ともに1回戦で敗退した。当時は実家に近い広島カープのファンで、カープからドラフト指名予定である旨を知らされていたが[2]、結局1971年のドラフト会議で近鉄バファローズから2位指名を受け入団。

選手時代[編集]

1年目(1972年)から強肩を武器に頭角を現すも打撃で伸び悩み、一時は有田修三に正捕手の座を奪われるが、打席で両腕をクネクネと動かすフォーム『コンニャク打法』を開発すると勝負強い打撃を発揮し、有田と併用の形ではあったものの正捕手の座を奪回。1979年には球団初のパシフィック・リーグ優勝を経験し、1981年まで3年連続ベストナイン、ダイヤモンドグラブ賞(現・ゴールデングラブ賞)を受賞するなど、長きに渡って近鉄の主力捕手として活躍した。

1986年以降は、肩や打撃面の衰えから山下和彦古久保健二光山英和スタメンを譲る機会が多くなる。1988年に同学年の吹石徳一と共に引退。現役最後の安打は、伝説となった『10.19』のダブルヘッダー第1試合の9回表で放った決勝適時打である。

  • 梨田の現役時代、阪急ブレーブスには『世界の盗塁王』の異名を取る福本豊がいた。福本の盗塁にはどの球団も頭を悩ませており、当時プロ野球界で一、二を争う強肩だった梨田も例外ではなかった。梨田は考えに考え、福本が一塁ランナーにいる際はあらかじめ右足を引いて構え、更に投球を捕ってからミットの中のボールを右手で抜き取り送球するのではなく、ミットでボールを後ろに受け流しそのまま右手で捕球することによって送球にかかる時間の短縮を図った。この工夫の甲斐あって、梨田は福本がいたにもかかわらず5割を超える盗塁阻止率を記録した。
  • 西本幸雄監督時代から、有田修三との併用が多く見られた。この2人は『ありなしコンビ』と呼ばれ、当時は「2人とも他球団に行ったらレギュラーは間違いない」と言われており、オフシーズンになると近鉄に「どちらかをトレードしてほしい」との希望が殺到していたという。この状態は有田が読売ジャイアンツに移籍する1985年まで続いた。『ありなしコンビ』の成功以降、複数捕手の併用が近鉄の戦術の特徴となり、近鉄で規定打席に到達した捕手は1985年の梨田以降一人も現れなかった。
  • 近鉄のリーグ連覇時(1979年と1980年)の正捕手だが、当時のエースだった鈴木啓示とは主に有田がバッテリーを組んでいた。しかしながら、鈴木が通算300勝を達成した試合では梨田がマスクを被っていた。
  • 大阪府藤井寺市で、1985年に梨田が新居を建築しようとした際に、大阪に人が住んでいた最古の遺跡とされ、日本国内でも最古の部類に入る遺跡が発見され、「はさみ山遺跡梨田地点」(はさみやまいせきなしだちてん)と命名された。

引退後、野球評論家へ[編集]

1989年NHKの野球評論家に就任し、近鉄に復帰するまで務めていた。

近鉄コーチ・監督[編集]

1993年に一軍作戦兼バッテリーコーチとして近鉄に復帰。1996年からは二軍監督を務め、2000年に一軍監督に就任。近鉄は当時コーチだった小林繁真弓明信と梨田の三人を『近鉄男前三人衆』として売り出し、この三人を起用した近鉄百貨店の広告が近鉄沿線の駅ポスターや車内中吊りに掲げられた。モロゾフホワイトデーイメージキャラクターになったこともある。

監督就任1年目の2000年は最下位に終わったが、2年目の2001年に近鉄を史上4度目、球団最後のパ・リーグ優勝に導いた。同一監督の下で前年最下位から優勝を果たしたのは1975年の最下位から翌年の1976年に優勝した長嶋茂雄率いる読売ジャイアンツ以来。2001年の日本シリーズの前に、対戦相手であるヤクルトスワローズ若松勉監督とともに写真撮影に臨み、緊張の色の隠せない若松監督とは対照的にカメラに向けて笑顔を見せたものの、1勝4敗で敗退した。2002年は2位、2003年は3位とまずまずの成績を残した。

