遠藤忠二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
遠藤 忠二郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県
生年月日 1917年9月20日
没年月日 没年不明
身長
体重
174 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手内野手外野手
プロ入り 1936年
初出場 1936年5月16日
最終出場 1939年3月24日[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

遠藤 忠二郎(えんどう ちゅうじろう、1917年9月20日[2] - 没年不明)は、静岡県出身のプロ野球選手。ポジションは投手内野手外野手

来歴・人物[編集]

浜松一中(現・静岡県立浜松北高等学校)から早稲田大学に進学。1936年に早大を中退して、大東京の結成に参加。投手で入団したが、当時の大東京軍は弱小球団かつ選手不足だったため、野手との二刀流で試合に出場する事となった。1936年秋季シーズン、大東京は5勝21敗2引き分け(うち16連敗〈1リーグ時代の最多連敗記録〉がある)と悲惨な成績だったが、遠藤はエースとして活躍。4勝5敗、防御率3.03とチームの勝ち頭の成績を残した(このシーズンの大東京の投手では、他に桜井七之助しか勝ち星を挙げた投手はいなかった)。1937年春季シーズン途中に名古屋軍へ、1938年からは東京セネタースに移籍。名古屋やセネタースでも、投手と野手の二刀流をこなした。1938年秋季シーズンに中島治康巨人)に次ぐ、5本塁打(バッキー・ハリスイーグルス〉と並んでタイ記録)をマークし、長打力も見せつけた。投手以外には 遊撃手以外のポジションで試合出場歴があり、ユーティリティプレイヤーとしても活躍した。

1939年3月24日大阪戦(後楽園球場[1]を最後に引退し、応召。その後、戦死した(死没場所・没年月日は不明)。東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936春夏 大東京 7 27 24 2 5 1 0 0 6 3 1 -- 0 -- 3 -- 0 9 -- .208 .296 .250 .546
1936 20 74 64 2 13 0 2 0 17 11 2 -- 0 -- 9 -- 1 11 -- .203 .311 .266 .577
1937 4 7 6 2 1 0 0 0 1 0 0 -- 0 -- 1 -- 0 1 -- .167 .286 .167 .453
名古屋 14 30 25 1 6 1 0 0 7 4 0 -- 0 -- 5 -- 0 2 -- .240 .367 .280 .647
'37春計 18 37 31 3 7 1 0 0 8 4 0 -- 0 -- 6 -- 0 3 -- .226 .351 .258 .609
1937 37 104 88 4 18 5 0 0 23 12 0 -- 1 -- 13 -- 2 8 -- .205 .320 .261 .581
1938 東京セネタース 18 35 32 4 8 1 1 0 11 2 0 -- 0 -- 3 -- 0 4 -- .250 .314 .344 .658
1938 36 149 132 13 32 5 1 5 54 21 2 -- 3 -- 14 -- 0 18 -- .242 .315 .409 .724
1939 4 16 13 1 2 0 0 0 2 1 0 -- 0 0 3 -- 0 0 -- .154 .313 .154 .467
通算:4年 140 442 384 29 85 13 4 5 121 54 5 -- 4 0 51 -- 3 53 -- .221 .317 .315 .632

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1936春夏 大東京 6 5 3 0 0 0 5 -- -- .000 176 39.0 31 2 24 -- 2 19 1 0 24 19 4.38 1.41
1936 13 11 5 0 0 4 5 -- -- .444 392 85.2 62 0 65 -- 2 50 0 1 38 29 3.03 1.48
1937 3 3 1 0 0 1 1 -- -- .500 73 16.0 18 0 7 -- 0 1 0 0 10 6 3.38 1.56
名古屋 8 8 5 1 0 3 4 -- -- .429 250 55.1 46 1 36 -- 3 16 0 0 30 28 4.55 1.48
'37春計 11 11 6 1 0 4 5 -- -- .444 323 71.1 64 1 43 -- 3 17 0 0 40 34 4.29 1.50
1937 5 4 1 0 0 0 2 -- -- .000 125 25.1 26 2 20 -- 0 7 1 0 21 16 5.54 1.82
1938 東京セネタース 8 8 1 0 0 1 3 -- -- .250 169 35.0 38 0 29 -- 2 4 0 0 23 17 4.37 1.91
1938 2 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 36 5.1 13 0 4 -- 0 0 0 0 14 8 12.00 3.19
通算:3年 45 41 16 1 0 9 22 -- -- .290 1221 261.2 234 5 185 -- 9 97 2 1 160 123 4.23 1.60
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 4 (1936年 - 1937年春途中)[3]
  • 22 (1937年春途中 - 1937年秋)[4]
  • 21 (1938年 - 1939年)[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b 1939年東京セネターススタメンアーカイブ
  2. ^ 鎮魂の碑(野球殿堂博物館)
  3. ^ 松竹ロビンス 背番号4 - 背番号Maniax -
  4. ^ 中日ドラゴンズ 背番号22 - 背番号Maniax -
  5. ^ 翼 背番号21 - 背番号Maniax -

外部リンク[編集]

関連項目[編集]