勝田守一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

勝田 守一(かつた しゅいち、1908年11月10日 - 1969年7月30日)は、日本教育学者。東京大学教育学部の同僚であった宮原誠一社会教育学)、宗像誠也と並んで「3M(スリー・エム)」と称される。

人物[編集]

東京市に生まれる。ロシア研究者・横浜国立大学教授の勝田昌二1911年生[要検証 ])は弟[1]

1926年東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。(宗像誠也とは同級生)
第一高等学校 (旧制)を経て、1932年京都帝国大学文学部哲学科卒業。

京大卒業後、松本高等学校 (旧制)教諭、学習院大学教授などを経て、1951年から東京大学教授。日本教職員組合教研集会の講師を、その発足当初から長く務め、教育科学研究会(略称教科研)の中心メンバーとして活躍、その機関誌『教育』の編集長の任にもあたった。また、通称の「もりかず」から、東大教育学部の同僚であった宮原誠一宗像誠也と並んで、戦後教育学界に大きな影響を与えたことから「3M(スリー・エム)」と称された。

シェリングドイツ観念論の研究からスタートし、その後、教育思想研究に転向した。カリキュラムは、日常経験を媒介とした科学の再構成であるべきと主張、1950年代以降の教育論争に、教科研の立場から積極的に発言、教育社会学者の清水義弘教育科学論争)、教育学者梅根悟コア・カリキュラム論争)らと活発な議論を交わす。それを通じて形成された教育思想は、子どもの全面的な発達の保証としての教育の定位、すなわち後の「国民の教育権」論へと結実する。「国民の教育権」論は、東大時代の門下堀尾輝久へと継承された。1969年病歿。

著書[編集]

  • シェリング』弘文堂書房 1936 西哲叢書
  • 『学校論』要書房・選書、1952
  • 『教育学』青木書店 1958 現代哲学全書
  • 『教育学入門 第1 (能力と発達と学習)』国土社 1964
  • 『国民教育の課題』国土社 1966 教育科学選書
  • 『教育と認識』国土社 1968 国土新書
  • 『教育と教育学』岩波書店 1970
  • 勝田守一著作集』全7巻 国土社、1972-74  
1 (戦後教育と社会科) 1972
2 (国民教育の課題) 1973 
3 (教育研究運動と教師) 1972 
4 (人間形成と教育) 1972 
5 (学校論・大学論) 1972 
6 (人間の科学としての教育学) 1973
7 (哲学論稿・随想) 1974
  • 『能力と発達と学習』国土社 1990 現代教育101選

共編著[編集]

  • 『お母さんから先生への100の質問』正続 国分一太郎丸岡秀子共編 中央公論社 1955-56
  • 『現代教師論』編 明治図書出版 1955
  • 『岩波小辞典教育』編 岩波書店 1956
  • 『現代教科教育講座』全7巻 梅根悟共編 河出書房 1957
  • 『教育学論集』編 河出書房新社 1960 大学セミナー双書
  • 『日本の学校』中内敏夫共著 1964 岩波新書
  • 『学校教育の疑問に答える』阿部進共編 1965 三一新書
  • 『こんな親なら教師なら』編 明治図書出版 1965 シリーズ・現代家庭教育新書
  • 『現代教育学入門』編 有斐閣 1966
  • 『授業と思考の発達』シリーズ第1-4 駒林邦男共編 明治図書出版 1966

翻訳[編集]

  • ジンメル『哲学の根本問題』玉井茂共訳 岩波文庫 1938 
  • シェリング『学問論』創元社 1944 のち岩波文庫 
  • タマス・ホプキンス等『インテグレーション カリキュラムの原理と実際』白根孝之共訳 桜井書店 1950
  • J.A.ローアライズ『歴史教科書と国際理解 世界理解のために』古今書院 1956 ユネスコ各国教師のためのシリーズ
  • カント『教育学講義』伊勢田耀子共訳 明治図書出版 1971 世界教育学選集

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ 『勝田守一著作集第七巻月報、勝田昌二「ライス・カレー」