2004年シーズン中、同年シーズン限りで近鉄がオリックス・ブルーウェーブと合併し消滅することが決定した。梨田はシーズン最終戦の前日に近鉄の選手に向けて「みんな胸を張ってプレーしろ。お前たちが付けている背番号は、すべて近鉄バファローズの永久欠番」という言葉を残している。梨田は合併の際に、近鉄のカラーを残すべく配慮したオリックス側からヘッドコーチへの転任を打診され、監督となった仰木彬からも慰留されるが「選手・スタッフやファンがばらばらになり、その進路も決まらないうちに自分一人が残るのは望ましくない」と辞退した。あくまで「近鉄の梨田」としてユニフォームを脱ぐことを望んだため、球団解散前の10月15日付けで退団した。仰木からの残留要請を断り、結果的に関西球界で根強い人気を持つ仰木の下につかなかったことに対し一部から批判的な意見もあったが、当の仰木は梨田の立場や胸中に理解を示しており、梨田自身も恩師の一人である仰木の力にもなりたかったと、仰木の死後に回顧した。

近鉄で1シーズン以上務めた歴代監督16人の中で、通算成績で勝ち越しているのは三原脩西本幸雄仰木彬、そして梨田の4人である。

  • 近鉄のコーチとして復帰した1993年はかつてのエースである鈴木啓示が監督に就任した年でもあったが、自らの現役時代に築いたスタイルを貫こうとする鈴木と各自独特のスタイルを持つ選手との間で悩み続けた模様が自著「戦術眼」(ベースボール・マガジン社新書)から読み取ることができる。同書にはその一例として鈴木が自らの経験から投手陣のランニングの際にスパイクの着用を義務付けたことについて書かれている。この件について当時コンディショニングコーチを務めていた立花龍司が足を痛める原因になると反対し、梨田自身もランニングシューズの機能が発達しトレーニング科学も進歩していた中でさほど重要な意味を持たないと考えていたが、同時に組織とは最終的にはトップの決断で動くべきものという考えを持っていた梨田は何とか鈴木の考えを投手陣に納得させてやらせる方法はないかと考え、ランニングとスパイクを履かざるを得ない投内連係(投手と内野手の連係を確認する守備練習)を組み合わせることで調整を図ったという。
  • 物腰が柔らかくジョーク好きという温厚な人物として知られているが、近鉄の二軍監督時代に、ノックアウトされてベンチにグラブを叩きつけ荒れていた前川勝彦を殴り倒したこともあった。
  • 2002年8月14日のオリックス戦で8回、内野ゴロの判定をめぐって抗議し、一塁塁審の杉本大成への暴力行為により、退場処分を受けた。1試合出場停止となり8月16日の西武戦はヘッドコーチの真弓が監督代行を務めた。
  • 近鉄の監督時代は、外国人選手に対する事前評価が実際とは正反対の結果になることが多かった。例えば、監督就任1年目に開幕投手に起用したボブ・ウォルコットは3勝4敗、防御率6点台で1年で解雇、2年目のキャンプで投球を見て「15勝は期待できる」と高評価したウィル・フリントは1勝も出来ずシーズン途中で解雇、更にバッティングを見て「ブーマー・ウェルズに似ている」と絶賛したフレッディ・ガルシアは打率1割台、1本塁打でシーズン半ばに解雇され、3年目は日本ハムで本塁打王を獲得したナイジェル・ウィルソンを獲得し「内助の功ならぬ、ナイジェルの功で頑張ってほしい」と発言したが、打率2割台本塁打6本の不振で5月に2軍落ち、結局その後復帰はなく8月に解雇された(但し、ウィルソンの獲得はタフィ・ローズの強い推薦があったためといわれている)。4年目には「すごい投手が来た」と評したケビン・バーンも平凡な成績しか残せなかった。近鉄2年目の優勝にはショーン・バーグマンジェレミー・パウエルの活躍があったが、彼らは球団アドバイザーだったトミー・ラソーダの推薦で入団したものである。
  • 2004年10月に、京都府伏見稲荷大社鳥居を奉納している。千本鳥居の一角に「大阪近鉄バファローズ 梨田昌孝」と記された鳥居が現存する。

