野口二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
野口 二郎
大洋時代の野口二郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市千種区
生年月日 (1920-01-06) 1920年1月6日
没年月日 (2007-05-21) 2007年5月21日(87歳没)
身長
体重
175 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手外野手一塁手
プロ入り 1939年
初出場 1939年3月20日
最終出場 1953年8月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
野球殿堂(日本)
殿堂表彰者
選出年 1989年
得票率 79.8%
選出方法 競技者表彰
雑誌『野球界』1941年9月号の表紙を飾る野口

野口 二郎(のぐち じろう、1920年1月6日 - 2007年5月21日)は、日本プロ野球選手愛知県名古屋市生まれ。

通算237勝[1]。シーズン無四球(13無四球)、シーズン完封(19完封)の日本記録保持者。また、史上3人目のシーズン防御率0点台を達成した。

、二郎、とプロ野球選手を輩出した野口四兄弟の次兄。中等学校野球で2度の優勝を飾り、プロ入り後は多投の中で好記録を残したことから「鉄腕」と称された[2]

また、投打に活躍した選手であり、元祖「二刀流」選手である。

来歴・人物[編集]

中京商業学校(現・中京大学附属中京高等学校)時代は1937年夏1938年春の甲子園大会で瀧正男とバッテリーを組み、主戦投手として優勝。1937年夏の決勝は川上哲治熊本工業学校に投げ勝つ。1938年春は、ノーヒットノーラン1試合(対海草中学)を含む4試合連続完封勝利という選抜大会記録を作る。

中京商から旧制法政大学に進むが中退し1939年東京セネタースに入団。1年目に33勝をあげると、翌1940年も33勝、さらに防御率0.93で最優秀防御率のタイトルを獲得[3]1942年5月23日の朝日戦ではあわやノーヒットノーランの快投を演じた。林安夫に安打を打たれ大記録はならなかったが、翌24日の対名古屋軍戦(後楽園球場)も先発登板する。この試合では当時世界最長の延長28回を344球で先発完投(名古屋軍の先発投手西沢道夫も共に完投)。同年は66試合に登板しリーグ1位の40勝、264奪三振を記録した[4]。シーズン40勝はヴィクトル・スタルヒン稲尾和久(ともに42勝)に次ぐ記録で、戦後の一時期にスタルヒンの記録が40勝とされていたときには日本記録保持者でもあった。この年のシーズン19完封は翌年に藤本英雄がタイ記録を作ったものの、現在もプロ野球タイ記録。翌1943年25勝をあげて応召。

戦後の1946年阪急に復帰。1947年には56試合に登板し24勝とタフさは変わらぬように見えたが、応召によって筋力は低下しており、以後徐々に打者としての出場が増加していったが、1946年に当時日本記録の31試合連続安打(8月29日 - 10月26日)を記録した。1953年限りで選手を引退。

投手として実働12年で登板517試合、通算237勝。特に戦前・戦中は5年間で平均登板58試合、平均勝数31勝、平均投球回数は419回に及び、「鉄腕」の名にふさわしいタフネスぶりを発揮した。

一方、打者としても優秀であり、登板しない日は野手として出場するという「二刀流」を10年以上続けた。また、高校野球でよく見られるような、野手として先発出場した日にリリーフ登板する試合もあった。規定投球回数と規定打席の両方を満たしたシーズンが6回あり、そのうち1940年[3]と1946年[5]は両方でベスト10入りしている。上記の通り連続試合安打記録を樹立するなどし、通算830安打を記録。

プロ通算237勝は甲子園大会で優勝経験のある投手としては最多勝記録であり、NPBの200勝投手の中で春の選抜甲子園または夏の甲子園の優勝投手でもあるのは野口二郎(1937年夏、1938年春・プロ237勝)と平松政次(1965年春・プロ201勝)の2人だけである。そして、200勝投手の中でプロで現役選手として優勝を経験していないのもまた野口と平松のみである(いずれも2023年時点)。

1950年の与四球14は2022年に加藤貴之に更新されるまでシーズン規定投球回到達者の最小与四球記録だった[6]

大正生まれのため、200勝投手ではあるが名球会への入会資格対象外となっている。

引退後は毎日・阪急のコーチ、近鉄二軍監督などを歴任した。西本幸雄と親しく、これらの球団でも西本が監督のときにコーチなどを務めることが多かった。後に西本は「野球の経歴は彼の方がよっぽど輝かしいが、偉ぶることもなく献身的に支えてくれた」とふりかえった[7]。1989年に野球殿堂入り[8]

2007年5月21日に肺炎のため兵庫県宝塚市の病院で死去[9]。87歳没。

連続試合安打記録[編集]

