林安夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
林 安夫
Yasuo Hayashi.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県
生年月日 1922年4月3日
没年月日 1944年?
身長
体重
178 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1942年
初出場 1942年3月28日
最終出場 1943年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

林 安夫(はやし やすお、1922年4月3日 - 1944年?)は、愛知県出身のプロ野球選手投手)。弟は元プロ野球選手の林直明

来歴・人物[編集]

一宮中(現・一宮高)時代はスピードのある直球と抜群の制球力を駆使し、1941年選抜大会に準優勝。この年の選抜大会では、後にプロ野球選手になった別所昭(のち毅彦)や青田昇らも出場している。

1942年朝日軍に入団。プロでは変化球と制球力で勝負し、1年目に32勝22敗、防御率1.01で最優秀防御率のタイトルを獲得。また、シーズン投球回数541回と3分の1[1]、登板71試合[2]先発51試合、完投44試合[3]日本プロ野球記録を作る。このうち、投球回数と先発試合数のシーズン記録は現在も破られていない[4]。新人記録としても完投試合数はいまだに歴代1位である。一方、登板試合数も長らく新人記録であったが、2011年大原慎司横浜)に並ばれ、翌2012年に72登板した益田直也ロッテ)に更新されている。

当時は太平洋戦争中であり、職業野球(プロ野球)の先行きも不透明な状況下、林は故障を顧みずに連投するなど仕事である野球に全力を注いだという。1943年は前年の酷使の影響か、病欠もし登板数は減るものの、20勝を挙げる活躍をみせた。林は、1937年から1941年までBクラスだった朝日軍が1942年、1943年と続けてAクラス入りする原動力となった。

やがて応召し、1944年フィリピン方面に出征。戻ってくることはなく、戦死したと考えられている[5]。しかし、死亡日時や場所は現在に至るまで不明のままである[5]

東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前も刻まれている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1942 朝日軍 71 51 44 12 7 32 22 -- -- .593 2079 541.1 351 6 134 -- 4 145 1 0 105 61 1.01 0.90
1943 38 31 27 12 7 20 11 -- -- .645 1113 294.0 186 2 57 -- 2 94 0 0 41 29 0.89 0.83
通算:2年 109 82 71 24 14 52 33 -- -- .612 3192 835.1 537 8 191 -- 6 239 1 0 146 90 0.97 0.87
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPB記録

タイトル[編集]

記録[編集]

  • シーズン投球回数:541.1回(歴代1位)
  • シーズン先発数:51試合(歴代1位)
  • シーズン登板数:71試合(1リーグ時代最多)
  • シーズン完投数:44試合(別所昭に次いで歴代2位、新人歴代1位)
  • シーズン完封勝数:12試合(権藤博と並び新人歴代1位タイ[6]

背番号[編集]

  • 11(1942年 - 1943年)

脚注[編集]

  1. ^ 投球回 【シーズン記録】 400 投球回以上”. 歴代最高記録. 日本野球機構 (2009年). 2010年7月5日閲覧。
  2. ^ 登板 【シーズン記録】 70 登板以上”. 歴代最高記録 (2009年). 2010年7月5日閲覧。
  3. ^ 完投 【シーズン記録】 35 完投以上”. 歴代最高記録 (2009年). 2010年7月5日閲覧。
  4. ^ ベースボールマガジン、2011年11月号 P29
  5. ^ a b 早坂隆『戦場に散った野球人たち』文藝春秋、2014年、pp.179 - 180
  6. ^ 完封勝 【シーズン記録】 10 完封勝以上”. 歴代最高記録 (2009年). 2010年7月5日閲覧。

関連項目[編集]