すぎのこ村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

すぎのこ村(すぎのこむら)は、明治製菓(現:明治)が1987年昭和62年)から1988年昭和63年)にかけて製造・販売していた[1]チョコレートスナック菓子2005年平成17年)に、期間限定で復刻販売されたことがある[2]。 2000年代には「ラッキーミニアーモンド」という名前で販売されていたこともある。

特徴[編集]

発売されていた期間が短いことも有り、世間一般の知名度は低いが、きのこの山たけのこの里の隠れた兄弟でもあり、すぎのこ村も加わったCM動画も放送されていた。

棒の部分はビスケットであり、アーモンドがぎっしり詰まったミルクチョコレートがかけられているという、スギの木をイメージした菓子だった。

脚注[編集]

  1. ^ 2012年3月19日放送「ネプリーググランプリ」(フジテレビ)より
  2. ^ “きのこ♪たけのこ♪すぎのこ? すぎのこ村の数奇な運命”. 朝日新聞DIGITAL. (2016年1月6日). オリジナルの2016年3月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160321195952/http://www.asahi.com/articles/ASHDG66DXHDGUEHF01L.html 

関連項目[編集]