藤田省三 (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤田 省三
Fujita Shozo.JPG
1956年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県西宮市
生年月日 (1908-03-01) 1908年3月1日
没年月日 (1987-01-16) 1987年1月16日(78歳没)
選手情報
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

藤田 省三(ふじた しょうぞう、1908年3月1日[1] - 1987年1月16日)は、兵庫県西宮市出身の元野球選手コーチ監督

近鉄パールス初代監督を務めた。

経歴[編集]

旧制甲南中学から法政大学に進学し、創成期の東京六大学リーグでプレー。卒業後は日本放送協会、石井かじまやを経て、六大学審判となる。1930年頃にはクラブチーム東京倶楽部に加わるが、都市対抗野球大会での試合出場は1試合のみだった。

その後は1936年から旧制日大三中の監督に就任し、1941年からは兄・藤田信男の後を受けて法大監督も兼任。1941年春と1948年秋の2回優勝を果たしている。日大三中監督は1947年、法大監督は1949年まで務めた。

1950年近鉄パールス初代監督に就任。1リーグ時代の大陽ロビンスの主砲で法大の後輩である森下重好田川豊を獲得し、1952年退任。近鉄の黎明期を支えた鬼頭政一若杉輝明は日大三中時代、関根潤三根本陸夫は法大時代の教え子である。

退任後は中日ドラゴンズヘッドコーチ(1955年 - 1956年)を務め、選手兼任監督の野口明を支えた。その後は会社役員の傍らで日大三高・法大などを指導。慶大を不合格になった江川卓の入学に積極的に動き、「江川の陰のコーチ」と言われた。

1987年1月16日死去。

詳細情報[編集]

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1950 近鉄 7位 120 44 72 4 .379
1951 7位 98 37 56 5 .398
1952 7位 106 29 77 1 .274
通算:3年 324 110 205 10 .349
  • 1952年は開幕から9月16日まで指揮

背番号[編集]

  • 30 (1950年 - 1952年)
  • 63 (1955年 - 1956年)

脚注[編集]

  1. ^ 『日本プロ野球監督列伝 1936 - 2014 』(ベースボール・マガジン社) P98。ISBN 978-4583621333

関連項目[編集]