石渡茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石渡 茂
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県川崎市中原区
生年月日 (1948-08-12) 1948年8月12日(69歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 1970年 ドラフト2位
初出場 1971年8月31日
最終出場 1985年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

石渡 茂(いしわた しげる、1948年8月12日 - )は、神奈川県川崎市中原区[1]出身の元プロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

早実高では1966年夏の甲子園東京都予選準決勝に進出するが、辻正孝のいた修徳に敗退。卒業後は中央大学へ進学。東都大学リーグでは、1年生の時にエース宮本幸信を擁し1967年春季リーグで優勝、全日本大学野球選手権大会でも決勝で慶大を降し優勝した。1970年秋季に2度目の優勝を経験している。この時の主戦投手は同期の杉田久雄。在学中リーグ戦全試合に出場した。リーグ通算103試合出場、353打数86安打、打率.244、9本塁打、39打点。ベストナイン2回。

1970年ドラフト2位で近鉄バファローズに入団[1]1975年より西村俊二に代り遊撃手のレギュラーに定着[1]。中軸打線への繋ぎ役として活躍。1977年には全試合に出場し打率.285を記録、ベストテン9位に入った。広島東洋カープとの1979年の日本シリーズでは江夏豊スクイズプレイを外されたことで知られる(江夏の21球)。1981年以降は不振に陥り、さらに森脇浩司吹石徳一谷真一といった若手選手の台頭により次第に出場機会が減少していく。1983年開幕直前の3月、太田幸司と共に大石滋昭プラス金銭との交換トレードで読売ジャイアンツに移籍。主に右の代打要員や守備固めとして起用されるが、1985年のシーズン前半には河埜和正に代り遊撃手として36試合に先発出場を果たす。しかし後半には岡崎郁が台頭し出場機会が減少、同年限りで現役を引退[1]

現役引退後は近鉄のスカウトを長く務め、1996年から1999年はチーフスカウトを務めた[1]2000年から2004年までは二軍監督を務めた[1]

近鉄の合併後は2005年福岡ソフトバンクホークスの球団職員(編成部長)となり、2007年二軍監督に就任。2008年にはウエスタン・リーグ優勝、ファーム日本一を達成。2009年からはフロントに戻り、同年12月2日限りで一旦退団したが、2010年2月1日からソフトバンクで編成アドバイザーを務め、同年11月1日からは編成育成部長補佐兼国内担当チーフを務める[1]2011年12月20日に、杉内俊哉の巨人へのFA移籍の責任をとって、取締役を辞任した小林至の後任として、編成育成部長となる。2013年10月28日からは二軍監督に就任[2]2014年ウエスタン・リーグ優勝。同年11月5日に今季限りで退団することが明らかになった[3]。12月26日に球団統括本部副本部長補佐に就任する[4]。 2015年11月3日に2016年から三軍監督に就任することが発表された[5]。同年10月28日に三軍監督を退任し[6]2017年1月30日、国際担当アドバイザーに就任した[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1971 近鉄 5 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .000 .333 .000 .333
1973 21 35 32 3 7 0 0 1 10 2 2 2 0 0 3 0 0 4 0 .219 .286 .313 .598
1974 95 206 179 20 32 4 1 2 44 12 13 4 1 1 24 0 1 30 5 .179 .278 .246 .524
1975 122 415 363 34 76 16 0 2 98 24 7 2 19 0 31 0 2 58 3 .209 .275 .270 .545
1976 116 416 355 37 92 17 0 6 127 26 7 5 14 2 44 0 1 42 5 .259 .341 .358 .699
1977 130 555 508 57 145 22 3 4 185 48 16 6 10 8 27 0 2 48 12 .285 .319 .364 .683
1978 126 502 440 59 117 8 3 8 155 28 13 3 17 4 35 1 6 56 7 .266 .326 .352 .678
1979 121 443 395 51 111 21 1 11 167 45 10 0 12 0 35 0 1 35 11 .281 .341 .423 .764
1980 117 422 373 50 99 18 1 9 146 47 5 2 5 5 35 0 4 33 9 .265 .331 .391 .722
1981 59 144 131 16 25 4 1 2 37 13 6 0 1 0 11 0 1 14 3 .191 .259 .282 .541
1982 90 249 224 19 51 9 0 4 72 20 3 2 6 0 16 0 3 19 8 .228 .288 .321 .609
1983 巨人 52 77 68 4 11 2 0 1 16 4 1 0 2 1 5 0 1 11 1 .162 .227 .235 .462
1984 56 43 37 5 11 1 0 1 15 2 1 0 1 0 5 0 0 4 0 .297 .381 .405 .786
1985 66 130 102 9 23 1 0 2 30 9 0 0 5 3 19 3 1 19 5 .225 .344 .294 .638
通算:14年 1176 3640 3209 364 800 123 10 53 1102 280 84 26 93 24 291 4 23 373 69 .249 .314 .343 .657
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 32 (1971年 - 1975年)
  • 6 (1976年 - 1982年)
  • 31 (1983年)
  • 27 (1984年 - 1985年)
  • 76 (2000年 - 2004年、2007年 - 2008年)
  • 82 (2014年)
  • 92 (2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、46ページ
  2. ^ 2軍監督及びコーチ人事について福岡ソフトバンクホークス公式サイト2013年10月28日配信
  3. ^ コーチの退団について福岡ソフトバンクホークス公式サイト2014年11月5日配信
  4. ^ ソフトB 石渡茂氏が副本部長補佐に就任 スポーツニッポン、2014年12月26日。
  5. ^ 三軍監督について 福岡ソフトバンクホークス公式サイト、2015年11月3日
  6. ^ コーチの退任について - 福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルサイト 2016年10月28日
  7. ^ 2017/01/30 プレスリリース 球団人事について”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年1月30日). 2017年5月13日閲覧。

関連項目[編集]