サンテオレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社サンテオレコーポレーション
Sante Ole Corporation
Santeore.jpg
サンテオレの店舗
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 サンテオレ
本社所在地 日本の旗 日本
151-0053
東京都渋谷区代々木1-32-2
設立 2006年3月
業種 小売業
事業内容 ハンバーガー・チェーンの経営
代表者 川名文大(代表取締役社長
資本金 1,000万円
外部リンク サンテオレコーポレーション
テンプレートを表示

サンテオレは、株式会社サンテオレコーポレーションが運営するファーストフードチェーン。以前のブランド名は、明治サンテオレであり、乳業メーカーである明治乳業(現・明治)傘下である明治サンテオレ株式会社(のちに東京明治フーズ株式会社に吸収合併)が運営していた。

概要[編集]

日本の資本自由化を背景に、外資や国内企業が相次いで70年代にハンバーガー業界に進出を行う最中、明治乳業も『明治サンテオレ』として1973年7月に第1号店がオープンした[1]

その後は明治乳業の流通網を活かして、レジャー施設や商業施設を中心に店舗を展開[2]1995年3月に100店舗を突破した[1]。100店舗目は「富士急ハイランド駅前店」で、富士急行がオーナーだった[3]

しかしながらマクドナルドロッテリアによる低価格化路線の余波を受け[1]、一時期ハンバーガーの値引きや[4]、国産の野菜と肉を使った新メニューの開発[5]、新業態の『バーガーバー』のオープン[1] などで対抗を試みたものの、最終的には店舗が激減した。

2003年、本部である明治サンテオレ株式会社東京明治フーズ株式会社に吸収合併された。その後、東京明治フーズの公式サイトによれば、2006年にサンテオレ事業を譲渡したとある。これによって、当時の明治乳業グループから離脱し、現在では株式会社サンテオレコーポレーション(2006年3月設立[6])が店舗の運営を行っている。

沿革[編集]

  • 1973年7月 第一号店がオープン。
  • 1995年3月 店舗数が100店舗を突破。
  • 2003年 明治サンテオレ株式会社が東京明治フーズ株式会社に吸収合併。
  • 2006年 東京明治フーズ株式会社がハンバーガー事業を株式会社サンテオレコーポレーションに譲渡。

メディアへの登場[編集]

店舗一覧 (2016年7月現在)[編集]

千葉県
勝田台店 (八千代市、勝田台駅構内)
東金店(東金市サンピア1F)
横芝店(山武郡横芝光町、サビア横芝1F)
成東店(山武市、メガドンキ成東1F)
神奈川県
日本大通り駅店(横浜市中区
群馬県
伊勢崎店(伊勢崎市イトーヨーカドー伊勢崎店内)
茨城県
高萩イオン店(高萩市
新潟県
村上店(村上市
十日町シルクモール店(十日町市
上越アコーレ店(上越市

かつて存在した主な店舗一覧[編集]

町田山崎店(2013年1月31日閉店)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]