加藤春雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 春雄
Haruo Kato 1950 Scan10010b.jpg
1950年撮影
基本情報
出身地 岐阜県
生年月日 (1917-03-25) 1917年3月25日
没年月日 (1961-02-27) 1961年2月27日(43歳没)
身長
体重
176 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1950年
初出場 1950年
最終出場 1953年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 近鉄パールス (1954 - 1958)

加藤 春雄(かとう はるお、1917年3月25日[1] - 1961年2月27日)は、岐阜県出身の元プロ野球選手外野手)。後に、加藤久幸に改名。

弟は戦前の名捕手で特攻死した加藤三郎と、近鉄の内野手だった加藤政一

来歴・人物[編集]

岐阜商時代は投手として甲子園に出場し、藤村富美男らと対戦した。その後明治大学に進学し、社会人野球大日本土木では外野手として都市対抗野球大会2連覇に貢献。

1950年近鉄パールス結成に32歳で参加し、主将[1]・3番打者として活躍。1950年7月27日東急戦で、弟・政一と共にプロ野球史上初の兄弟アベック本塁打を記録。1953年引退

引退後の1954年から助監督となった[1]が、1957年6月22日芥田武夫監督がシーズン途中で休養したため、残り試合の監督代行を務めた。1958年には久幸に改名し、正式に監督に就任したが、球団史上ワースト記録となる勝率.238でシーズンを終え、終了後に監督を辞任した。

1961年2月27日死去。享年45(満43歳没)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1950 近鉄 95 367 339 45 88 17 2 8 133 42 12 3 1 -- 27 -- 0 29 18 .260 .314 .392 .707
1951 69 216 199 14 43 12 0 2 61 19 2 0 0 -- 16 -- 1 14 4 .216 .278 .307 .584
1952 80 186 177 7 41 9 0 2 56 18 1 3 3 -- 5 -- 1 18 6 .232 .257 .316 .573
1953 19 19 19 1 3 1 0 0 4 6 0 0 0 -- 0 -- 0 3 2 .158 .158 .211 .368
通算:4年 263 788 734 67 175 39 2 12 254 85 15 6 4 -- 48 -- 2 64 30 .238 .287 .346 .633

年度別監督成績[編集]

年度 チーム 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1957年 昭和32年 近鉄 6位 80 30 46 4 .395
1958年 昭和33年 6位 130 29 97 4 .238

背番号[編集]

  • 27 (1950年 - 1953年)
  • 30 (1954年 - 1958年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『プロ野球80周年企画 日本プロ野球 監督列伝 1936-2014』 ベースボール・マガジン社、2014年ISBN 978-4-583-62133-3

関連項目[編集]