[10] 阪急時代の1946年8月29日から10月26日にかけて、野口は出場した31試合連続安打の記録を達成したが、これは当時の日本プロ野球記録だった。翌10月27日の対巨人戦において、巨人の先発藤本英雄に75球の当時の日本最少投球記録でチームは完封負けしており、野口も藤本に3打席無安打に抑えられ、連続試合安打記録は途切れている。

達成当時は日本記録として知られることはなく、翌1947年金星スターズ坪内道則が25試合連続安打を記録した際にはこれが日本記録とされている(その後、中日ドラゴンズ西沢道夫も1949年に野口の記録発掘前にタイ記録を達成)。これは野口が野手ではなく、投手[注 1]だったために試合出場が飛び飛びであった事が理由で見落とされたと考えられ(とは言え、1946年シーズン104試合中96試合に出場しているのでその理由も信憑性は薄く、戦後まもなくであり記録の把握が十分にされていなかっただけと思われる)、1949年に日本プロ野球の記録に関する再調査が行われた際に、野口が記録していたことが判明している。この記録を「発見」したのはパ・リーグ記録員だった瀬上保男だったが、当時は同じく記録員の山内以九士によるものとされ、瀬上が自身であることを公表したのは1991年のことだった[11]。この発表はシーズン中におこなわれたため、野口はリーグに記録と表彰を申請し、シーズン最終日に特別表彰が実施された[11]

連続試合安打記録中の野口の記録は、31試合で131打数48安打で、二塁打3本、三塁打3本 本塁打0本、15打点、打率.368。この間、投手として13試合に登板、5勝5敗の成績で、うち7試合に先発し3試合に完投、12奪三振、自責点12で防御率は2.60だった。 この年、野口は投手として20試合に先発している一方で、57試合で外野手として先発出場している。

野口は坪内の26試合連続安打記録のかかった1947年9月6日対金星戦に登板して、坪内を4打数0安打で抑えて連続試合安打記録を止めており、結果として自分が記録していたことを知らずに、自らの投球で自らの記録を守った形になった。

1971年7月6日、阪急の長池徳二が野口の記録を更新したが、この時野口は阪急のコーチをつとめており、記録達成の場に居合わせることになった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1939 東京セネタース
69 45 38 8 5 33 19 -- -- .635 1824 459.0 364 17 108 -- 5 221 3 0 128 104 2.04 1.03
1940 57 31 29 7 6 33 11 -- -- .750 1466 387.0 245 7 65 -- 4 273 0 1 67 40 0.93 0.80
1941 大洋軍
西鉄軍
48 26 25 10 0 25 12 -- -- .676 1275 338.0 201 5 85 -- 1 168 0 1 44 33 0.88 0.85
1942 66 48 41 19 5 40 17 -- -- .702 1991 527.1 299 6 108 -- 2 264 1 0 90 70 1.19 0.77
1943 51 39 37 10 7 25 12 -- -- .676 1485 385.0 278 11 84 -- 0 140 1 1 78 62 1.45 0.94
1946 阪急 33 20 13 2 2 13 14 -- -- .481 852 212.0 194 9 47 -- 1 39 1 0 76 63 2.67 1.14
1947 56 41 33 4 9 24 17 -- -- .585 1486 382.0 321 14 57 -- 1 86 0 0 108 96 2.26 0.99
1948 41 34 24 3 13 14 16 -- -- .467 1182 297.0 273 14 42 -- 2 66 1 0 116 97 2.94 1.06
1949 30 13 6 0 1 10 6 -- -- .625 697 166.1 184 15 21 -- 1 55 0 0 76 66 3.56 1.23
1950 35 18 10 2 7 15 9 -- -- .625 750 181.2 190 20 14 -- 1 61 0 0 85 64 3.16 1.12
1951 19 5 3 0 2 4 5 -- -- .444 315 75.1 84 9 11 -- 0 14 1 0 43 40 4.74 1.26
1952 12 1 0 0 0 1 1 -- -- .500 151 36.2 44 6 5 -- 0 8 0 0 21 17 4.14 1.34
通算:12年 517 321 259 65 57 237 139 -- -- .630 13474 3447.1 2677 133 647 -- 18 1395 8 3 932 752 1.96 0.96
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPBにおける歴代最高
  • セネタースは、1940年途中に翼(翼軍)に球団名を変更
  • 大洋(大洋軍)は、1943年に西鉄(西鉄軍)に球団名を変更

