高柳健次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高柳健次郎
別名 テレビの父
国籍 日本の旗 日本
生誕 1899年1月20日
静岡県浜名郡和田村
死没 1990年7月23日(満91歳没)
最終学歴 東京高等工業学校附設工業教員養成所
両親 父:高柳 太作
母:高柳 みつ
子供 高柳 俊
業績
専門分野 物理学
勤務先 日本ビクター
設計 テレビ伝送
成果 電子式テレビ受像機の開発
受賞歴 勲一等瑞宝章
テンプレートを表示
テレビ伝送実験装置の再現展示(NHK放送博物館)

高柳 健次郎(たかやなぎ けんじろう、1899年1月20日 - 1990年7月23日)は日本ビクター元副社長・技術最高顧問である。静岡大学名誉教授静岡県浜名郡和田村(今の静岡県浜松市東区安新町)に生まれた。テレビのと呼ばれる。


来歴・人物[編集]

戦前[編集]

静岡師範学校を経て1921年、東京高等工業学校(現・東京工業大学)附設工業教員養成所卒業。同年、神奈川県立工業学校(現・神奈川県立神奈川工業高等学校)教諭、1924年(大正13年)に浜松高等工業学校(現・静岡大学工学部)助教授となり「無線遠視法」(テレビジョン)の研究を本格的に開始する。

1926年12月25日、浜松高工にてブラウン管による電送・受像を世界で初めて成功した。送像側に機械式のニプコー円板と受像側に電子式のブラウン管を用いて、片仮名の「イ」の文字を送受像した。走査線の数は40本だった。「イ」の字はいろは順の最初の文字として選んだ。

1937年、NHKに出向し東京オリンピックのテレビ放送を目指してテレビ受像機の研究を本格的に開始。しかし1938年日中戦争が激化するなどで東京オリンピックは中止、テレビの研究も中断させられレーダーなどの研究をすることになる。

戦後[編集]

終戦後、NHKに戻ってテレビの研究を再開するがGHQの指令によりテレビの研究を禁止させられた。

その後、1946年に日本ビクターに高柳の弟子と共に入社。自身が中心となりNHK、シャープ東芝と共同でテレビ放送技術とテレビ受像機を完成させた。

1946年産官学共同でテレビ技術の研究開発を行う団体として組織されたテレビジョン同好会(1950年テレビジョン学会に改称)の委員長に就任。同学会はその後文部省認可の社団法人テレビジョン学会(1996年に社団法人映像情報メディア学会と改称)に改組された。同学会は初代会長・丹羽保次郎とともに健次郎の功績を記念して、優れた研究・業績に対する丹羽高柳賞を設定している。

なお、健次郎が初めて作ったテレビ受像機の復元品が日本ビクター久里浜技術センターにある記念館に展示されている。また、同一方式で送受信を再現する展示はNHK放送博物館港区愛宕)で見られる。

高柳の教え子には浜松ホトニクスの創業者・堀内平八郎松下電器製作所(現・パナソニック)の久野古夫などがいる。

浜松市中区城北にある静岡大学浜松キャンパス内に静岡大学高柳記念未来技術創造館があり、高柳の業績の一部が収蔵・展示されている。また、同館内には、IEEEマイルストーンの銘板、胸像がある。

2011年1月20日、誕生日を記念してGoogle日本版のホームページのロゴが特別バージョンとなった(画像)。

家族・親族[編集]

静岡大学工学部(かつての浜松高等工業学校)教授などを務めた生物学者吉村仁は、孫にあたる[1]

参考文献[編集]

  • 清水達也『未来をもとめてひたむきに-テレビ研究ひとすじに生きた高柳健次郎-』(PHP研究所

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 仲俣暁生「セミとモンシロチョウが教えてくれた進化の真実」『数理的発想法:Open Middleware Report Web:日立日立製作所

関連項目[編集]

外部リンク[編集]