野球評論家復帰[編集]

2005年からは12年ぶりにNHK・大阪日刊スポーツの野球評論家に復帰、かんさいニュース1番の金曜日のスポーツコーナーにレギュラー出演した他、プロ野球・メジャーリーグ野球解説などを担当。週刊ベースボールにも連載を持っていた。他にも、2005年7月にアニメ『プレイボール』(関西テレビ放送)で声優を務め(タイヤキ屋のおやじ役)、京橋グランシャトービルやアーククエストなどの関西ローカルのCMにも出演。2006年6月1日には大阪産業大学客員教授にも就任し、実業家としても個人芸能事務所「トゥルーマサ」を運営するなど多方面で活躍している。

  • 2007年、契約交渉で揉めてオリックス自由契約になったかつて近鉄時代の教え子の中村紀洋から相談を受けて、同級生で親友でもある落合博満に獲得を打診した。最初は断られるものの、最終的に中村は中日育成選手として入団した(落合の項も参照)。この事は中日が優勝した2007年・年末にNHK-BSで放送された特番で梨田が落合とのやりとりなどエピソードを話すと、落合が笑いながら「それをばらしちゃうか、お前」と返した。

日本ハム監督[編集]

日本ハム監督時代
(2010年5月13日)

2008年北海道日本ハムファイターズの監督として4年ぶりに現場復帰。就任会見では「近鉄が消滅して自分の居場所がなくなったような気がしていたが、こうして現場に復帰できて嬉しい。日本ハムは強いチームだ」と抱負を語った。前年11月25日札幌ドームで行われた日本ハム・ファンフェスティバルにて、前監督・トレイ・ヒルマンから梨田への背番号88の継承式が行われた。就任1年目のシーズンは3位でリーグ戦を終了。クライマックスシリーズ第1ステージをオリックス・バファローズと戦い2連勝して第2ステージへ駒を進めたが、埼玉西武ライオンズに2勝4敗(リーグ優勝チームに与えられるアドバンテージを含む)で敗れ、日本シリーズ進出はならなかった。

2009年、就任2年目で日本ハムを2年ぶりのリーグ優勝に導く。近鉄監督時代も就任2年目でチームをリーグ優勝に導いている。リーグ戦終了後に行われたクライマックスシリーズでは福岡ソフトバンクホークスとの第1ステージを制した東北楽天ゴールデンイーグルス札幌ドームに迎えて第2ステージを戦い、4勝1敗(リーグ優勝チームに与えられるアドバンテージを含む)で見事勝利。現役時代を含めて4回目の出場となった日本シリーズでは読売ジャイアンツに2勝4敗で敗れ、自身初の日本一はならなかった。

2010年1月、一軍投手コーチに就任したばかりの小林繁が心不全により急逝。近鉄監督時代の2004年にも、二軍打撃コーチだった鈴木貴久を急性気管支炎で失っている。この年はほぼ中継ぎ経験しかないブライアン・ウルフをシーズン途中に先発に転向させなければならなかったり、二軍で野手が9人しかいなくなる程ケガ人が続出し、一時借金14の最下位と低迷しながら、小谷野栄一が4番に定着した交流戦頃からチーム状態が向上し、シーズン終盤にはクライマックスシリーズへの出場権をかけた3位争いを演じるところまで浮上。最終的には貯金7でシーズンを終え、全日程を終了した時点では3位だったが、千葉ロッテマリーンズが最後の3試合を全勝すれば3位浮上という状況の中で全勝したため、最終的には4位、日本ハム5年ぶりのBクラスでシーズンを終えた。この年4位になったことで、梨田は監督として全順位を経験した(全順位経験監督には梨田以外だと吉田義男野村克也長嶋茂雄王貞治星野仙一がいる)。

