ダイジェスティブビスケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダイジェスティブ ビスケット
Digestive biscuit
Bowl of digestive biscuits.jpg
別名 Wheaten, sweet-meal biscuit
種類 ビスケット
発祥地 Forres, Scotland
主な材料 小麦粉, 砂糖, 麦芽エキス, バター (菜食主義乳糖不耐症の人のため、バターでなく植物油に変える場合がある), 全粒粉, 膨張剤類 (通常 重曹, 酒石酸リンゴ酸),
テンプレートを表示

ダイジェスティブ ビスケット(英語:Digestive biscuit)とは、1839年に二人のスコットランド人医師が開発した消化に良い甘みのあるビスケットである[1]

ダイジェスティブ(消化性)と名付けられたのは、最初に作られた際に制酸薬として機能する重曹を入れていたことによる[2]。歴史的に、焼く前に小麦粉中に存在するデンプンをデンプン分解酵素で「消化(digest)」させた麦芽エキスを使用した生産者もいた[3][4]

1892年に大規模生産されるようになり、チョコレートを加えたビスケットは1925年に製造されるようになった。熱い紅茶に浸して食べるのが、名誉ある伝統的な食べ方である[1]

出典[編集]

参考文献
  • Emerick, Geoff; Massey, Howard (2006). Here, There and Everywhere My Life Recording the Music of The Beatles. New York: Penguin Books. ISBN 978-1-59240-179-6 

関連項目[編集]

ビスケット