木遣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木遣木遣り(きやり)は、労働歌の一つ、木遣り歌・木遣り唄とも。1202年(建仁2年)に栄西上人が重いものを引き揚げる時に掛けさせた掛け声が起こりだとされる事がある。掛け声が時代の流れによりへ変化し、江戸鳶がだんだん数を増やした江戸風を広めていった。

関連項目[編集]