機械科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

機械科(きかいか)は、機械設計施工などの基本的な知識と技術を修得させる学科工業科専門科目のうち、「機械工作」、「機械製図」、「機械実習」などを中心に学習し、機械設計、原動機溶接等の基礎基本を学ぶ。実際には金属加工旋盤フライス盤NC工作機械など)、組み立て、設計(製図CAD)、アーク溶接、ガス溶接などである。工業科の中でも基幹的な学科であり、最も多く工業高等学校に設置されている。中には複数のクラスを設置している高等学校もある。求人も多く、就職率も高水準で推移している。

労働安全衛生法等の法律に基づき、ガス溶接技能講習修了証の資格等が取得できる。

その他代表的な資格


関連項目[編集]