明治機械

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
明治機械株式会社
Meiji Machine Co., Ltd.
明治機械本社(千代田ビル)
明治機械本社(千代田ビル)
種類 株式会社
市場情報
東証2部 6334
1949年5月16日上場
本社所在地 日本の旗 日本
101-0046
東京都千代田区神田多町二丁目2番地22
設立 1925年大正14年)8月20日
(株式会社山越工場)
業種 機械
法人番号 2010001030563
事業内容 産業機械関連事業
代表者 河野 猛(取締役社長)
資本金 16億573万3千円
発行済株式総数 950万2,636株
売上高 連結:44億7259万2千円
単独:33億745万3千円
(2014年3月期)
営業利益 連結:△2億2201万1千円
単独:△1億3478万6千円
(2014年3月期)
経常利益 連結:△2億3734万3千円
単独:△1億2747万8千円
(2014年3月期)
純利益 連結:△3億8315万8千円
単独:△2億6684万1千円
(2014年3月期)
純資産 連結:11億7251万9千円
単独:13億291万9千円
(2014年3月31日現在)
総資産 連結:44億1593万4千円
単独:37億2876万4千円
(2014年3月31日現在)
従業員数 連結:179人 単独:91人
(2014年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 エヌ・ティ・ティ・システム開発 3.06%
セコニック 2.45%
セコニックホールディングス 2.17%
(2014年3月31日現在)
主要子会社 明治機械(徳州)有限公司 100%
外部リンク http://www.meiji-kikai.co.jp/ (日本語)
テンプレートを表示

明治機械株式会社(めいじきかい)は、日本の機械メーカー。

概要[編集]

粉砕機をはじめとする製粉飼料用機械の製造では業界首位である[1]

かつては明治製糖傘下の企業で、2012年3月31日までは明治グループが大株主の一角を占めていたが[2]、2013年に売却。2014年3月時点でTCSホールディングス関連の企業・個人が35.33%の株式を保有している。

歴史[編集]

  • 1899年明治32年) - 山越秀太郎個人経営の山越工場を東京府東京市本芝3丁目8番地に創立
  • 1905年(明治38年) - 我国最初の国産ロール式製粉プラントを製作納入
  • 1914年大正3年) - 中国大陸各地に製粉プラント輸出開始
  • 1925年(大正14年) - 株式会社山越工場と改組
  • 1938年昭和13年) - 明治製糖株式会社(現:大日本明治製糖)の資本と経営の参加をうる
  • 1943年(昭和18年) - 社名を山越機械株式会社と改称。足利工場操業開始
  • 1948年(昭和23年) - 社名を明治機械株式会社と改称
  • 1949年(昭和24年) - 東京証券取引所再開に当社株式を上場
  • 1957年(昭和32年) - ニューマ方式の製粉プラント初国産化
  • 1960年(昭和35年) - 本社を東京都中央区京橋2-3-13に移転。本格的配合飼料プラントを製作納入
  • 1961年(昭和36年) - 二重遠心鋳造チルドロールを開発
  • 1964年(昭和39年) - パキスタン(カラチ)時間7t製粉プラント
  • 1980年(昭和55年) - 大阪営業所開設
  • 1981年(昭和56年) - 旧ソ連邦(タシケント)年間37,000t養魚飼料プラント
  • 1982年(昭和57年) - 九州出張所開設
  • 1983年(昭和58年) - 韓国(NLCF)1日300t配合飼料プラント(羅州、清州)
  • 1984年(昭和59年) - 直系株式会社メイキを設立
  • 1985年(昭和60年) - 韓国(NLCF)1日300t配合飼料プラント(安東、横城)
  • 1987年(昭和62年) - 中国(無錫)二重遠心鋳造技術
  • 1990年平成2年) - 中国(大連日清製油)製油製造向諸機械
  • 1993年(平成5年) - 第三者割当増資実施、資本金19億3,805万円となるロシア(モスクワ)年間5,000t養魚プラント
  • 1995年(平成7年) - 関係会社シンヨー・サンワテクノス株式会社事業開始
  • 1996年(平成8年) - 本社を現所在地に移転(自社ビル)
  • 2000年(平成12年) - セミコン事業部創設 半導体製造装置の事業開始
  • 2001年(平成13年) - 浜井産業株式会社と業務提携。
  • 2002年(平成14年) - ISO9001認証取得。
  • 2003年(平成15年) - 中国での多面的事業開始。
  • 2004年(平成16年) - 株式取得により、「ラップマスターエスエフティ株式会社」を子会社とする。
  • 2005年(平成17年) - 中国現地法人子会社明治機械(徳州)有限公司設立。
  • 2006年(平成18年) - 子会社シンヨー・サンワテクノス株式会社は、「シンヨー株式会社」へ商号変更。
  • 2008年(平成20年) - 株式取得により、「株式会社東京製粉機製作所」を子会社とする。
  • 2010年(平成22年)
  • 子会社「内外マシーナリー株式会社」を吸収合併。
  • 子会社「シンヨー株式会社」は 同社への株式譲渡により関連会社となる。
  • 子会社 ラップマスターエスエフティ株式会社の半導体製造装置関連事業を事業譲渡。
  • 「シンヨー株式会社」は 株式譲渡により関連会社でなくなる。
  • 明治ホールディングスが株式を売却し提携関係解消。
  • 休眠中の子会社「株式会社明治企画」を清算。
  • 子会社「ラップマスターエスエフティ株式会社」破産手続開始決定。

製品[編集]

  • 粉砕機
  • 混合機械
  • プラントエンジニアリング

脚注[編集]

外部リンク[編集]