西恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
にし けいこ
西 恵子
生年月日 (1948-12-11) 1948年12月11日(70歳)
出生地 日本の旗 日本新潟県長岡市
身長 162 cm[1]
血液型 AB型[2]
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
主な作品
テレビドラマ
『続・下町育ち』
ワン・ツウ アタック!
ウルトラマンA
映画
『BG・ある19才の日記 あげてよかった!』
テンプレートを表示

西 恵子(にし けいこ、1948年12月11日[1][2] - )は、日本の元女優。本名(旧姓名)、西山 幸子[1]

新潟県[1]長岡市出身[2][3]宝仙学園高等学校卒業[1]。吉村事務所[2]、柊企画に所属していた[2]

人物[編集]

父は洋裁業を営み、中学時代に家族で東京都に転居する[2]

高校卒業後、武蔵野ドレスメーカー(現・専門学校武蔵野ファッションカレッジ)に進学するが、学校で開催された学園祭に先輩の薦めで出演していたところ、学園祭を見ていた芸能関係者にスカウトされて吉村事務所に所属する[2]

1968年日活映画『BG・ある19才の日記 あげてよかった!』でデビュー。本作を機に日活と専属契約を結び、丘みつ子沖雅也、長谷川照子とともに「エメラルドライン」として売り出すが、日活が任侠映画ロマンポルノに方向転換したことも重なり、低迷する[2][3]

1970年ライオン奥様劇場『続・下町育ち』(フジテレビ)に、鮎川いずみと姉妹役でレギュラー出演[2]。同作の制作会社であるNMCからはデビュー当時、出演依頼があったものの事務所の方針で辞退していた[2]。当時は五社協定があるため、他社作品である本作には出演できないところであったが、当時の日活の常務に直訴したところ了承され、出演可能になった[2]。当時の紹介記事では、日活を離れるか悩んでいるとしたうえで「新しい道を開けるか勝負です」と述べている[3]

『続・下町育ち』終了後、日活から柊企画に移籍してテレビドラマに活動の場を移し、『ワン・ツウ アタック!』(東京12チャンネル)などへの出演を経て、1972年特撮テレビドラマウルトラマンA』に超獣攻撃隊・TACの女性隊員・美川のり子役でレギュラー出演[2]

『ウルトラマンA』終了後もテレビドラマで活動するが、1975年昼ドラ女の日時計』(毎日放送)で共演した俳優の勝呂誉に勧められて始めたゴルフを通じて知り合った男性と結婚し、引退した[2]

引退後は夫とともに東京銀座で喫茶店を経営しており[2]、長らく表舞台に姿を現すことはなかったが、2006年にはファミリー劇場の『ウルトラ情報局』6月号にゲストとして登場した。その後はファンとの交歓の場に出るようになり、2019年新潟市中央区の飲食店にてファンの集いに参加した際には、当時の同県副知事の溝口洋も駆けつけてギター演奏を担当している[4]

エピソード[編集]

特技は、日本舞踊[1]英文タイプ[2][3]

『ウルトラマンA』の劇中で着用した私服は、父親に頼んで縫ってもらった。また、第4話「3億年超獣出現!」で使用したブローチは私物であった。そのブローチは劇中で爆弾として使用されるため、監督の山際永三が非常に気遣って何度も念を押されたが、第4話は西がメインとなるエピソードであり、「いい物を着けたいので大丈夫です」と使用不能となることを了承している。結果的にブローチは劇中で破損しているが、後年のインタビューの中で「映像に残っていてよかった」と述べている[2]

