電気学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般社団法人電気学会
The Institute of Electrical Engineers of Japan
略称 IEEJ
設立年 1888年(明治21年)
種類 電気工学
法人番号 5010005018560
地位 一般社団法人
本部 日本の旗 日本東京都千代田区五番町6-2 HOMAT HORIZONビル8階
位置 北緯35度41分23秒
東経139度44分06秒
公用語 日本語
会長 大西 公平
ウェブサイト 公式サイト

一般社団法人電気学会(いっぱんしゃだんほうじんでんきがっかい、英文名称:The Institute of Electrical Engineers of Japan、略称:IEEJ)は、1888年(明治21年)に電気学術の調査・研究と広報・普及を目的に創立された学会である。志田林三郎等によって創立され、初代会長には榎本武揚が就任した。会員数は約二万四千人。元文部科学省所管。

研究部門[編集]

研究組織は部門制をとっており5つの部門が存在する。

事業・活動[編集]

発表大会[編集]

電気学会では研究成果発表の場として、年1回全国大会とそれぞれの部門ごとに部門大会が開催されている。また、全国に9つある支部のなかには支部連合大会、研究会を開催する支部もある。

論文誌[編集]

毎月、電気学会誌とそれぞれの部門による論文誌が発行されている。2006年からは新たに共通英文論文誌も発行されている。また、電気・電子・情報通信工学に関する教科書、専門書などの書籍も多数発行されている。

研究活動[編集]

多くの調査専門委員会により様々なテーマの研究活動が行われている。研究会、シンポジウム、講演会等も多数行われている。

規格制定[編集]

学会内に設立された電気規格調査会(Japanese Electrotechnical Committee:JEC)により、日本の電気分野の標準化事業がおこなわれている。主な事業内容は電気規格調査会規格(JEC規格)の制定や、日本工業規格(JIS)内の電気分野、国際電気標準会議規格(IEC規格)の審議参加など。

でんきの礎[編集]

でんきの礎(いしづえ)は、2008年より気学会創立120周年を記念して、日本の電気工学の歴史的価値がある「モノ」、「場所」、「こと」、「人」を顕彰する制度である。サブタイトルは「振り返れば未来が見える」。毎年数件程度、公募などによって決定される。

歴代会長[編集]

