児島美ゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こじま みゆき
児島 美ゆき
別名義 児島 みゆき(旧芸名)
生年月日 (1952-03-23) 1952年3月23日(66歳)
出生地 日本の旗 日本東京都文京区
血液型 O
職業 女優歌手
ジャンル テレビ
映画
活動期間 1967年 - 現在
主な作品
テレビドラマ
ハレンチ学園
北の国から
毎度おさわがせします
映画
ハレンチ学園』シリーズ
備考
身長:154cm 体重:43kg
趣味:山歩き 特技:スキー、ゴルフ

児島 美ゆき(こじま みゆき、1952年3月23日 - )は、日本女優[1]歌手1970年までは、芸名児島 みゆきとして活動。血液型、O型加川事務所所属。東京都出身。武蔵野市立第一小学校武蔵野市立第一中学校、中野文園高等学校(現・大妻中野高等学校)卒業。

来歴・人物[編集]

13歳から東映児童演劇研修所に通う[2][3]小倉一郎は研修所の同期で[2]、映画『新・ハレンチ学園』で児島の後、二代目柳生十兵衛を演じた渡辺やよいらも同研修所で一緒だった[2]

14歳で研修所の子役で結成されたコーラスグループ(ヤング・フレッシュ)に選ばれ、「仮面の忍者赤影」や「ひょっこりひょうたん島」などを歌っていた[2][4][5]1968年、長編アニメ映画アンデルセン物語』に声優として出演[6]

東映児童研修所は日活での子役出演も多く[2]、よくオーディションもあり、1970年高校三年のとき、進学か就職かで迷っているとき、映画『ハレンチ学園』のオーディションを受け合格[2]。人気漫画だった『ハレンチ学園』は日活末期に全4作が製作され、3作にて主演の柳生みつ子こと柳生十兵衛役でデビュー[1][5]。テレビドラマ『ハレンチ学園』(東京12チャンネル)においても柳生みつ子役を演じ、一躍「セクシータレント」として脚光を浴び、人気を得た[5][6]。ドラマ版『ハレンチ学園』は、最高視聴率32%を記録し、2017年現在もテレビ東京の歴代ドラマの最高視聴率で、「ドーハの悲劇」として知られる1993年Wカップアジア地区最終予選日本イラク戦中継までは、同局の歴代最高視聴率番組だったといわれる[6]

映画『ハレンチ学園』が公開されたとき、何かの間違いで"児島みゆき"と平仮名で"みゆき"とポスター等に書かれて驚いた[2]。新人なのでクレームを付ける訳にはいかずそのまま黙っていたら、映画版は全て"児島みゆき"と書かれた[2]。本名を大事にしており、自分自身は最初から"児島美ゆき"で、一度も改名したことはないと話していた[2]

2017年、「有吉反省会」の企画で一時的にではあるが、芸名を「ぱいぱい美ゆき」に変更した。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

その他[編集]

  • 世界一への挑戦 南北アメリカ大陸縦断(1984年、TX) - ナレーター

ディスコグラフィ[編集]

シングルレコード[編集]

  • アポロ宇宙船(1969年9月1日) - クラウンレコード
  • どういうわけか(1970年12月25日) - クラウンレコード(デビューリリース)
  • ワンパク番外地(1971年6月25日) - クラウンレコード
  • 美ゆきの愛のサンバ(1971年9月25日) - クラウンレコード
    • 作詞:原千雅子/作曲:中川博之/編曲:土持城夫
    • C/W 恋をしたのよママ 作詞:大篠環/作曲:中川博之/編曲:土持城夫
  • さよならを追いかけて(1972年2月25日) - クラウンレコード
  • 恋はかけひき(1974年5月25日) - キングレコード
    • 作詞:有馬三恵子/作曲:葵まさひこ/編曲:葵まさひこ
    • C/W 気になる仔猫ちゃん 作詞:有馬三恵子/作曲:葵まさひこ/編曲:葵まさひこ
  • あなたの部屋で(1974年10月25日) - キングレコード
    • 作詞:荒木とよひさ/作曲:川口真/編曲:川口真
    • C/W シャンパン小唄 作詞:有馬三恵子/作曲:川口真/編曲:川口真
  • 昼下がりの街(1972年)非売品
    • 作詞:中山大三郎/作曲:鎌田大吾/編曲:鎌田大吾/歌:ジャックと豆の木
    • C/W 海辺のマドリガル 作詞:中山大三郎/構成:中山大三郎/朗読:児島美ゆき/朗読:桂竜也
    • 新宿のメンズショップ「カワノ」が宣伝用に製作した非売品レコード

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b プロフィール”. 日本タレント名鑑. 2017年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 「VIVA!スカートめくり!! ハレンチ学園 児島美ゆきインタビュー」、『映画秘宝』、洋泉社、2008年5月号、 73 - 72頁。
  3. ^ official ブログ 2017.06.15
  4. ^ 「ボイン」誕生50周年!あの「癒しのバスト」に会いたい!(2)<直撃2>児島美ゆき
  5. ^ a b c 高倉健さんと半同棲 「ハレンチ学園」児島美ゆきさんは今
  6. ^ a b c 『ハレンチ学園』の十兵衛役で当時の少年を虜にした児島美ゆき|大人のミュージックカレンダー
  7. ^ アンデルセン物語”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]