桜井七之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桜井 七之助
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
生年月日 (1918-11-04) 1918年11月4日
没年月日 没年不明
身長
体重
170 cm
64 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手一塁手三塁手外野手
プロ入り 1936年
初出場 1936年4月29日
最終出場 1938年10月23日[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

桜井 七之助(さくらい しちのすけ、1918年11月4日 - 没年不明)は、神奈川県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手一塁手三塁手外野手

来歴・人物[編集]

神奈川工業学校在籍中は、快速球とカーブを兼ね備えた好投手として知られており、1935年夏の大会の甲神静大会予選では準決勝の静岡中学戦でノーヒットノーランを達成。決勝の甲府中学戦で五味芳夫(のち金鯱)と投げ合い、4-5で惜敗して惜しくも甲子園出場は成らなかった。

1936年大東京軍の結成に参加。1936年秋季シーズンでは開幕投手を務めるなど、チームの主戦投手として活躍した。しかし、同シーズンの大東京は歴史に残る大不振で、5勝21敗2引き分け(うち16連敗〈1リーグ時代の最多連敗記録〉がある)しか残せず、桜井自身も1勝[2]10敗、防御率5.20と散々な成績に終わった(最多敗戦投手及びリーグワースト防御率〈規定投球回達成者19人中〉でもあった)。同年9月18日大阪戦(甲子園球場)では8回完投したものの12与四球・17失点の日本プロ野球ワースト記録(当時)を樹立[3][4]。翌1937年9月12日の金鯱戦(後楽園球場)でも8回完投したが自身2度目の日本タイ記録となる12与四球を記録する[5]など、制球難に苦しんだ。坪内道典の著書によれば「140km台の速球を持っていたが、ボールの回転が素直でよく打たれた。しきりに投球姿勢と走者を気にして落ち着かなかった。」と、打者に読まれやすかった球種とマウンド度胸の無さを指摘されている[6]

投手登録ではあったが、1938年からは、ほぼ野手として出場。一塁を守ってキビキビしたプレーは中々人気があった。1939年まで現役を続けたが、1軍の試合に出場したのは1938年が最後である。1939年に引退した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1936春夏 大東京
ライオン
6 4 2 0 0 0 2 -- -- .000 128 31.1 30 2 30 -- 0 12 1 0 21 15 4.35 1.91
1936 12 8 6 0 0 1 10 -- -- .091 429 82.2 104 0 66 -- 2 27 2 0 83 48 5.20 2.06
1937 19 5 2 0 0 0 5 -- -- .000 352 72.0 87 0 44 -- 1 13 0 0 63 36 4.50 1.82
1937 20 7 1 0 0 2 3 -- -- .400 509 103.1 119 6 78 -- 2 40 5 2 82 67 5.80 1.91
通算:2年 57 24 11 0 0 3 20 -- -- .130 1418 289.1 340 8 218 -- 5 92 8 2 249 166 5.15 1.93
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大東京(大東京軍)は、1937年秋にライオン(ライオン軍)に球団名を変更

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936春夏 大東京
ライオン
9 18 14 4 0 0 0 0 0 0 1 -- 0 -- 4 -- 0 4 -- .000 .222 .000 .222
1936 15 47 36 4 12 0 3 0 18 9 1 -- 0 -- 11 -- 0 10 -- .333 .489 .500 .989
1937 19 33 31 0 6 2 0 0 8 2 0 -- 1 -- 1 -- 0 7 -- .194 .219 .258 .477
1937 30 78 75 9 20 6 1 2 34 16 0 -- 0 -- 3 -- 0 15 -- .267 .295 .453 .748
1938 34 133 123 10 22 3 1 1 30 10 1 -- 0 -- 9 -- 1 14 -- .179 .241 .244 .485
1938 6 10 9 0 0 0 0 0 0 1 0 -- 0 -- 1 -- 0 2 -- .000 .100 .000 .100
通算:3年 113 319 288 27 60 11 5 3 90 38 3 -- 1 -- 29 -- 1 52 -- .208 .283 .313 .596
  • 大東京(大東京軍)は、1937年秋季にライオン(ライオン軍)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 14 (1936年 - 1939年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 職業野球!実況中継(13年秋 ライオンvs名古屋 3回戦)
  2. ^ このシーズンの大東京軍で勝ち星を挙げた投手は、他に遠藤忠二郎(4勝5敗、防御率3.03)しかいなかった。
  3. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」634ページ
  4. ^ プロ野球歴代ゲーム記録 投手ゲーム記録('10年まで)
  5. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」619、635ページ
  6. ^ 職業野球!実況中継(14年 南海vsタイガース 8回戦)

外部リンク[編集]