  1. 榎本武揚(1888年 - 1908年)
  2. 林董(1908年 - 1911年)
  3. 中野初子(1911年 - 1913年)[1]
  4. 浅野応輔(1913年 - 1915年)
  5. 山川義太郎(1915年 - 1917年)
  6. 大井才太郎(1917年 - 1919年)
  7. 難波正(1919年 - 1920年)
  8. 鳳秀太郎(1921年 - 1922年)
  9. 中原岩三郎(1922年 - 1923年)
  10. 青柳栄司(1923年 - 1924年)
  11. 渋沢元治(1924年 - 1925年)
  12. 稲田三之助(1925年 - 1926年)
  13. 立原任(1926年 - 1927年)
  14. 中村幸之助(1927年 - 1928年)
  15. 太刀川平治(1928年 - 1929年)
  16. 山本忠興(1929年 - 1930年)
  17. 利根川守三郎(1930年 - 1931年)
  18. 高津清(1931年 - 1932年)
  19. 納富磐一(1932年 - 1933年)
  20. 荒川文六(1933年 - 1934年)
  21. 小平浪平(1934年 - 1935年)
  22. 本野亨(1935年 - 1936年)
  23. 秋山武三郎(1936年 - 1937年)
  24. 西健(1937年 - 1938年)
  25. 百田貞次(1938年 - 1939年)
  26. 梶井剛(1939年 - 1940年)
  27. 八木秀次(1940年 - 1941年)
  28. 瀬藤象二(1941年 - 1942年)
  29. 高尾直三郎(1942年 - 1943年)
  30. 正木良一(1943年 - 1944年)
  31. 鳥養利三郎(1944年 - 1945年)
  32. 馬場粂夫(1945年 - 1947年)
  33. 大山松次郎(1947年 - 1948年)
  34. 抜山平一(1948年 - 1949年)
  35. 星合正治(1949年 - 1950年)
  36. 丹羽保次郎(1950年 - 1951年)
  37. 尾本義一(1951年 - 1952年)
  38. 別宮貞俊(1952年 - 1953年)
  39. 安蔵弥輔(1953年 - 1954年)
  40. 石川潔(1954年 - 1955年)
  41. 駒形作次(1955年 - 1956年)
  42. 山下英男(1956年 - 1957年)
  43. 古賀逸策(1957年 - 1958年)
  44. 一本松珠璣(1958年 - 1959年)
  45. 渡辺寧(1959年 - 1960年)
  46. 後藤以紀(1960年 - 1961年)
  47. 大西定彦(1961年 - 1962年)
  48. 福田節雄(1962年 - 1963年)
  49. 林重憲(1963年 - 1964年)
  50. 井上五郎(1964年 - 1965年)
  51. 阪本捷房(1965年 - 1966年)
  52. 大谷元夫(1966年 - 1967年)
  53. 埴野一郎(1967年 - 1968年)
  54. 高井亮太郎(1968年 - 1969年)
  55. 大槻喬(1969年)
  56. 山田直平(1969年 - 1970年)
  57. 駒井健一郎(1970年 - 1971年)
  58. 篠原卯吉(1971年 - 1972年)
  59. 平井寛一郎(1972年 - 1973年)
  60. 鳳誠三郎(1973年 - 1974年)
  61. 吉山博吉(1974年 - 1975年)
  62. 山村昌(1975年 - 1976年)
  63. 田中直治郎(1976年 - 1977年)
  64. 宮地巌(1977年 - 1978年)
  65. 関四郎(1978年 - 1979年)
  66. 上之園親佐(1979年 - 1980年)
  67. 堀一郎(1980年 - 1981年)
  68. 宮入庄太(1981年 - 1982年)
  69. 佐波正一(1982年 - 1983年)
  70. 岡村総吾(1983年 - 1984年)
  71. 藤森和雄(1984年 - 1985年)
  72. 関口忠(1985年 - 1986年)
  73. 阿部榮夫(1986年 - 1987年)
  74. 山中千代衛(1987年 - 1988年)
  75. 松岡實(1988年 - 1989年)
  76. 関根泰次(1989年 - 1990年)
  77. 青井舒一(1990年 - 1991年)
  78. 家田正之(1991年 - 1992年)
  79. 三井恒夫(1992年 - 1993年)
  80. 茅陽一(1993年 - 1994年)
  81. 岡久雄(1994年 - 1995年)
  82. 尾出和也(1995年 - 1996年)
  83. 岩崎克己(1996年 - 1997年)
  84. 正田英介(1997年 - 1998年)
  85. 太田宏次(1998年 - 1999年)
  86. 秋月影雄(1999年 - 2000年)
  87. 沢邦彦(2000年 - 2001年)
  88. 原島文雄(2001年 - 2002年)
  89. 種市健(2002年 - 2003年)
  90. 深尾正(2003年 - 2004年)
  91. 川村隆(2004年 - 2005年)
  92. 長谷川淳 (工学者)(2005年 - 2006年)
  93. 野嶋孝(2006年 - 2007年)
  94. 仁田旦三(2007年 - 2008年)
  95. 田井一郎(2008年 - 2009年)
  96. 松瀬貢規(2009年 - 2010年)
  97. 藤本孝(2010年 - 2011年)
  98. 大久保仁(2011年 - 2012年)
  99. 柵山正樹(2012年 - 2013年)
  100. 日高邦彦(2013年 - 2014年)
  101. 生駒昌夫(2014年 - 2015年)
  102. 大西公平(2015年 - 2016年)
  103. 田中幸二(2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 中野初子 なかの はつね国立国会図書館

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]