元麻布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本 > 東京都 > 港区 > 元麻布
元麻布
—  町丁  —
善福寺勅使門
元麻布の位置(東京23区内)
元麻布
元麻布
元麻布の位置
座標: 北緯35度39分15.92秒 東経139度43分40.65秒 / 北緯35.6544222度 東経139.7279583度 / 35.6544222; 139.7279583
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Minato, Tokyo.svg 港区
地区 麻布地区
面積[1]
 - 計 0.37km2 (0.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[2]
 - 計 5,274人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 106-0046[3]
市外局番 03[4]
ナンバープレート 品川
※座標は麻布中学校・高等学校付近[5]

元麻布(もとあざぶ)は、東京都港区の地名。麻布地区総合支所管内にあたり、現行行政地名は元麻布一丁目から元麻布三丁目。郵便番号は106-0046(芝局管区)[3]

概要[編集]

隣接する南麻布と同じく江戸時代は街外れで農耕地雑木林町屋大名小名下屋敷からなる閑散とした地域であった。明治より大正時代にかけて町づくりが成され、太平洋戦争終結後は国際的な盛り場として発展していく六本木至近ということや他所から移動した大使館が加わった事もあいまって徐々に今日の国際色豊かな都心の高級住宅街へと変貌を遂げていった。

歴史[編集]

町名は江戸時代、麻布村の中心地であったことに由来する。現在のところ、文献に「あざぶ」の名が登場するのは、戦国時代末期の1559年永禄2年)、小田原の北条氏(後北条氏)の軍役賦課台帳、「小田原衆所領役帳」に「阿佐布」とあるのが最初とされている。江戸時代に入っても「安座部」「浅府」「浅生」「麻生」など様々な表記が混在していたが、江戸中期の明暦年間に至り、ようやく「麻布」の表記が定着した。当時、この地で麻布(あさぬの)の生産が盛んだったからとも言われるが、定かではない。かつては、アイヌ語由来説も唱えられたが、現在では否定されている。

変遷[編集]

1962年(昭和37年)に施行された「住居表示に関する法律」に基づき、1966年(昭和41年)、麻布地区の町名を再編、麻布西町の全域、麻布宮村町、麻布三軒家町の大半、麻布本村町の北半分に、麻布一本松町、麻布桜田町、麻布山元町の各一部を合わせ、「元麻布」となった。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
元麻布一丁目 599世帯 1,242人
元麻布二丁目 1,026世帯 2,249人
元麻布三丁目 951世帯 1,783人
2,576世帯 5,274人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6]

丁目 番地 小学校 中学校
元麻布一丁目 1~4番 港区立南山小学校 港区立六本木中学校
6〜7番 港区立東町小学校
その他 港区立本村小学校 港区立高陵中学校
元麻布二丁目 7〜10番
14番
1~4番 港区立笄小学校
その他 港区立南山小学校 港区立六本木中学校
元麻布三丁目 1~3番
5~13番
その他 港区立笄小学校 港区立高陵中学校

施設・名所[編集]

元麻布一丁目[編集]

元麻布二丁目[編集]

元麻布三丁目[編集]

交通[編集]

路線バス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成22年国勢調査による各総合支所管内別の町丁目別面積・昼夜人口等”. 港区 (2015年2月19日). 2018年1月7日閲覧。
  2. ^ a b 各月1日現在の各総合支所管内別の町丁目別人口・世帯数(平成14年~平成29年)”. 港区 (2017年12月6日). 2018年1月7日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月7日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月7日閲覧。
  5. ^ Google Earthより
  6. ^ 港区立小・中学校通学区域一覧表”. 港区 (2015年4月1日). 2018年1月7日閲覧。
  7. ^ 今尾恵介 「失われた地名を手がかりに東京町歩き」 特集・東京の地名 町それぞれの物語 『東京人』(都市出版株式会社) 第20巻第5号 平成17年5月3日発行

外部リンク[編集]