丹羽保次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NE式写真電送装置(ファクシミリ)の送信装置。国立科学博物館の展示。
NE式写真電送装置(ファクシミリ)の受信装置。国立科学博物館の展示。

丹羽 保次郎(にわ やすじろう、1893年明治26年)4月1日 - 1975年昭和50年)2月28日)はNE式写真電送装置を開発した技術者。東京電機大学初代学長。日本の十大発明家の一人として数えられることもある。従三位勲一等工学博士。三重県松阪市名誉市民(第1号)。

三重県松阪市出身。1916年に東京帝国大学工科大学電気工学科を卒業後、逓信省電気試験所を経て1924年6月日本電気に入社。同年から翌1925年末にかけ欧米へ最新の通信技術を学びに視察。1926年2月工学博士。学位論文の題は「矩形枠捲線輪特ニ其誘導系数ノ計算方法ニ関スル研究」 帰国後、同社の研究開発体制の強化を担当し1927年技術部長となる。写真電送の研究に取り組み始め、小林正次と共にNE式写真電送装置を完成。これは大阪毎日新聞社に採用され、1928年の昭和天皇即位大礼の写真電送に使用された。翌1929年には東京伊東間での長距離無線写真電送の実験に成功する。

1939年には新設の研究所の初代所長に就任し電波探知機などの研究を指揮したが、第二次世界大戦後の混乱と経営難で研究所は1949年閉鎖された。

1949年に東京電機大学初代学長に就任。1955年社団法人テレビジョン学会初代会長に就任。1959年に文化勲章受章、1971年には勲一等瑞宝章を授与される。

1975年2月28日死去。叙従三位。

参考文献[編集]

関連項目[編集]