岩本尭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩本堯から転送)
Jump to navigation Jump to search
岩本 堯
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県田辺市
生年月日 (1930-04-20) 1930年4月20日(88歳)
身長
体重
174 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手内野手
プロ入り 1953年
初出場 1953年4月12日
最終出場 1961年10月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

岩本 堯(いわもと たかし、1930年4月20日 - )は、和歌山県田辺市出身の元プロ野球選手外野手内野手)・コーチ監督

来歴・人物[編集]

旧制田辺中学校では2年次の1947年一塁手、控え投手として春の選抜へ出場。1回戦で富田中から22点を奪い快勝。この試合でリリーフに立ち甲子園初登板を果たす。2回戦では先発を任されるが、城東中に延長11回サヨナラ負け[1]。3年次の1948年には右翼手に回り、2年連続で春の選抜へ出場。1回戦は岐阜商を大差で降すが、準々決勝はこの大会に優勝した京都一商北本重二に抑えられ敗退[1]。チームメートでは二塁手左翼手の寺本哲治(巨人)、遊撃手南温平がプロ入りしている。

卒業後は早稲田大学に進学。東京六大学リーグでは在学中5回優勝、早大黄金期の中軸打者として活躍する。安部球場で場外本塁打を打つなど長打力に優れ、森茂雄監督からは「景浦二世」と呼ばれたが[2]、3年次の1951年に春季のオープン戦で死球を受けて左肘を骨折している。同期には荒川博沼澤康一郎、1歳下には小森光生広岡達朗がいた。リーグ通算77試合出場、279打数77安打、打率.276、1本塁打、38打点。

大学卒業後は巨人南海との争奪戦となったが、1953年に巨人へ入団[3]。前年限りで青田昇を放出していたことから、岩本は新人ながら与那嶺要南村不可止と共に外野の一角を占め、1年目から7番を打ってチームのリーグ3連覇に貢献。同年の日本シリーズでは大阪の第5戦で中村大成から本塁打を放った。2年目の1954年は打撃に苦心して前年よりも成績を落とすが、1955年からはクリーンナップに入って5番を任されるようになり、自己最高の打率.266・12本塁打・60打点・18盗塁を記録。俊足を活かしてリーグ最多の10三塁打も放ち、2年ぶりのリーグ優勝に貢献。日本シリーズでは後楽園の第5戦で1試合3盗塁を決め、シリーズの1試合最多盗塁を記録。1956年には自己最多の125試合に出場し、リーグ最多の7死球を受けた。同年8月4日大洋戦(川崎)では4回に小林経旺から3ラン、5回に大石正彦から2ラン、6回に田頭光男からソロと3イニング連続本塁打を記録。1957年に頭部への死球を受けてからは腰が逃げるバッティングとなって不振に陥り[3]1958年には高卒3年目の坂崎一彦に定位置を奪わる。

1959年に早大時代の恩師・森が監督を務める大洋ホエールズへトレード移籍し、1番打者として15盗塁を記録。1960年からは早大の先輩でもある三原脩監督の下で2番を打ち、球団初のリーグ優勝・日本一に貢献。1961年からはコーチ兼任となり、9月21日国鉄戦(川崎)で通算1000試合出場を達成。同年引退。

