棟梁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

棟梁(とうりょう)は、組織仕事を束ねる、中心人物である。

概要[編集]

(むね)と(はり)という、建物において重要な構造を譬えに用いた言葉

昔は、武士僧侶の社会の筆頭格を指すことが多かった(例:将軍職源氏の棟梁である)。

現代社会では大工石工の元締めや現場監督現場代理人などを指すことが多く尊称として扱われる。単なる土木工事現場の現場監督などが棟梁と言われることはない[要出典]

親方と類義語であるが、大工・石工以外の親方を棟梁と呼ぶことは少ない。

番匠棟上槌打[編集]

高貴な建物を建てる棟梁を古来、「番匠」(ばんしょう)といい、建築すべてに携わるものに災いが起きぬよう邪気を祓い去る陰陽道の祭祀祭礼の儀法を持ち合わせていた。

その儀式を「番匠棟上槌打」といい、戦国時代、陰陽師が迫害を受けても刀鍛冶と同様、高い地位に位置付けられた「番匠」が口述伝承し、のちに書物化した「木割書」(きわりしょ)から、家相は生み出されたものであると、名工大名誉教授、内藤昌は述べている[1]

この儀式を保存するため、昭和43年、番匠保存会が設立され、2014年、300年ぶりに再建される興福寺で、この儀式が披露された[2]

棟梁送り[編集]

上棟式に飾った幣串と破魔矢を担いで練り歩く棟梁送りの様子を描いたもの。歌川広重名所江戸百景』「大伝馬町呉服店」。

昔は上棟式の後、現場から棟梁の自宅もしくは下小屋まで練り歩く「棟梁送り」が行なわれていた[3]。自宅では宴席が設けられ、職人たちには祝儀がふるまわれた[3]。また、棟上式で祝宴を済ませた棟梁を家まで送って行くことや、棟梁をねぎらう祝宴自体を指すこともあった[4]。大工送りとも言った[4]。棟上式に使った両矢(鬼門の邪鬼を払うために飾る破魔矢)・幣串(上棟記念に棟に飾る祝い柱)・供物・酒肴などを建主からもらって帰ることから、「矢送り」とも言った[5][6][7]

多くは、荷車に施主から贈られた米や餅、酒、肴などを載せ、木遣などを歌いながら大勢で棟梁を家まで送るが、がそれを取り仕切る地方もあれば、米俵の上に棟梁をまたがらせたり、道中見物人に餅を撒いたりと形式は地方によってさまざまだった[8]柳田国男は、棟上式に集まった親戚知人らが棟梁に従って新築の家を3回まわり、そのあと家の図面を書いた板をかついで歌いながら棟梁を送る様子や、棟梁宅に持ち込まれた酒樽や米俵を家の前にしばらく飾っておく話などを記している[9]

参考文献[編集]

  • 小池康寿『日本人なら知っておきたい正しい家相の本』プレジデント社、2015年11月。ISBN 9784833421492

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 小池 2015, p. 85.
  2. ^ 小池 2015, p. 86.
  3. ^ a b 棟梁送り建築用語集 タクミホームズ
  4. ^ a b 棟梁送(読み)とうりょうおくりコトバンク
  5. ^ 『民家と風土』小林昌人、岩崎美術社, 1985年、p316
  6. ^ 破魔矢建築用語集、タクミホーム
  7. ^ 幣串建築用語集、タクミホーム
  8. ^ 『太田市史: 通史編. 民俗』太田市、1984年、p528
  9. ^ ダイクオクリ トウリヤウオクリ『居住習俗語彙』柳田国男, 山口貞夫 共編 (民間伝承の会, 1939)

関連項目[編集]