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1939 東京セネタース
92 384 346 31 87 11 3 0 104 26 14 -- 3 2 33 -- 0 9 -- .251 .317 .301 .617
1940 96 364 335 32 87 6 2 0 97 34 17 -- 3 2 24 -- 0 14 -- .260 .309 .290 .599
1941 大洋軍
西鉄軍
79 273 248 12 46 4 1 1 55 26 5 -- 4 -- 21 -- 0 7 -- .185 .249 .222 .471
1942 91 327 315 26 68 9 1 0 79 23 6 0 0 -- 12 -- 0 7 -- .216 .245 .251 .495
1943 65 257 237 29 60 3 2 0 67 26 1 0 0 -- 20 -- 0 2 -- .253 .311 .283 .594
1946 阪急 96 352 336 35 100 10 7 1 127 44 8 1 0 -- 16 -- 0 8 -- .298 .330 .378 .708
1947 89 225 207 17 45 6 2 1 58 20 5 3 0 -- 18 -- 0 5 -- .217 .280 .280 .560
1948 108 332 310 33 81 10 1 2 99 36 18 4 0 -- 21 -- 1 14 -- .261 .310 .319 .630
1949 121 426 394 42 109 15 4 0 132 54 8 2 0 -- 31 -- 0 9 -- .277 .329 .335 .664
1950 107 342 332 28 86 16 1 3 113 41 8 3 1 -- 9 -- 0 11 11 .259 .279 .340 .619
1951 77 183 176 19 39 2 0 1 44 18 3 0 0 -- 7 -- 0 4 6 .222 .251 .250 .501
1952 69 122 105 10 21 1 1 0 24 18 1 0 3 -- 14 -- 0 9 4 .200 .294 .229 .523
1953 8 7 7 2 1 0 0 0 1 2 0 0 0 -- 0 -- 0 2 0 .143 .143 .143 .286
通算:13年 1098 3594 3348 316 830 93 25 9 1000 368 94 13 14 4 226 -- 1 101 21 .248 .296 .299 .594
  • セネタース(東京セネタース)は、1940年途中に翼(翼軍)に球団名を変更
  • 大洋(大洋軍)は、1943年に西鉄(西鉄軍)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

  • 2年連続防御率0点台(1940年-1941年、史上唯一)
  • シーズン19完封勝利(1942年。藤本英雄と並ぶ世界タイ記録)
  • シーズン13無四球試合(1948年)
  • シーズン14与四球(1950年)※規定投球回数到達者最少記録の歴代2位。2022年までのプロ野球記録[6]
  • 54.1投球回連続無四死球(1950年10月22日 - 11月19日)
  • 1試合344投球数(1942年5月24日、プロ野球記録)※延長28回での記録
  • 31試合連続安打(1946年8月29日 - 10月26日)※歴代3位。達成当時はプロ野球記録。
  • 1000試合出場:1951年9月1日(9人目)
  • 毎回奪三振:1940年5月6日、延長11回を15奪三振。延長回までの毎回奪三振は日本プロ野球初[12]
  • 最高勝率無しでの通算勝率.6303 ※2000投球回以上での歴代最高

背番号[編集]

  • 18 (1939年 - 1943年、1946年 - 1953年)
  • 1 (1954年)
  • 55 (1955年 - 1956年)
  • 52 (1957年 - 1961年)
  • 30 (1962年 - 1966年)
  • 62 (1969年 - 1973年)
  • 67 (1979年 - 1985年)

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 元々二刀流としての出場をする選手であり、この年は投手として33試合、野手として63試合に出場した。

出典[編集]

  1. ^ “大竹寛の「17シーズン目に100勝」は史上最遅。「12勝以上のシーズンなしで100勝」も史上初(宇根夏樹)”. Yahoo!ニュース. (2019年8月13日). https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/d697cecb0d3edbaf9ede3f19c5a81b0644e9b0a4 2020年3月22日閲覧。 
  2. ^ 野口 二郎 - 野球殿堂博物館
  3. ^ a b 年度別成績 1940年
  4. ^ 年度別成績 1942年
  5. ^ 年度別成績 1946年
  6. ^ a b 日本ハム・加藤貴之が72年ぶりに記録更新 規定投球回到達でのシーズン最少与四球「11」”. サンスポ (2022年9月26日). 2022年9月26日閲覧。
  7. ^ 『毎日新聞』2007年5月22日付朝刊 (14版、19面)
  8. ^ 『朝日新聞』1989年1月21日付朝刊 (14版、25面)
  9. ^ 『読売新聞』2007年5月22日付朝刊 (14版、35面)
  10. ^ この節の出典は 講談社刊 宇佐美徹也著「プロ野球記録大鑑(昭和11年‐平成4年)」286ページ とする
  11. ^ a b 室靖治『「記録の神様」山内以九士と野球の青春』道和書院、2022年、pp.175 - 176
  12. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」692ページ
  13. ^ “太賀さん主演『1942年のプレイボール』制作開始!”. NHKドラマトピックス (NHKオンライン). (2017年5月29日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/6000/271676.html 2017年6月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]