宍戸錠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:肖像・顔写真の画像提供をお願いします。2017年12月
ししど じょう
宍戸 錠
本名 宍戸 錠
生年月日 (1933-12-06) 1933年12月6日(85歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市北区
身長 174cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1955年 -
活動内容 1954年日活ニューフェース
1955年:『警察日記』でデビュー
1959年:『ギターを持った渡り鳥
1960年:『拳銃無頼帖 抜き討ちの竜』、『海から来た流れ者
1961年:『ろくでなし稼業
1994年:『私立探偵濱マイク』シリーズ
配偶者 宍戸游子(本名・宍戸昌子)
(2010年死別)
著名な家族 郷鍈治(実弟)
ちあきなおみ(義妹)
宍戸史絵(紫しえ、長女)
宍戸開(長男)
公式サイト 宍戸錠オフィシャルウェブサイト
主な作品
テレビドラマ
国盗り物語
勝海舟
ゆうひが丘の総理大臣
あさひが丘の大統領
武田信玄
映画
渡り鳥シリーズ
拳銃無頼帖シリーズ
私立探偵濱マイク』シリーズ
バラエティー番組など
巨泉・前武のゲバゲバ90分!!
くいしん坊!万才
テンプレートを表示

宍戸 錠(ししど じょう、1933年12月6日 - )は、日本俳優血液型はB型。宍戸錠事務所所属。愛称は「エースのジョー」。実弟は郷鍈治宍戸開は長男、宍戸史絵(現・紫しえ)は長女。大阪府桜宮(現在の大阪市都島区)出身[1][2]宮城県白石高等学校卒業、日本大学藝術学部演劇科中退。

来歴・人物[編集]

父親は現在の福島県伊達市の出身[1]。母親は神奈川県横浜市の出身[1]関東大震災時に大阪に居を移し[1]、父は大阪の商社・アーサー・バルファーに勤めていたが[1]工作機械を扱う会社を起業して独立し、満州事変特需で250万円(1978年頃の貨幣価値で60億円)儲けた[1]。この後、「錠」は大阪で出生[1]。「錠」の由来は子沢山だったため、最後の子にしたいという母の想いから。家のあった桜宮は下請けの町工場と温泉マークがあっため、環境に悪いと3歳のとき[1]、5歳の時[2]、家族で東京滝野川へ移り住み、父は仕事を辞めその後は亡くなるまで定職に就かず、1300くらいの家を建て、一家は裕福な生活を送る[1][2]

小学6年生の頃に東京大空襲で自宅が全焼し、跡地はドサクサに紛れた何者かに居座られ、奪われてしまう。遠い親戚を頼り宮城県斎川村(現在の白石市)に疎開[1]。当地に父が家を建て[1]、高校卒業まで当地で育つ。

勉強もスポーツもよく出来、高校ではバスケットボール部に所属。映画もよく見て、プロ野球選手か、実業団で野球をやるか俳優をやるか考え、1952年高校卒業後、早稲田で演劇をやろうと試験を受けたが落ち[1]日本大学藝術学部に進む[1]。同期にケーシー高峰砂塚秀夫赤江瀑嵐徳三郎[1]

大学へ入学するが、2年のときに日活に合格したために中退[1]

1954年日活ニューフェイス(第1期生)として入所[1]

1955年、『警察日記』での若い巡査役で銀幕デビュー。この頃は線の細い美青年だったが、1956年にトレードマークとなる豊頬手術を受ける(本人は「失敗だった」と述懐するが、これを機に「アクの強い役=悪役」への転向を見事に果たした)。

映画や創生期のテレビドラマ『事件記者[3]』などに出演。タフでハードボイルドな役柄で小林旭らとともに名を知られ、日活アクション映画の需要もあって、「エースのジョー」と呼ばれて親しまれた(古くから海外ミステリーの熱心な愛読者でもあり、日活の路線も相まって、比較的趣味と近い部分で役柄やイメージを展開していた)。

映画の衰退と共にテレビへと活動の場を移し、テレビドラマの他に『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』に出演したり息子と『くいしん坊!万才』のレポーターを務めた。

豊頬の際に注入された異物(オルガノーゲン)は2001年に摘出手術で取り除いた(摘出までの過程はテレビ放送され、話題となった)。

英国のファッションブランド「トムモリス」のファンで愛用者。

2006年、息苦しさを感じ、心臓血管研究所付属病院での検査の結果、虚血性心不全と診断されて即入院。冠状動脈カテーテル・バルーン手術を受けた。

2010年4月16日、妻と死別。

1966年には鈴木恂の設計で邸宅を建てるも[4]2013年2月4日に全焼[5]、妻の死去後は独り暮らしで外出時の出火だった[6]。直後のホテル住まいを経て、翌月からは賃貸マンションで暮らしている。消防署の調べでは古い電熱器のコードが原因だと判明。本人は「しょうがない、今後の衣服はユニクロで我慢するか」と語っている[7]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

  • 「サーカス殺人事件」
  • 「リリーとリリー」
  • 「シュガー」
  • 「マジック狂時代」
  • 「馬喰一代」
  • 「花咲ける騎士道」

吹き替え[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

著作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 高平哲郎「宍戸錠インタビュー」『ムービーマガジン Vol.18』1978年10月1日発行、ムービーマガジン社、 12–21頁。
  2. ^ a b c 大阪弁を使えと言われたら、今でも使えまっせ。| 宍戸 錠
  3. ^ 現存するわずか数本のうち、2本(1958年7月放送)に出演していた。これらの映像は現在、横浜市中区日本大通にある放送ライブラリーなどで見ることができる。
  4. ^ “宍戸錠宅全焼 79歳ひとり暮らしけがなし”. nikkansports.com. (2013年2月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130205-1081067.html 2013年2月5日閲覧。 
  5. ^ “宍戸錠さん宅が全焼 外出中でけが人なし”. msn産経ニュース. (2013年2月4日). オリジナルの2013年2月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130205034411/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130204/dst13020421370011-n1.htm 
  6. ^ “宍戸錠怒りあらわ「捕まえてやりたい」”. nikkansports.com. (2013年2月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130206-1081516.html 2013年3月24日閲覧。 
  7. ^ “宍戸錠全焼豪邸更地にして3億円土地売却”. nikkansports.com. (2013年3月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130320-1100164.html 2013年3月24日閲覧。 

外部リンク[編集]