芥田武夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
芥田 武夫
Akuta Takeo.JPG
1956年当時
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県加東市
生年月日 1903年10月20日
没年月日 (1987-09-05) 1987年9月5日(83歳没)
選手情報
ポジション 外野手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
監督歴
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1988年
選出方法 特別表彰

芥田 武夫(あくた たけお、旧姓・氷室 1903年10月20日 - 1987年9月5日)は、兵庫県加東市出身の元野球選手監督解説者評論家

来歴・人物[編集]

旧制姫路中学(現、兵庫県立姫路西高等学校)卒業後、早稲田大学では飛田忠順監督の「精神野球」に鍛練され、外野手として活躍。1925年秋季には東京六大学リーグ最初の首位打者を獲得[1]1926年には主将を務めた。リーグ通算65試合出場、240打数63安打、打率.263、2本塁打(六大学リーグ以前も含む)。卒業後は満州鉄道に入社し、第1回(1927年)と第3回(1929年)の都市対抗優勝に貢献。その後は時事新報朝日新聞の記者を歴任[1]。記者時代はスポーツ記者として活躍し、高野連の設立と全国高等学校野球選手権大会1947年までは全国中等学校優勝野球大会)の復興に尽力したほか、オールスターゲームの前身となる職業野球東西対抗戦を同僚の田村恭一らとともに発案した[2]。大阪本社運動部長だった1952年途中に退社し、1953年からは近鉄パールス監督に就任。小玉明利が入団テストを受けた際、捕手の根本陸夫は芥田に「ぜひ採用すべきだ」と進言したがところが芥田は朝日新聞運動部長から前年途中に監督になったばかりで「高校中退させるには・・・」と躊躇した[3]。だが根本は「3年まで待つと他球団に取られる。」として強引に口説いた[3]。小玉は自ら高校を中退して入団の道を選んだ。プロ野球経験のない芥田を根本がサポートし、投手のローテーションを決めていたという[4]。万年最下位という汚名を返上し、1954年にはチームを初のAクラスに導く。1957年退任。その後は朝日放送解説者日刊スポーツ評論家1958年 - 1965年)を経て、1966年、近鉄球団の代表取締役社長に就任。1968年には監督に大学の後輩でもある三原脩を招聘した[5]。同年4月から7月の間、急死したパシフィック・リーグ会長の松浦晋に代わって会長代行を務めている。1970年退任。

その後は「闘将!西本幸雄」「わが熱球60年史」など野球に関するノンフィクション本を執筆したが、1987年9月5日に死去[1]。享年83歳。翌年の1988年野球殿堂入り(特別表彰者)した[1]

詳細情報[編集]

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 30 (1953年)
  • 50 (1954年 - 1957年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 財団法人野球体育博物館. “殿堂者詳細情報”. 2011年2月19日閲覧。
  2. ^ 財団法人野球体育博物館. “ベースボール博物館”. 2011年2月19日閲覧。
  3. ^ a b ベースボールマガジン、2012年7月号、P66
  4. ^ 【根本陸夫伝】高校を中退させて「18歳の4番打者」を作った男 スポーツナビ
  5. ^ 近鉄バファローズ球団史1950-2004、ベースボール・マガジン社、2012年、P41

関連項目[編集]

外部リンク[編集]