棟梁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

棟梁(とうりょう)は、組織仕事を束ねる、中心人物である。

(むね)と(はり)という、建物において重要な構造を譬えに用いた言葉。昔は、武士僧侶の社会の筆頭格を指すことが多かった(例:将軍職源氏の棟梁である)。現代社会では大工石工の元締めや現場監督現場代理人などを指すことが多く尊称として扱われる。単なる土木工事現場の現場監督などが棟梁と言われることはない。親方と類義語であるが、大工・石工以外の親方を棟梁と呼ぶことは少ない。

関連項目[編集]