ハレンチ学園 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハレンチ学園 > ハレンチ学園 (テレビドラマ)
ハレンチ学園
ジャンル 学園ドラマ
放送時間 木曜19:30 - 20:00
(1971年1月1日のみ金曜18:30 - 19:00)(30分)
放送期間 1970年10月1日 - 1971年4月1日(27回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 東京12チャンネルピロ企画日活
企画 ダイナミックプロ
監督 丹野雄二、柴田米幸、飯塚二郎、柳瀬観
原作 永井豪
脚本 久保田圭司、鴨井達比古
プロデューサー 丹野雄二(ピロ企画)、前田兼利(日活)、近藤伯雄(東京12ch)
出演者 児島美ゆき
大辻伺郎
小林文彦ほか
オープニング 「ハレンチ学園ソング」(河崎いち子とヤング・フレッシュ
エンディング 同上
テンプレートを表示

ハレンチ学園(はれんちがくえん)は1970年10月1日から1971年4月1日まで、東京12チャンネル(現在のテレビ東京)で放送されていた学園ドラマで、毎週木曜夜7:30 - 8:00まで30分間放送していた。全27回。

概要[編集]

原作は永井豪作の漫画『ハレンチ学園』である。ヒゲゴジラ、マルゴシらスケベな先生が登場して、「十兵衛」ら生徒とハレンチな騒動を繰り広げる話が最終回まで続けられていった。

映画・テレビ版とも主人公「十兵衛」を演じた児島美ゆきは一躍人気者となり、彼女はこれと次番組『ワンパク番外地』の主演を経て、当時の人気バラエティ番組『TVジョッキー』(日本テレビ放送網)の初代アシスタントを皮切りに、女優・タレントとして数々のテレビ番組に出演するようになった。また出演者では教育評論家として名を馳せ、原作のジャンプ・コミックスの解説も書いていた阿部進(カバゴン)による毎回の次回予告も売りであった。阿部が次回の内容を視聴者に友達口調で語りかけ、「我らがハレンチ学園、オー!」と声を上げるスタイルは、反体制のポーズがある種ファッションであった当時の世相を反映したものとなっている。

原作がPTAからクレームがついた漫画のため、「低俗番組」とクレームがつけられていたが、初回視聴率が25%、最高視聴率32%を記録している。これはテレビ東京歴代ドラマ番組最高視聴率であると同時に1993年のドーハの悲劇の中継の視聴率(48.1%)が塗り替えるまで、同局の歴代の最高視聴率でもあった。その人気から当初関東ローカルでスタートした番組も回を重ねるうちにネット局が増えていった。

なお、オープニング・エンディングはクレジットによると、ダイナミックプロ作画(担当者不明)によるアニメーション。連載時の永井豪のイラストやコマ絵を元に起こされた名場面集で、事実上初めて永井豪の絵がアニメ化された作品でもある。

原作との相違点[編集]

  • 原作が小学校という設定なのに対し、テレビドラマ版では中学校という設定で、生徒は制服を着ていた。
  • 原作では「親分」こと山岸君が主人公なのに対し、テレビドラマ版では原作では脇役の「十兵衛」こと柳生みつ子が主人公という設定で進んでいった。
  • 「ヒゲゴジラ」の本名が原作では吉永さゆりだったのに対しテレビドラマ版では吉永百合夫と変更されていた。
  • 最終回では原作とは違い全員“戦死”しなかった。(原作では「ハレンチ大戦争」で一度ほぼ全キャストが戦死している。)

キャスト[編集]

サブタイトル[編集]

  1. トイレット作戦の巻
  2. 家庭訪問の巻
  3. 身体検査
  4. マカロニ登場の巻
  5. ママゴン来る!の巻
  6. カンニング大作戦の巻
  7. 氷人間の巻
  8. ハレンチ旅行の巻
  9. 女の先生の場合はの巻
  10. 宝さがしの巻
  11. 宿題はイヤヨ!の巻
  12. ハード・トレーニングの巻
  13. 学芸会の巻
  14. 新春ドバドバ大会
  15. おこづかいガバチョの巻
  16. 校庭大安売りの巻
  17. ハレンチ・スパルタ教育の巻
  18. まいどおやかましゅの巻
  19. 偉い人はウソをつかないの巻
  20. ズッコケ飛行船の巻
  21. ガッポリかせごうの巻
  22. オー・ビューティフルの巻
  23. 校長が帰って来た!の巻
  24. 十兵衛結婚の巻
  25. ハレンチ新入生の巻
  26. 性教育の巻
  27. バンザイ・ハレンチ学園の巻

第14回「新春ドバドバ大会」は、1970年12月31日に年末特番『なつかしの歌声』(19:00 - 21:54)が編成されたため、翌1971年1月1日金曜日)の18:30 - 19:00に差し替え放送、そしてその内容も特別企画(恐らくバラエティ)であるため、後年の再放送(地上波やCS放送)では「欠番」とされ放送されない。

スタッフ・主題歌[編集]

スタッフ
主題歌
  • 「ハレンチ学園ソング」(作詞:永井豪)
  • 「男十五はハレンチ仁義」(作詞:阿久悠
2曲ともに、作曲:山本直純、歌:河崎いち子とヤング・フレッシュ
番組では、OP・EDとも「ハレンチ学園ソング」が使われる(映像も同じ)


放送局[編集]

ほか

脚注[編集]

  1. ^ 中国新聞縮刷版1971年4月3日号テレビ欄にて確認。
東京12チャンネル 木曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
ボウリング・パンチ!
ハレンチ学園