『ウルトラマンA』当時の紹介記事では「ゴールデンタイムのドラマに出演したいという夢はありますが、今は本作に全力投球しています。与えられた仕事を一つ一つ大切にすることが肝心だと思います」と述べている[5]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 喧嘩太郎(1968年 - 1969年、MBS
  • ライオン奥様劇場CX
    • 続・下町育ち(1970年) - 妙子
    • 春泥尼(1975年)
  • プレイガール12ch
    • 第90話「おんな勝負の賭けどころ」(1970年)
    • 第91話「酔いどれはだか仁義」(1970年)
    • 第94話「恋の長崎殺人事件」(1971年)
  • ハレンチ学園 第13話「学芸会の巻」(1970年、12ch
  • 特別機動捜査隊NET
    • 第480話「砕けた赤いダイヤ」(1971年) - 真美子
    • 第489話「風の中の姉妹」(1971年) - 原田芳恵
    • 第498話「女の縮図」(1971年) - 明子
    • 第519話「真実の報酬」(1971年) - 貴世
    • 第544話「絶体絶命」(1972年) - 亜紀
    • 第605話「恋の裏通り」(1973年) - しのぶ
  • ワン・ツウ アタック! → レッツ・ゴー ミュンヘン!(1971年、12ch) - 早田絹代
  • 太陽の恋人 (1971年、NET) - 中川先生
  • キイハンターTBS
    • 第184話「決斗! 大雪渓のダイヤモンド作戦」(1971年)
    • 第190話「キイハンター 浮気団地で大暴れ!」(1971年)
    • 第199話「ヨーイ・ドン! 日米ボウリング大作戦」(1972年)
  • 刑事くん (TBS)
    • 第1部 第12話「もどらない日々」(1971年) - 倉橋亜紀
    • 第3部 第16話「つとむ君、強く明日へ!」(1974年)
  • 清水次郎長 第37話「丁半めくら勝負」(1972年、CX) - おきぬ
  • シルバー仮面ジャイアント 第12話「恐怖のサソリンガ」、第13話「サソリンガ東京猛襲」(1972年、TBS) - 佐野明子 
  • 世なおし奉行 第4話「関八州罷り通る」(1972年、NET)
  • ウルトラシリーズ(TBS)
  • アイフル大作戦 第12話「美女と散歩するガイ骨」(1973年、TBS)
  • 伝七捕物帳(NTV)
    • 第26話「母娘かんざし」(1974年) - お八重
    • 第106話「文治一番手柄」(1976年) - お鈴
  • 太陽にほえろ! 第123話「孤独のゲーム」(1974年、NTV) - 山中幸子
  • 暗闇仕留人 第2話「試して候」(1974年、ABC) - おつゆ
  • 妻そして女シリーズ / 女の日時計(1975年、MBS) - 榊原恵子

映画[編集]

  • BG・ある19才の日記 あげてよかった!(1968年、日活)- 主演・鏑木敬子
  • 花ひらく娘たち(1969年、日活)- 女事務員
  • 続・女の警察(1969年、日活)- 星川京子
  • 恋のつむじ風(1969年、日活)- 社長令嬢
  • 涙でいいの(1969年、日活)- 映子
  • 女の警察・国際線待合室(1970年、日活)
  • 残酷おんな情死(1970年、日活)- 六本木族の女
  • 盛り場流し唄 新宿の女(1970年、日活)- 平田ミドリ

イベント[編集]

  • 『ウルトラマンA』40周年記念 TAC隊員大集合!(2012年4月30日)
  • ショック!ショック!40年目のアイアンショック!浜田光夫、『アイアンキング』を語る!(2012年8月19日)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『日本タレント名鑑'73』VIPタイムズ社、1972年、217頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p デジタルウルトラシリーズ『DVD・ウルトラマンA VOL・11』 ライナーノーツ「西恵子(美川のり子隊員役 )独占インタビュー」 2006年、デジタルウルトラプロジェクト。
  3. ^ a b c d 毎日新聞』1970年11月6日付朝刊、11面。
  4. ^ ウルトラマンA美川隊員“出動” 長岡出身・西さん、新潟で交流 - 新潟日報モア
  5. ^ 福島民友』1972年11月22日付朝刊、7面。

外部リンク[編集]