關家良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
關家 良一
2009 SCUltraMarathon Closing Hwang and two Champions.jpg
關家良一(左)、2009年東呉ウルトラマラソン(優勝)にて
個人情報
生誕 (1967-02-12) 1967年2月12日(54歳)
相模原市, 神奈川県
身長183センチメートル (6 ft 0 in)
スポーツ
日本の旗 日本
競技マラソンウルトラマラソン
 
獲得メダル
日本の旗 日本

關家 良一(せきや りょういち、1967年2月12日 - )は神奈川県相模原市出身の、日本を代表するウルトラマラソンランナーである。本職は機械加工メーカーの技術者。24時間走の現アジア記録保持者(274.884km、2007年東呉国際ウルトラマラソン(台北)にて記録)であり[1]、24時間走の世界選手権において、同種目最多の4回優勝している[2]

IAU(インターナショナル・アソシエーション・オブ・ウルトラランナーズ)公認大会である東呉国際ウルトラマラソン(台北)では、2001年および2005年から2012年(2006年は不開催)の8回にわたり優勝している。ギリシャで行われるスパルタスロンにおいても2002年と2009年の2度にわたり優勝している。[3][4][5][6]

2004年8月11日放送のトリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜フジテレビ)内のコーナー「トリビアの種」での「手紙をポストに入れるより、自分で走って届けた方が早い距離は○○km」の企画にて、マラソンランナーとして東京都日本橋から静岡県島田市までの220kmを24時間16分で走破した。

大会 会場 結果 種目 補足
日本の旗 日本の競技者
2008 世界選手権 大韓民国の旗 ソウル 優勝 24時間走 273.366キロメートル (169.862 mi)
2007 世界選手権 カナダの旗 Drummondville 優勝 24時間走 263.562キロメートル (163.770 mi)
2006 世界選手権 中華民国の旗 台北
優勝 24時間走 272.936キロメートル (169.595 mi)
2004 世界選手権 チェコの旗 Brno 優勝 24時間走 269.085キロメートル (167.202 mi)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]