2011年は開幕カードとなった対西武2連戦(札幌ドーム)を連敗でスタートしたものの4月を10勝5敗で乗り切るなど好調な滑り出しを見せ、シーズン前半は福岡ソフトバンクホークスと2強を形成し首位争いを演じたが、終盤に来て9月を6勝18敗1分と大きく負け越すなどチームの調子が急降下し、最終的には首位ソフトバンクと17.5ゲーム差の2位でシーズンを終えた。クライマックスシリーズ第1ステージは埼玉西武ライオンズとの対戦となったが、シーズン終盤の不振をそのまま引きずった格好となり2連敗で敗退した。シーズン終盤になって一部メディアで解任説が流れたため、自身の去就について、シーズン途中で異例の9月15日に、2011年を最後に監督を退任することを記者会見で表明した[3]。シーズン前から「4年目の2011年で降りようと決めていた」と語り、解任ではなく辞任であることを強調する会見となった。

日本ハムでは指揮を執った全てのシーズンで勝ち越しているが、複数年指揮を執り全シーズンで勝ち越したのは梨田が球団史上初である。

監督退任後[編集]

2011年10月16日時点で、阪神タイガース真弓明信監督の退任とともに次期監督候補として梨田の名をリストアップしていたが[4]、その後球団が一軍打撃コーチを務めていた和田豊の昇格を決定し、梨田の招聘は見送られた。 現在は再びNHK[5]日刊スポーツ新聞西日本専属の野球評論家に戻っている。サンデースポーツに不定期で出演し、同年より「ジョージア魂」賞の審査委員も務める。

2012年10月10日に、野球日本代表の野手総合コーチに就任した事が発表された[6]。11月13日に、背番号が「99」となった事が発表された[7]

楽天監督時代[編集]

2015年10月8日、成績不振のため辞任した大久保博元の後任として、東北楽天ゴールデンイーグルスの一軍監督に就任することが発表された[8]。背番号は、自身の希望により野球日本代表の野手総合コーチと同じ「99」。

2016年9月6日、対埼玉西武戦を7-4で勝利し、NPB史上19人目、監督勝利通算700勝を達成した。試合後、記念プレート贈呈セレモニーとファンへの感謝の言葉を述べた。記念のウイニングボールは、試合終了時の、バッテリー松井裕樹-嶋基宏からサイン入りでプレゼントされた。ちなみに、チームシーズン通算55勝目だった。

人物[編集]

