野口昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野口 昇
基本情報
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
生年月日 1922年3月18日
没年月日 1945年
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 1941年
初出場 1941年
最終出場 1943年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

野口 昇(のぐち のぼる、1922年大正11年)3月18日 - 1945年昭和20年))は、昭和前期に活躍した中等学校野球の選手、プロ野球選手

二郎、昇、とプロ野球選手を輩出した野口四兄弟の三兄。

来歴・人物[編集]

愛知県名古屋市出身。兄2人(二郎)に続いて中京商業学校(現:中京大学附属中京高等学校)に入学し、野球部に所属した。1939年1940年選抜中等学校野球大会に三塁手として出場したが、優勝経験はない。1941年阪神軍に入団。新人の年から74試合に出場。1942年にはシーズンフル出場となる105試合に出場し、選手層が薄いチームを支えた。1943年のシーズン中に従軍し、満州へ渡る。1945年フィリピンで戦死した。

財団法人野球体育博物館の「鎮魂の碑」にその名が刻まれている。

対大洋戦で、投手・二郎、捕手・明の兄二人のバッテリーと対戦、打ち取られた[1]

甲子園成績[編集]

 ○7-2海草中学、○6-3徳島商業、○4-1小倉工業、●5-6岐阜商業(準決勝)

 ●1-6京都商業(2回戦)

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1941 阪神 74 235 201 12 29 4 0 1 36 10 1 -- 7 -- 27 -- 0 27 -- .144 .246 .179 .425
1942 105 409 350 25 72 7 2 1 86 22 8 8 12 -- 47 -- 0 23 -- .206 .300 .246 .545
1943 40 98 83 9 14 1 0 0 15 7 1 2 3 -- 12 -- 0 2 -- .169 .274 .181 .454
通算:3年 219 742 634 46 115 12 2 2 137 39 10 10 22 -- 86 -- 0 52 -- .181 .279 .216 .495
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 5 (1941年 - 1943年途中)

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]