棟梁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

棟梁(とうりょう)は、組織仕事を束ねる、中心人物である。

(むね)と(はり)という、建物において重要な構造を譬えに用いた言葉。昔は、武士僧侶の社会の筆頭格を指すことが多かった(例:将軍職源氏の棟梁である)。現代社会では大工石工の元締めや現場監督現場代理人などを指すことが多く尊称として扱われる。単なる土木工事現場の現場監督などが棟梁と言われることはない{{出典の明記}}。親方と類義語であるが、大工・石工以外の親方を棟梁と呼ぶことは少ない。

高貴な建物を建てる棟梁を古来、「番匠」(ばんしょう)といい、建築すべてに携わるものに災いが起きぬよう邪気を祓い去る陰陽道の祭祀祭礼の儀法を持ち合わせていた。その儀式を「番匠棟上槌打」といい、戦国時代、陰陽師が迫害を受けても刀鍛冶と同様、高い地位に位置付けられた「番匠」が口述伝承し、のちに書物化した「木割書」(きわりしょ)から、家相は生み出されたものであると、名工大名誉教授、内藤昌は述べている[1]

この儀式を保存するため、昭和43年、番匠保存会が設立され、2014年、300年ぶりに再建される興福寺で、この儀式が披露された[2]


参考文献[編集]

  • 小池康寿『日本人なら知っておきたい正しい家相の本』プレジデント社、2015年11月。ISBN 9784833421492

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小池 2015, p. 85.
  2. ^ 小池 2015, p. 86.

関連項目[編集]