野球界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野球界(やきゅうかい)

  • 野球に関連する世界社会領域)。球界(きゅうかい)と略されることもある。
  • かつての日本の野球専門雑誌。本項参照。

野球界
THE YAKYUKAI
The Yakyukai magagine august 1956 issue Scan10004.JPG
『野球界』1956年8月号表紙。山内和弘と梶本隆夫
ジャンル スポーツ雑誌
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 博友社
刊行期間 1908年11月 - 1959年10月
特記事項 1.創刊当初の題号は『ベースボール』(『月刊ベースボール』)だった。
2.『野球界』の題号は、1911年9月発売号より。
3.1943年には『相撲と野球』、1944年には『相撲界』『国民体育』と改題していたこともあった。
4.1943年は、途中まで月2回刊。

野球界(やきゅうかい、THE YAKYUKAI)とは、1908年から1959年までの間に日本で発行していた、月刊野球専門雑誌である(一時月2回刊の時期もあった)。

歴史・概要[編集]

1908年11月、「ベースボール」(「月刊ベースボール」とも)の題号で野球研究会より創刊、当時は野球研究会が発行・博文館が発売を担当していた。1911年9月、博文館内で設立された野球界社に発行元を移行させ、「野球界」へ改題する形で新装刊された。

文字通り、野球を専門とする雑誌だったが、一方で国技であり野球と並ぶ人気スポーツだった相撲の記事にも力を入れており、大相撲の特集号を発行する事もあった。

1940年代前半頃の第二次世界大戦など戦争の激化により、1943年には相撲をタイトルに冠し「相撲と野球」(すもうとやきゅう)、1944年には「相撲界」(すもうかい)へとそれぞれ改題され、同じく1944年には「国民体育」(こくみんたいいく)と改題された。

その間、「相撲と野球」時代の1943年1月1日号より月2回刊(○月1日号・○月15日号)となったが、同年10月号(通算33巻19号)より月刊に戻った。同年12月号(通算33巻21号)より発行元を博文館へ移行。

戦後1947年10月号より再び野球界社に発行元を移行したが、1948年5月号から博友社に発行元を移行した。1959年に終刊。

その後、1980年代にはいって、ベースボール・マガジン社が、『Jam Jam野球界』という雑誌を発刊、若い有望な選手を紹介することを中心にしたが、長続きはしなかった。

編集者として活躍していた人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]