たけのこの里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たけのこの里

たけのこの里(たけのこのさと)は、株式会社明治が製造・販売しているチョコレートスナック菓子。期間限定商品も発売される。1979年昭和54年)に当時の明治製菓から発売された。きのこの山の姉妹品。

特徴[編集]

中身はクッキー。外側にチョコレートのコーティングがかかっており、このチョコレートはミルクチョコレートとビターチョコレートの二層になっている。きのこの山と比べ、内容量は若干少ない。きのこの山に比べ、一粒のチョコレートの量は若干少ない。

パッケージ[編集]

  • 箱の外側には竹やぶのある農村風景が描かれている。

たけのこの里 vs きのこの山[編集]

姉妹品であるたけのこの里ときのこの山は、どちらが人気があるのかがしばしば競われる。

2005年時点の発売元への取材によれば、たけのこの里の売り上げがきのこの山を若干上回っていた[1]。また、2013年の家計簿アプリの購買データ分析に基づく調査では、たけのこの里がきのこの山のほぼ倍と大差を付けた[2]。2015年11月に行われたAmazonでの売上げを競うイベントでも、たけのこの里が勝利した[3]

一方、2013年4月に公表されたYahoo! JAPANでの検索数では、きのこの山がたけのこの里を上回った[4][5]。また、アメリカ合衆国Amazon.comのカスタマーレビューでもきのこの山がより多くの高評価を集めている[6]

その他[編集]

  • 柏レイソル所属のサッカー選手、太田圭輔[7]、雑誌『Hana*chu』の読者モデル・田口ひとみ、漫才コンビトータルテンボス大村朋宏、男子水泳銅メダリスト・立石諒の大好物である。
  • きのこの山と同様、アメリカでは名称とパッケージデザインを変えて販売しており、たけのこの里は『CHOCOCONES(チョココーンズ)』という名前で販売されている。パッケージデザインは日本版に比べ大人向けのデザインとなっている。(同社のアーモンドチョコレートに似たパッケージ)。日本国内で製造したものの輸出品である[8]

関連項目[編集]

  • きのこの山
  • すぎのこ村
  • ハナヤマ - 玩具メーカー。明治とのタイアップで『たけのこの里』パズルゲームを発売した。
  • 太鼓の達人 - 期間限定でたけのこときのこを競いあう『きのたけ合戦』を実施した。また、たけのこの里の着せ替えも登場している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]