佐山俊二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
さやま しゅんじ
佐山 俊二
本名 中江 勇
生年月日 (1918-09-13) 1918年9月13日
没年月日 (1984-01-30) 1984年1月30日(65歳没)
出生地 日本の旗 日本 北海道登別市
死没地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市昭和区
職業 俳優
ジャンル 軽演劇映画
活動期間 1938年 - 1984年
配偶者 中江伊基子
著名な家族 中江良夫
佐山タケシ 長男
備考
あらいやだコンビ
脱線トリオ

佐山 俊二(さやま しゅんじ、1918年9月13日 - 1984年1月30日)は、日本のコメディアンであり俳優である。本名は中江 勇(なかえ いさむ)。

人物・来歴[編集]

1918年(大正7年)9月13日北海道登別市に中江勇として生まれる。兄は劇作家の中江良夫である。室蘭市の旧制・室蘭尋常高等小学校(現在の北海道室蘭市立本室蘭小学校)を卒業する。

上京し、20歳になる1938年(昭和13年)に初舞台、1943年(昭和18年)、25歳となるころ「佐山俊二一座」を旗揚げ、ついで1944年(昭和19年)に「劇団新生座」を旗揚げした。

第二次世界大戦の終結後、八波むと志あらいやだコンビを結成した。浅草・フランス座で人気を博す[1]1956年(昭和31年)に由利徹南利明と八波が脱線トリオを結成したが、八波が抜けるときの代打として佐山が舞台に立つことがあった。脱線トリオは1961年(昭和36年)に解散した。

1957年(昭和32年)1月13日、富士映画が製作、新東宝が配給した菅井照三監督の『女護が島珍騒動』で映画に初出演、主演した。

最晩年まで由利徹、南利明らと舞台で共演、映画『男はつらいよ』へも備後屋役でレギュラー出演するなど、名脇役の喜劇役者として活躍していたが1984年(昭和59年)1月15日、舞台『初春浮世まくら』公演中の夜に脳出血のため倒れ、1月30日に愛知県名古屋市昭和区名古屋第二赤十字病院で死去する。満65歳没。死の経緯は桜金造による「身長5cmの幽霊」にて語られている。

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 『第5回百恵ちゃんまつり』<第1部> ミュージカル「クレオパトラ -砂漠の不死鳥-」 1979年(昭和54年)8月25日〜8月31日 / 新宿コマ劇場

   作・演出=植田紳爾(宝塚) 補綴=安永貞利 演出=阿古健(宝塚) 主演・山口百恵 出演・井上孝雄、峰岸徹、藤木敬士(旧名・藤木孝) 他

  • 他、舞台出演多数

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ 堀切直人、2005、『浅草 戦後篇』、右文書院 ISBN 484210063のp.215の記述を参照。

外部リンク[編集]