南温平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南 温平
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県
生年月日 (1930-01-06) 1930年1月6日(89歳)
身長
体重
165 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1949年
初出場 1951年
最終出場 1955年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

南 温平(みなみ おんぺい、1930年1月6日 - )は、和歌山県出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

旧制田辺中学校では遊撃手として活躍。2年次の1947年春の選抜へ出場。1回戦で富田中から22点を奪い快勝。しかし2回戦では城東中に延長11回サヨナラ負け[1]。3年次の1948年にも2年連続で春の選抜へ出場。1回戦は岐阜商を大差で降すが、準々決勝はこの大会に優勝した京都一商北本重二に抑えられ敗退[1]。チームメートでは右翼手岩本尭二塁手の寺本哲治(巨人)がプロ入りしている。

卒業後は社会人野球海南日東紡績を経て、1949年読売ジャイアンツに入団。1951年には一軍初出場を果たすが、活躍の場は少なかった。

1955年にトレードで大洋ホエールズへ移籍。開幕から二塁手、九番打者として起用され、同年は77試合に先発出場。しかし打撃面での低迷もあって同年限りで引退[2]、その後は社会人野球に復帰した。

2014年7月4日、読売ジャイアンツvs中日ドラゴンズ第10回戦(東京ドーム)試合前に執り行われた巨人軍球団創立80周年記念イベント『ジャイアンツメモリアルウィークス』の歴代ユニホームセレモニーに、自らが在籍した当時の戦後初期(1947年~1950年)モデルのユニホームを着用して久々に公の場に姿を現した[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1951 巨人 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1953 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1955 大洋 110 256 232 18 40 1 0 1 44 8 7 3 8 0 15 1 1 44 6 .172 .226 .190 .416
通算:3年 113 256 232 18 40 1 0 1 44 8 7 3 8 0 15 1 1 44 6 .172 .226 .190 .416

背番号[編集]

  • 43 (1949年 - 1951年途中)
  • 9 (1951年途中 - 同年終了、1955年)
  • 35 (1952年)
  • 38 (1953年 - 1954年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 元東京読売巨人軍、南温平さんが講演”. 紀伊民報 (2011年1月25日). 2013年7月2日閲覧。
  3. ^ 7月の6試合で「ジャイアンツメモリアルウィークス」を実施 Yomiuri GIANTS公式サイト 2014年5月8日閲覧

関連項目[編集]