名誉博士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

名誉博士(めいよはくし)とは、各国の国内法ないし各大学が規則により定める学位に類する学術称号である。但し、学校教育法上の博士の学位とは異なり、大学の自治に基づき大学が独自に定めた名誉称号である[1]。名誉学位ともいい、名誉修士名誉学士の上位にある称号である。

概要[編集]

大学間の交流などにより研究者に贈られることも珍しくないが、国家元首や皇族・王族、政治家、外交官をはじめ著名な文化人など学界以外の人物に贈られることも多い。社会的な活動を認められての授与が大半であり、創価学会名誉会長池田大作が外国の大学から多数の名誉博士号を授与されている。

また、実業家松下幸之助同志社大学早稲田大学慶應義塾大学から名誉博士号を授与されていた。日本の皇族では皇太子徳仁親王英国ケンブリッジ大学より名誉法学博士を受けているのをはじめ、秋篠宮文仁親王タイの複数の大学より名誉博士号を贈られている。 京都大学では主に外国人研究者に名誉博士号を贈呈している一方[2]、私立大学では国内外の政財界はじめ著名な人物に贈ることが多く、慶應義塾大学ではフランス大統領のジャック・シラクブータン国王ジグミ・ケサル・ナムギャル・ワンチュクなど国家元首や政治家、研究者などに広く贈呈しており[3]早稲田大学などでも日本の内閣総理大臣石橋湛山(卒業生でもある)や米国副大統領アル・ゴア画家平山郁夫ソニー名誉会長で同大学校友井深大トヨタ豊田章一郎らに贈っている[4]。また国公立大学でも鹿児島大学九州大学京都工芸繊維大学では、実業家の稲盛和夫に名誉博士号を授与している。2013年11月7日にはフランス料理人の三國清三が、フランスのトゥール大学より、「美食学」の名誉博士号を[5]、2015年7月にはハイヒールのハイヒール・リンゴが大阪学院大学から経済学の名誉博士号を、それぞれ受けている[6]

脚注[編集]

  1. ^ 国際教養大学では、名誉称号の一種として、名誉博士号を規定している。国際教養大学ウェブサイト「国際教養大学名誉称号授与規程 (PDF) 」参照。
  2. ^ 京都大学ウェブサイト京都大学名誉博士参照。
  3. ^ 慶應義塾大学ウェブサイト慶應義塾大学名誉博士称号受称者一覧参照。
  4. ^ 早稲田大学ウェブサイト早稲田大学名誉博士学位贈呈者一覧参照。
  5. ^ この名誉学位は「フランスの美食術」がユネスコ文化遺産に登録されたのを機に創設されたもの。「三国シェフに名誉博士号」『読売新聞』2013年11月9日東京朝刊38頁参照。
  6. ^ 2010年から國定浩一の下で聴講生として学び、得た知識を元に情報番組で経済学について易しく伝えたと評価された。同大学での授与者は初代総長・白井種雄以来40年ぶり・2人目。「博士と呼んで」 漫才コンビ・ハイヒールのリンゴさん 朝日新聞2015年7月3日。

参照文献[編集]

報道資料[編集]

  • 『読売新聞』2013年11月9日東京朝刊

外部リンク[編集]

関連項目[編集]