  • ジョークやダジャレ好きであり、しばしばコメントの中に取り入れている。一例として「タダの(多田野)投手じゃなかった」(多田野数人に対して)、「リードが単調(丹頂)になってはダメ」(鶴岡慎也の結婚披露宴に出席した際の祝辞)、「円陣を組んでエンジンをかけたのがよかった」(2010年5月19日に行われた日本ハム対巨人の試合後コメント。この試合は途中まで巨人にリードを許しながら6回に円陣を組み逆転に成功)、「ユ~キを固めていきたいですね」(2011年さっぽろ雪まつりのPRイベントにて。雪だるまを触りながらこの年のルーキー・斎藤佑樹とかけてコメント)など。
  • ドラフト会議ではくじ運に全く恵まれなかった。近鉄時代は1999年のドラフト会議では3分の1で河内貴哉を、2002年のドラフト会議では2分の1で高井雄平を逃した。日本ハムで再び監督に就任後も、2007年のドラフト会議の大学・社会人ドラフトで6球団が競合した大場翔太を外したうえ、外れ1巡目で再び3球団が競合した服部泰卓まで取り損ね、2009年のドラフト会議では6球団競合した菊池雄星の当たりを引けなかった。2010年のドラフト会議では斎藤佑樹が4球団競合となり、当時の球団社長の藤井純一がくじを引いて、斎藤との交渉権を得ることが出来た。
  • 日本シリーズでは運がない人物である。リーグ優勝は自身の選手時代、監督時代合わせて何回(通算4回)も経験しているが、日本シリーズは一度も優勝したことがない。なお、選手時代に在籍していた大阪近鉄バファローズも、55年間の歴史の中で梨田同様リーグ優勝は4回あったが、日本シリーズは一度も優勝したことがない。
    • そのこともあり、楽天監督就任にあたっては背番号「99」を希望した。これについて本人は就任会見の席で「恩師である西本幸雄さんは8回日本シリーズに出て日本一に届かなかった。僕も(監督として)2回シリーズに出て日本一に届いていない。あと一本足りないという思いから『99』をお願いしている」と語っている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1972 近鉄 9 3 3 0 2 0 0 0 2 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 .667 .667 .667 1.333
1973 60 149 142 12 28 2 0 2 36 5 1 0 2 0 4 0 1 20 3 .197 .224 .254 .478
1974 115 280 247 14 48 10 0 2 64 18 2 4 6 0 22 2 5 41 1 .194 .274 .259 .533
1975 45 86 69 5 11 2 0 2 19 9 0 0 5 4 7 0 1 15 3 .159 .235 .275 .510
1976 48 57 48 7 13 1 1 3 25 10 1 1 3 0 5 0 1 13 1 .271 .352 .521 .873
1977 80 210 190 15 47 5 0 0 52 10 2 2 8 1 8 0 3 29 3 .247 .287 .274 .561
1978 58 141 120 17 32 4 2 7 61 30 3 2 7 3 9 0 2 15 1 .267 .321 .508 .829
1979 114 400 357 39 97 14 0 19 168 57 2 4 12 3 25 0 3 44 6 .272 .322 .471 .793
1980 118 404 360 55 105 26 2 15 180 55 1 0 10 4 27 0 3 58 14 .292 .343 .500 .843
1981 106 411 374 44 102 16 0 17 169 48 5 3 1 4 29 0 3 47 12 .273 .327 .452 .779
1982 91 306 279 31 81 8 0 10 119 35 6 0 3 2 22 0 0 42 8 .290 .340 .427 .766
1983 111 357 313 34 84 14 0 8 122 42 7 1 5 3 35 1 1 37 9 .268 .341 .390 .731
1984 84 273 241 29 60 9 2 7 94 29 4 3 5 1 22 0 4 26 6 .249 .321 .390 .711
1985 118 420 373 41 92 15 3 11 146 51 3 4 10 2 32 0 3 46 14 .247 .310 .391 .701
1986 79 227 199 24 43 8 0 6 69 25 2 0 6 3 17 0 2 27 5 .216 .281 .347 .627
1987 35 71 64 4 15 5 0 2 26 7 1 3 1 2 4 0 0 19 0 .234 .271 .406 .678
1988 52 71 65 4 14 2 0 2 22 8 1 1 0 0 6 0 0 13 2 .215 .282 .338 .620
通算:17年 1323 3866 3444 375 874 141 10 113 1374 439 41 29 84 32 274 3 32 492 88 .254 .312 .399 .711

年度別守備成績[編集]

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1972 1 1 1 0 .000
1973 60 47 28 19 .404
1974 115 86 52 34 .395
1975 45 20 11 9 .450
1976 45 16 8 8 .500
1977 77 57 35 22 .386
1978 53 30 16 14 .467
1979 108 69 32 37 .536
1980 102 48 25 23 .479
1981 98 80 47 33 .413
1982 67 50 27 23 .460
1983 82 76 47 29 .382
1984 70 56 38 18 .321
1985 114 104 77 27 .260
1986 77 64 44 20 .313
1987 27 13 8 5 .385
1988 25 5 5 0 .000
通算 1166 822 501 321 .391

年度別監督成績[編集]

