鵜狩道夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鵜狩 道夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県日置市
生年月日 (1936-07-14) 1936年7月14日
没年月日 (2018-08-27) 2018年8月27日(82歳没)
身長
体重
179 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1967年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

鵜狩 道夫(うがり みちお、1936年7月14日 - 2018年8月27日[1])は、鹿児島県日置市出身の元プロ野球選手投手)、スポーツ店経営者。現役時代は「鵜狩 好応」、「鵜狩 道旺」の登録名も使った。

来歴・人物[編集]

伊集院高から社会人野球鹿児島市交通局を経て、1955年西鉄ライオンズに入団。

西鉄では3年間で1勝もできなかったが、1958年広島カープに移籍すると初勝利を含め6勝を挙げる。1958年9月19日長嶋茂雄に幻の本塁打を打たれる。翌1959年には、元近鉄パールス監督の藤田省三からマンツーマンの指導を受け、シュートをマスターして11勝、以後は投手陣の柱の一角を担った。ピッチングスタイルは速球とカーブを基調としたオーソドックスな右の本格派で、10完封のほか、25完投も記録。1960年代のカープを支えた。

1967年6月10日ウエスタン・リーグの対近鉄バファローズ戦で同リーグ史上初となる完全試合を達成[2]。しかし、一軍では未勝利に終わり、同年限りで現役を引退。

晩年は、郷里の鹿児島県日置市で、スポーツ店を経営。2006年は社会人野球・クラブチーム鹿児島ホワイトウェーブの監督を務めていた他、地元のカープファンによる組織『鹿鯉会』の名誉顧問も務めていた[1]

エピソード[編集]

  • 元々素質に溢れた選手で、西鉄から放出されることが決まった際、助監督の川崎徳次は、「なんてことをするんだ、気でも狂ったか!」三原監督に怒鳴ったと言われている。
  • スロースターターであり、シーズン終了間際に勝ち星を重ねる傾向があった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1956 西鉄 1 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 3 0.2 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 9.00 3.00
1957 18 3 0 0 0 0 1 -- -- .000 179 40.1 39 1 16 1 1 26 1 0 14 11 2.41 1.36
1958 広島 39 23 4 2 1 6 7 -- -- .462 604 146.2 129 9 53 3 2 63 3 0 56 50 3.06 1.24
1959 46 24 4 2 0 11 10 -- -- .524 804 202.2 157 9 59 6 3 127 5 0 67 57 2.53 1.07
1960 50 24 4 2 1 6 10 -- -- .375 642 155.0 160 10 41 6 2 67 2 0 70 65 3.77 1.30
1961 38 19 1 0 0 5 5 -- -- .500 514 126.2 115 6 32 0 3 44 2 0 39 33 2.34 1.16
1962 23 7 1 0 1 1 5 -- -- .167 257 61.0 68 9 16 0 0 16 0 0 32 28 4.13 1.38
1963 37 11 3 0 0 6 5 -- -- .545 464 109.2 107 7 35 0 1 39 0 0 49 43 3.52 1.29
1964 49 22 4 1 0 9 10 -- -- .474 717 169.2 189 18 39 4 3 47 0 0 78 65 3.44 1.34
1965 46 28 4 3 0 10 14 -- -- .417 820 200.0 189 12 52 4 1 49 0 0 69 61 2.75 1.21
1966 34 8 0 0 0 1 3 -- -- .250 273 65.0 73 6 11 1 1 25 0 0 32 27 3.74 1.29
1967 20 1 0 0 0 0 2 -- -- .000 152 34.2 45 4 11 0 2 12 0 0 18 12 3.09 1.62
通算:12年 401 170 25 10 3 55 72 -- -- .433 5429 1312.0 1273 91 365 25 19 515 13 0 525 453 3.11 1.25

背番号[編集]

  • 26 (1955年 - 1957年)
  • 17 (1958年 - 1967年)

登録名[編集]

  • 鵜狩 道夫 (うがり みちお、1955年 - 1959年)
  • 鵜狩 好応 (うがり みちお、1960年 - 1962年)
  • 鵜狩 道旺 (うがり みちお、1963年 - 1967年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 鹿鯉会による訃報 - 鹿鯉会公式Twitter、2018年8月27日。
  2. ^ ベースボールマガジン2012年11月号72ページ

関連項目[編集]