マクビティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マクビティ
McVitie's
McVities Mini Cheddars (Original and BBQ) with bags.jpg
英国で販売されている「Mini Cheddars」
(スナックビスケット)
販売会社 ユナイテッド・ビスケット社
種類 菓子
販売開始年 1839年
完成国 イギリスの旗 イギリス
関係する人物 ロバート・マクビティ(創業者)
外部リンク マクビティ|公式(日本語)
テンプレートを表示

マクビティ (McVitie's) は、イギリスユナイテッド・ビスケット社が所有するビスケット商標である。

起源・歴史[編集]

マクビティブランドは1830年にロバート・マクビティ (Robert McVitie) がスコットランドエディンバラにおいて、パンの製造販売所として開業したのが始まり。最初のビスケットは、1839年に当時新入社員だったアレクサンダー・グラント (Alexander Grant) によって開発されたマクビティ・ダイジェスティヴ・ビスケット (McVitie's Digestive) である。消化作用のあるビスケットとしては、このとき世界初だった。この名前は、高い消化作用がある重曹が多く含まれていることから名付けられた。

今日最も親しまれている種類である、片面にチョコレートが塗布されているビスケットは、1925年に作り出された。本国イギリスでは、年間7100万パッケージ以上の売り上げがあり、秒間およそ52枚の割合で食べられている。

他にも1985年には、多くのシリアルドライフルーツを混ぜ込んだホブノブ味が、1987年にはミルクチョコレート味も発売された。

日本での販売[編集]

工場

1973年日本では明治が発売を開始。2019年8月迄の46年間、国内での販売を行っていた。(かつては明治製菓とユナイテッド・ビスケット社の合弁会社「明治マクビティ」[1]から発売され、後に明治製菓に移行)。

2019年明治が製造・販売を終了。

2019年:菓子卸 山星屋のグループ会社である菓子の企画・製造・販売を行うモントワールが、マクビティ商品の中で、日本初上陸となる「THINS(シンズ)」、「Nibbles(二ブルズ)」の販売を開始。[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]