水野利八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1956年

水野 利八(みずの りはち 1884年明治17年)5月15日 - 1970年昭和45年)3月9日)は日本の実業家ミズノ創業者。

概要[編集]

岐阜県大垣市に生まれる。興文小高等科中退。9歳のときに棟梁をしていた父が亡くなり、大阪京都丁稚奉公へ出た。

1903年(明治36年)に京都三高野球クラブの試合を見て、野球の魅力に惹かれ運動用品の商売を志す。1906年(明治39年)に弟の水野利三と大阪市北区水野兄弟商会を創業。当初は運動服を扱っていたが、1913年(大正2年)からは野球用のグラブボールの製造を始めた。

1916年(大正5年)に全国統一の標準球を完成。西洋的なスポーツの普及とともに事業を成長させ、1927年(昭和2年)紺綬褒章受章。昭和初期は中国大陸にも進出。1942年(昭和17年)に社名を美津濃に改称し社長に就任。

戦後はスポーツを通じた復興、青少年の育成にも尽力し、1955年(昭和30年)全国高等学校野球連盟から功労賞を受賞。1956年(昭和31年)に藍綬褒章受章。

1964年(昭和39年)に美津濃全従業員に株を25株ずつ贈与。1969年(昭和44年)に会長に就任。翌1970年(昭和45年)死去、勲四等瑞宝章受章。1971年(昭和46年)に野球殿堂入り。

参考文献[編集]

  • 美津濃編 『スポーツは陸から海から大空へ - 水野利八物語』 美津濃、1973年