引退後は大洋(1962年 - 1968年一軍打撃コーチ)、近鉄1969年 - 1970年一軍打撃コーチ, 1971年 - 1973年監督)、日本ハム1974年一軍打撃コーチ, 1975年二軍監督, 1976年ファームディレクター)、巨人(1977年二軍監督兼打撃コーチ, 1978年 - 1980年二軍監督, 1981年 - 1988年フロント)で監督・コーチ・フロントを歴任。大洋コーチ時代は変化の激しいテニスボールを使用した打撃練習の方法を編み出し[3]、捕手から一塁手に転向したばかりの松原誠をマンツーマンで指導して主力打者に育てた[4]。投手から外野手に転向したばかりの江尻亮も成長させるなど手腕を発揮。その他では重松省三長田幸雄伊藤勲も育て、球界屈指の強打線「メガトン打線」を作り上げた。近鉄コーチ時代は伊勢孝夫永淵洋三小川亨を育て、監督就任後は1971年3位・1972年2位とAクラスをキープ。就任3年目の1973年は前後期2シーズン制となってプレーオフ制度が導入され、投手力のある近鉄が短期決戦で有利あるとして優勝候補の筆頭にも挙げられる。開幕後は投手陣の相次ぐ故障でチームは低迷し、8月下旬には島田光二が代理監督となり岩本は退任した[5]。巨人退団後はベースボール・マガジン社に勤務。事業部部長としてプロレスオールスター戦『夢の懸け橋』東京ドーム大会にも係わった[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1953 巨人 109 319 284 35 72 8 6 7 113 46 11 6 10 -- 24 -- 1 34 9 .254 .314 .398 .712
1954 100 279 249 33 56 13 2 2 79 24 8 3 2 4 20 -- 4 22 5 .225 .293 .317 .610
1955 118 437 383 60 102 7 10 12 165 60 18 6 6 8 37 0 3 50 3 .266 .336 .431 .767
1956 125 389 342 43 87 18 2 8 133 46 7 5 9 3 28 2 7 34 8 .254 .324 .389 .712
1957 121 420 391 42 78 19 1 8 123 27 2 3 8 1 20 1 0 60 3 .199 .238 .315 .553
1958 114 363 320 39 72 13 3 4 103 28 8 2 9 4 27 0 3 78 7 .225 .291 .322 .613
1959 大洋 118 474 431 35 97 13 3 4 128 28 15 11 4 1 37 0 1 70 4 .225 .288 .297 .585
1960 116 341 316 36 73 18 3 2 103 20 6 11 6 0 17 1 2 40 4 .231 .275 .326 .601
1961 85 184 166 14 42 4 0 2 52 16 3 7 5 1 11 0 1 21 4 .253 .303 .313 .617
通算:9年 1006 3206 2882 337 679 113 30 49 999 295 78 54 59 22 221 4 22 409 47 .236 .295 .347 .642
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1971年 近鉄 3位 130 65 60 5 .520 18.0 151 .241 3.21 41歳
1972年 2位 130 64 60 6 .516 14.0 123 .248 3.07 42歳
1973年 6位 112 35 73 4 .324 6位・6位 113 .237 3.83 43歳
通算:3年 372 164 193 15 .459 Aクラス2回、Bクラス1回
  • 1973年は前後期制のため、ゲーム差欄は前期順位・後期順位の順に表記。
  • 1973年は9月26日まで指揮。残り試合は島田光二が代行。(18試合7勝10敗1分)

記録[編集]

  • 1000試合出場:1961年9月21日(65人目)
  • 3イニング連続本塁打:1956年8月4日、対大洋ホエールズ戦(川崎球場)の4回から6回にかけて(3ラン、2ラン、ソロ) ※NPB史上2人目、セ・リーグ史上初[7]

背番号[編集]

  • 5 (1953年 - 1963年)
  • 40 (1964年 - 1970年)
  • 72 (1971年 - 1973年)
  • 63 (1974年 - 1975年)
  • 70 (1977年 - 1980年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 『巨人軍の男たち』158頁
  3. ^ a b c 『日本プロ野球 歴代名選手名鑑』301頁
  4. ^ 『巨人軍の男たち』159頁
  5. ^ 『サヨナラ近鉄バファローズ』94頁
  6. ^ 汚れたハンカチ王子騒動……ベースボール・マガジン社の黒歴史/ターザン山本インタビュー”. Dropkick:『Dropkick』チャンネル(Dropkick編集部) (2016年8月5日). 2016年8月6日閲覧。
  7. ^ 『日本プロ野球記録大鑑』435頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]