阿部進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阿部進
ペンネーム カバゴン
誕生 (1930-06-11) 1930年6月11日
神奈川県川崎市
死没 (2017-08-10) 2017年8月10日(満87歳没)
職業 小説家評論家
ジャンル 教育、健康
代表作 現代っ子採点法、現代子ども気質
テンプレートを表示

阿部 進(あべ すすむ、1930年6月11日 - 2017年8月10日[1])は、教育評論家

略歴[編集]

神奈川県川崎市出身。神奈川県立神奈川工業高等学校(機械科)・横浜国立大学学芸学部特殊教員養成課程卒。川崎市内で小学校教諭を務めたあと、1964年(昭和39年)に教職を退き、創造教育センターを設立し野生学園を主宰。1980年(昭和55年)には児童文化の活性化を目標に劇団はかせを主宰。麻布科学実験教室を創設。評論家の道へ進む。

カバゴン」を自称し、高度経済成長期から現在まで精力的に教育活動をさかんにおこなっている。現在でも使われる「現代っ子」は、1962年の阿部の造語。[2]

「カバゴン」は、『日清ちびっこのどじまん』に出演した際に、番組での視聴者からの公募の結果選ばれたものである。投票結果の1位は「ブタゴン」だったが、ブタエースコックを連想させるため、同番組のスポンサーである日清食品に配慮し、2位だった「カバゴン」に決定した[3]。 また番組内では、「怪獣カバゴン」という持ち歌があった。

1970年代には漫画雑誌週刊少年ジャンプにコラムを連載し、当時、同誌に連載され、PTAから厳しく糾弾された漫画『ハレンチ学園』を擁護した。それが縁で、『ハレンチ学園』がテレビドラマ化された時には次回予告に登場したこともあった。

その後、旧・ポピー(現・バンダイ)から発売された超合金のパッケージ裏面に親に向けたメッセージを掲載したり、TBSラジオ全国こども電話相談室の回答者として登場するなど、子ども向けのメディアに精力的に関わっていった。

知的障害児の親の会「手をつなぐ親の会」の結成にも関わる。

一時期、体重が100kg近くあり、血糖値も高く、失明寸前にまで追い込まれたことがあったが、医師・三木一郎の指導により、1日当たり3.6ℓ~5ℓのミネラル水と、海水から作った天然塩を1日25g摂取するという「塩水療法」を取り入れる。これにくわえ毎日1万歩程度の散歩小松菜ジュースを飲むことで、失明寸前から病状を改善することに成功した。[4]

2017年8月10日胃がんのため死去[1]。87歳没。

著書[編集]

教育[編集]

  • 『教師の条件—人間づくりの道 』明治図書出版, 1958年
  • 『特殊学級指導記録』 明治図書出版, 1960年
  • 『現代子ども気質』新評論, 1961年
  • 『現代っ子採点法—親があっても子は育つ三一書房, 1962年
  • 『こども対おとな—マスコミのなかの現代っ子』三一書房,1962年
  • 『わが子に強くなりたい親へ』明治図書出版, 1962年
  • 『現代っ子教育作戦』国土社, 1963年
  • 『現代っ子教育法—しつけかた・伸ばしかた』講談社,1963年
  • 『子どもはここまで知っている—性教育はこれでいいのか』有紀書房, 1964年
  • 『学校教育の疑問に答える』三一書房,1965年
  • 『問題持つ子の教育相談』明治図書出版, 1965年
  • 『わが子の個性発掘』徳間書店, 1966年
  • 『幼児のちえあそび』三一書房, 1967年
  • 『おやじにまかせろ—阿部進の教育原論』文化放送, 1968年
  • 『われらにとって教育とはなにか—対話』潮文社, 1968年
  • 『阿部進のちびっ子教室』三一書房, 1969年
  • 『勇気ある教育—おやじはわが子の生活に割り込め』毎日新聞社, 1969年
  • 『「なぜ?なぜ?」こどもの性教育—困っているママのための一問一答』明文社,1970年
  • 『われらにとって教育とはなにか』潮文社,1972年
  • 『子どもを知らない親たち—子どもたちに何を教えるか』日本経済通信社, 1976年
  • 『子ども・野生への解放—カバゴンの家庭教育』住宅新報社, 1976年
  • 『3歳までに決まる—0歳からの新子育て学』KABA書房, 1978年
  • 『6歳までに伸ばす—4歳からの新子育て学』KABA書房,1978年
  • 『1日10分勉強法—学校でダメにさせられた子どもがよみがえる』KABA書房, 1978年
  • 『入学までに教える—知恵を開く第一歩』KABA書房,1979年
  • 『遊びを広げる紙工作』KABA書房,1979年
  • 『勉強好きにする家庭作戦—一年生で勝負は決まる』学習研究社, 1980年
  • 『わたしの動物園』KABA書房,1981年
  • 『大志と野望—ウィリアム・スミス・クラークの足跡をたずねて』KABA書房 1981年
  • 『阿部進おもしろ授業—国語がルンルン実況現場』KABA書房, 1983年
  • 『うめきちおんや?』KABA書房, 1983年
  • 『うめきちまってて』KABA書房,1983年
  • 『ゆめみるラッコ ― シアトルからの海のたび』KABA書房,1983年
  • 『おふうたいそうできちゃうもん』KABA書房,1984年
  • 『カバゴンの工作教室』日東書院本社,1984年
  • 『カバゴンの紙工作』日東書院本社,1984年
  • 『おふうのいちにち』KABA書房, 1984年
  • 『血液型気質別教育法—目からウロコが落ちるわが子発見法』KABA書房, 1985年
  • 『カバゴンの放課後楽校—とにかく、おもしろくなくちゃァいけない』新評論, 2008年
  • 『気質に見合った人の伸ばし方』
  • 『いま語る戦後教育』
  • 『みんなでつくる「総合的な学習の時間」』
  • 『保育者よわが園児にのめり込め』
  • 『知恵は3歳までに決まる』
  • 『子どもをダメにするしつけ』
  • 『才能を4~5歳までに伸ばす』
  • 『子育てSOS!』
  • 『入学までにこれだけは教えたい』
  • 『子育てに野生をとり戻せ』

健康[編集]

  • 『癌からの生還—M式免疫療法の秘密』三一書房, 1997年
  • 『血液型気質別教育法』
  • 『やせて元気になる食事—糖尿病からの「ズバリ生還食」大公開』KABA書房,1993年
  • 『糖尿病からの生還—1日25グラムの塩が、僕の命を救ってくれた!』新風舎, 2004年

ディスコグラフィー[編集]

作詞:保富康午、作曲:藤家虹二。B面はちびっこコーラスの「ちびっこマーチ」

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 阿部進さん87歳=教育評論家 「カバゴン」で人気”. 毎日新聞 (2017年8月12日). 2017年8月12日閲覧。
  2. ^ 日本教育新聞2007年5月28日日本教育新聞
  3. ^ 田埜哲文『ひみつのアッコちゃんのコンパクトはなぜ…』徳間書店、1993年、198-200頁。ISBN 4195551331
  4. ^ 「かばごん」 阿部進さんの塩水療法

外部リンク[編集]