リーグ公式戦[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
2000年 近鉄 6位 135 58 75 2 .436 20.0 125 .262 4.66 47歳
2001年 1位 140 78 60 2 .565 - 211 .280 4.98 48歳
2002年 2位 139 73 64 2 .533 16.5 177 .258 3.93 49歳
2003年 3位 140 74 64 2 .536 8.5 187 .274 4.30 50歳
2004年 5位 133 61 70 2 .466 17.0 121 .269 4.46 51歳
2008年 日本ハム 3位 144 73 69 2 .514 4.0 82 .255 3.54 55歳
2009年 1位 144 82 60 2 .577 - 112 .278 3.65 56歳
2010年 4位 144 74 67 3 .525 3.0 91 .274 3.52 57歳
2011年 2位 144 72 65 7 .526 17.5 86 .251 2.68 58歳
通算:9年 1263 645 594 24 .521 Aクラス6回、Bクラス3回

ポストシーズン[編集]

年度 チーム 大会名 対戦相手 勝敗
2001年 近鉄 日本シリーズ ヤクルトスワローズ
セ・リーグ優勝)
1勝4敗(敗退)
2008年 日本ハム パ・リーグ クライマックスシリーズ
第1ステージ
オリックス・バファローズ
パ・リーグ2位)
2勝0敗(第2ステージ進出)

第2ステージ
埼玉西武ライオンズ
(パ・リーグ優勝)
2勝4敗(敗退)
(※1)
2009年 パ・リーグ クライマックスシリーズ
第2ステージ(※2)
東北楽天ゴールデンイーグルス
(パ・リーグ2位)
4勝1敗(日本シリーズ進出)
(※2)
日本シリーズ 読売ジャイアンツ
(セ・リーグ優勝)
2勝4敗(敗退)
2011年 パ・リーグ クライマックスシリーズ
第1ステージ
埼玉西武ライオンズ
(パ・リーグ3位)
0勝2敗(敗退)
  • 勝敗の太字は勝利。
  • クライマックスシリーズ第1ステージは3試合制であり、先に2勝したチームが第2ステージ進出。リーグ2位チームにはアドバンテージ無し。
  • クライマックスシリーズ第2ステージは6試合制であり、先に4勝したチームが日本シリーズ進出。リーグ優勝チームには予め1勝分のアドバンテージが与えられている。
  • (※1) リーグ優勝チームの西武に与えられた1勝分のアドバンテージによる1敗を含む
  • (※2) 1勝分のアドバンテージを含む

表彰[編集]

記録[編集]

  • オールスターゲーム出場:6回 (1979年 - 1981年、1983年、1985年、1986年)
  • シーズン盗塁阻止率.536 (1979年)※パ・リーグ記録(セ・リーグでは古田敦也が記録した.644が最高で日本記録になっている)
初記録
節目の記録

背番号[編集]

  • 52 (1972年 - 1973年)
  • 8 (1974年 - 1988年)
  • 73 (1993年 - 2004年)
  • 88 (2008年 - 2011年)
  • 99 (2016年 - )

登録名[編集]

  • 梨田 昌崇 (なしだ まさたか、1972年 - 1983年)
  • 梨田 昌孝 (なしだ まさたか、1984年 - )

関連情報[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 注目企業.com インタビュー
  2. ^ 2015年5月8日、NHK「阪神×広島戦」中継での梨田の言及。
  3. ^ “梨田監督、今季限り=日本ハム「後任は白紙」-プロ野球”. 時事ドットコム. (2011年9月15日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo&k=2011091500454 
  4. ^ “阪神 来季監督に梨田昌孝氏招へい 真弓監督が後を託す人物としては最適”. スポーツニッポン. (2011年10月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/17/kiji/K20111017001837300.html 
  5. ^ 週刊ベースボール、2012年2月24日号、p37
  6. ^ 侍ジャパン 監督、コーチ NPB公式サイト (2012年10月10日) 2015年4月15日閲覧
  7. ^ 侍ジャパン 監督、コーチ背番号決定のお知らせ NPB公式サイト (2012年11月13日) 2015年4月15日閲覧
  8. ^ 「個々の能力を引き出しながら、ひとつの目標に向かう」梨田昌孝監督 就任会見 | 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト - 2015年10月8日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]