神奈川県立神奈川工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
神奈川県立神奈川工業高等学校
Kanagawa Technical High School.jpg
過去の名称 神奈川県立工業学校
国公私立の別 公立学校
設置者 神奈川県の旗 神奈川県
設立年月日 1911年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程・定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 電気科・機械科・建設科・デザイン科(以上全日制)
電気科・機械科・建設科(定時制)
高校コード 14102A
所在地 221-0812
神奈川県横浜市神奈川区平川町19-1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
創立100周年記念碑
神奈川県立神奈川工業高等学校の位置(神奈川県内)
神奈川県立神奈川工業高等学校

神奈川県立神奈川工業高等学校(かながわけんりつかながわこうぎょうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市神奈川区に所在する公立工業高等学校

概要[編集]

1911年(明治44年)に開校した神奈川県立工業学校(旧制実業学校)を前身とする。神奈川県で最も歴史のある工業高校で、3万人をこえる卒業生がいる。「神工」(「かなこう」または「じんこう」)と略される。現在のハイビジョン方式へと繋がる電子式テレビ(「イ」をブラウン管に写した)の父といわれ、世界標準のビデオテープのVHS規格の策定にも影響を与えた高柳健次郎が、1921年(大正10年)から新任教師として勤務していた。電子式テレビの構想(無線遠視法)は、当校での勤務時代に培われた。

東急東横線東白楽駅から徒歩3分(学校のテニスコートの横に駅のホームがある)、JR京浜東北線横浜線東神奈川駅京急本線仲木戸駅から約10分。校舎は1995年(平成7年)完成の全館冷暖房完備10階建て(屋上に緊急救助スペース/ホバリングスペースまた、無線部のアンテナの鉄塔がある)で、二重自動ドアの玄関、3台のエレベータ(一台は非常用大型エレベータ)が設置されている。また、食堂、図書館、室内プール、トレーニングルーム、多目的ホール、弓道場は、神奈川県立神奈川総合高等学校(本校敷地内に併設されており、内部接続されている。)と共用となっている。4~10階にあるすべてのホームルーム教室からは南側のみなとみらい地区が一望でき、定時制の生徒はきれいな夜景や花火を見ながら、授業を受けている。全日制からは国公立大学への進学者もいる。特に、デザイン科は、前身の科も含めると、日本のファーブルとして有名な熊田千佳慕など、東京美術学校東京芸術大学へ多数進学している。また、野球部は甲子園出場経験こそないものの、夏の高校野球・神奈川大会で、1990年・2004年に準優勝している。

文化部では、無線部が全国大会に毎年進出している。マラソン大会・陸上競技大会などはないが、各科の学年を縦割りしたチームで競う体育祭は毎年盛況である。

平成29年度神奈川県公立高等学校一般募集共通選抜では全日制の機械科・電気科で定員割れが発生した

課程・学科[編集]

全日制定時制の2つの課程があり、全日制には電気機械建設デザイン、定時制には電気・機械・建設の各科がある。

全日制[編集]

機械科

機械に関する基礎・基本を確実に学び、新しい産業構造に対応できる創造性豊かな能力と確かな技術力を養う。特にメカトロニクス技術、情報処理技術、コンピュータ制御等の実験や実習を積極的に取り入れ、実践的な技術者の育成を目的としている。3年生の実習は選択制とし、個々の生徒の特性や進路にあった実習を行っている。また、課題研究の授業においては、1・2年生で学んだ事柄を基に、各自の興味・関心に基づく研究テーマを設定し、その問題解決に向けてグループ活動を行い、学年末にその取り組み状況・研究成果を発表している。さらに、ものづくり競技会への参加や支援、資格・検定取得にも積極的に取り組んでいる。

建設科

美しく安全で快適な建物をつくる事を目標として、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造の住宅、学校、図書館等の構造や計画を勉強しこれらの製図を描き、また自分で設計し完成した建物の透視図を描き模型を作る。建物を建築するには、敷地の測量から始まり木造、鉄筋コンクリートの実習、建築材料の実験、住環境に対する計画実験また図面化の1つとしてCAD等の実習を行い実社会に即応できる実習内容を用意している。さらに各大学等の設計コンクールに参加し優秀な成績を収めている。そして、将来1・2級の建築士として活躍できる事を目指している。

電気科

電気全般の基礎知識と、電気・電子・通信・情報処理等の技術の習得を目指して学ぶ。1学年では、電気や情報に関する技術の基礎を理論と理論と実習を通して学ぶ。2・3学年以降、コース別(電気コース・電子情報コース・普通科教科コース)に分かれ、電気技術の基礎を履修する。さらに、ものづくりコンテストへの参加や支援、資格、検定取得にも積極的に取り組んでいる。

デザイン科

ほぼ女子クラスで、1年次はデザインの基礎、2年次からはビジュアルデザイン、プロダクトデザイン、環境構成デザインを学び、課題研究では専門分野を絞り込んだ学習をしている。3年次には進路に対応できるように、選択科目を用意している。また、デザインに関する検定試験やコンペに取り組み、より実践的な学習をしている。そして、ポスターなどのコンクールでは、毎年優秀な成績をおさめている。IllustratorPhotoshopなどパソコンを用いた学習は少ないが、1年次より、ひとりひとりに専用の広い机や作業台があてがわれている。なお、コース制については2007年度入学生より廃止とし、必修科目は全員共通履修に変更された。

部活動[編集]

  • 運動部
    • 陸上競技部 野球部 サッカー部 ラグビー部 テニス部 ゴルフ部 ワンダーフォーゲル部 ハンドボール部 バスケットボール部 バレーボール部 バドミントン部 卓球部 水泳部 剣道部 柔道部 弓道部 相撲部 ダンス部
  • 文化部
    • アマチュア無線部(JA1YFQ) 映画研究部 音楽部 写真部 鉄道研究部 陶芸部 茶道部 ロボティクス部 クリエイション部 吹奏楽部 放送部
  • 同好会
    • ものづくり同好会 美術同好会 手芸同好会 イラスト漫画同好会 ソフトボール同好会

著名な卒業生[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 二渓会(神奈川工業高校同窓会) (2018年1月30日). “県立神奈川工業高校卒業生の紹介”. 2018年4月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]