谷村友一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

谷村 友一たにむら ともいち1927年8月22日 - )は、日本プロ野球審判員。所属はセントラル・リーグ京都府出身(出生地はアメリカニューヨーク)。

来歴・人物[編集]

旧制同志社中学(現 同志社高校)~同志社大学から三菱商事を経て1959年セ・リーグ審判部入局。選手時代は内野手で甲子園出場は無いが、1952年社会人野球チーム京都クラブで都市対抗野球出場。

大学卒業後、24歳から旧関西六大学野球高校野球審判員を務め、1955年から甲子園大会も担当。高校野球審判員として春夏合わせて合計8回甲子園出場を果たす。三菱商事に勤務しながらの実績であった。

1986年までプロ野球審判員を務め、通算3026試合出場。オールスターゲーム6回出場、日本シリーズ11回出場。1987年から1994年に退職するまでは専任指導員。転じた翌年にセ・リーグが袖番号を採用しているが、指導員であるため当時一番大きい番号である32をつけた。セ・リーグの指導員が袖番号を所有するのはこの先例があるためである(パ・リーグでは審判員が指導員に転じる際に袖番号を返上する慣習がある)。ちなみに現在32原信一朗2005年採用)がつけている。

引退までアウトサイドプロテクターを使用し続けたが、立ちながら構える。

現在はプロ野球マスターズリーグで審判員を務めている(最年長審判でもある)。

谷村審判員が立ち会った有名な試合[編集]

関連項目[編集]