中島治康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中島 治康
Haruyasu Nakajima 2.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県東筑摩郡中山村(現:松本市
生年月日 (1909-06-28) 1909年6月28日
没年月日 (1987-04-21) 1987年4月21日(77歳没)
身長
体重
175 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 右翼手
プロ入り 1934年
初出場 1936年7月1日
最終出場 1951年10月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 東京巨人軍
    読売ジャイアンツ (1943, 1946 - 1947, 1949)
  • 大洋ホエールズ (1951)
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1963年
選出方法 競技者表彰
Haruyasu Nakajima.jpg

中島 治康(なかじま はるやす、1909年6月28日 - 1987年4月21日)は、長野県松本市出身のプロ野球選手外野手)・監督

来歴・人物[編集]

旧制松本商業(現松商学園高)でエースとして鳴らし、1928年第14回全国中等学校優勝野球大会で優勝した[1]。松本商時代のチームメイトに高野百介(後に南海でプレー)がいる。早稲田大学商学部に進んで野手に転向。東京六大学リーグ通算18試合出場、49打数12安打、打率.245、0本塁打、4打点。藤倉電線を経て1934年大日本東京野球倶楽部に入団。

1936年のリーグ戦開始時から巨人でプレーし、強打・強肩の外野手として活躍。1936年7月15日には巨人の球団通算第1号本塁打を放っている[2]1938年秋季には打率.361、本塁打10、打点38でプロ野球史上初の三冠王となった。当時は三冠王という概念はなく、1965年野村克也が三冠王を獲った時に1938年の記録をどう扱うか問題となった。当時は春秋を二季に分けて考えるのか春秋合せて一シーズンと見るのかはっきりした判断が下されていなかった。コミッショナーの内村祐之による裁定で春、秋それぞれ独立したシーズンということが確認され1938年秋の中島がプロ野球初の三冠王と認定された[3]1943年監督兼任。1944年応召。1946年シーズン途中に兼任監督として復帰。翌年は開幕からチームが不調で、29試合を消化した時点で監督職を辞した。三原ポカリ事件三原脩が出場停止の際は選手兼任で監督代行を務めた。

1950年大洋ホエールズに移籍。1951年に兼任監督となったが、またも結果が出ず途中交代となった。同年限りで現役を引退した。中島曰く「人として許し難いことがあった」とここでプロ野球とは一線を引き、読売新聞運動部に在籍し、野球記者として東京六大学野球や高校野球観戦を続けアマチュア野球論に健筆をふるった[4]

類い希なパワーと悪球打ちで、「ボール打ちの名人」として知られワンバウンドを本塁打したという伝説がある[5]。守ってはその強肩で、1943年シーズンには4度のライトゴロを完成させている[6]。1940年5月24日の対東京セネタース戦では4回に本塁打、5回に二塁打、7回に三塁打を記録し単打が出ればサイクル安打第1号になるところだったが、次の打席で右中間を破って全力疾走し二塁打にしてしまったためにその機会をなくしてしまった[7]。チームメイトからは「班長さん」と呼ばれ慕われた。

1963年野球殿堂入り。川上派と長嶋派の対立が激化した1980年代前半、川上・長嶋両者を凌ぐ存在が必要と考えた千葉茂はプロ野球界から離れていた中島を担ぎ出して巨人軍OB会長に据えた。会長職は1982年から1984年まで務めた[8][9]

1987年4月21日に急性心不全のため死去[10]。77歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936春夏 巨人 7 32 31 6 9 3 0 1 15 6 3 -- 0 -- 1 -- 0 1 -- .290 .313 .484 .796
1936 19 78 70 11 18 5 2 0 27 8 6 -- 1 -- 6 -- 1 6 -- .257 .325 .386 .710
1937 56 251 221 32 63 10 5 4 95 30 18 -- 3 -- 27 -- 0 8 -- .285 .363 .430 .793
1937 40 176 166 22 49 4 3 5 74 37 9 -- 1 -- 9 -- 0 9 -- .295 .331 .446 .777
1938 35 158 145 19 50 7 1 1 62 25 2 -- 1 -- 11 -- 1 10 -- .345 .395 .428 .822
1938 38 173 155 30 56 7 2 10 97 38 3 -- 0 -- 18 -- 0 6 -- .361 .428 .626 1.054
1939 96 429 396 57 110 22 8 6 166 58 15 -- 0 5 28 -- 0 29 -- .278 .325 .419 .745
1940 103 444 402 43 106 24 6 4 154 67 9 -- 2 4 35 -- 0 28 -- .264 .323 .383 .706
1941 85 379 341 36 87 13 4 3 117 39 5 -- 3 -- 34 -- 1 19 -- .255 .324 .343 .668
1942 105 462 426 57 111 15 4 7 155 60 12 5 1 -- 33 -- 2 20 -- .261 .317 .364 .681
1943 75 299 272 19 54 8 2 3 75 32 12 3 3 -- 23 -- 1 19 -- .199 .264 .276 .539
1946 58 231 217 25 59 7 5 0 76 34 5 4 0 -- 14 -- 0 16 -- .272 .316 .350 .666
1947 44 124 117 5 23 4 1 0 29 4 3 2 0 -- 7 -- 0 4 -- .197 .242 .248 .490
1948 49 160 152 11 37 8 1 4 59 20 0 0 3 -- 5 -- 0 11 -- .243 .268 .388 .656
1949 18 43 40 2 7 1 0 1 11 5 1 0 0 -- 3 -- 0 4 -- .175 .233 .275 .508
1950 大洋 15 48 47 3 15 3 0 3 27 12 0 1 0 -- 1 -- 0 4 3 .319 .333 .574 .908
1951 28 105 98 16 35 5 0 5 55 18 0 1 1 -- 5 -- 1 13 3 .357 .394 .561 .955
通算:14年 871 3592 3296 397 889 146 44 57 1294 493 103 16 19 9 260 -- 7 207 6 .270 .324 .393 .717
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率
1943 巨人 1位 84 54 27 3 .667
1946 2位 80 49 30 1 .620
1947 5位 29 10 19 0 .345
1949 1位 62 37 25 0 .597
1951 大洋 6位 47 19 26 2 .422
通算:5年 302 169 127 6 .571
  • 1946年は6月13日からシーズン終了まで
  • 1947年は開幕から6月2日まで
  • 1949年は4月16日から7月20日まで三原修の出場停止による監督代理
  • 1951年は開幕から6月30日まで

タイトル[編集]

  • 首位打者:2回 (1938年春、1938年秋)
  • 本塁打王:2回 (1937年春、1938年秋)
  • 打点王:4回 (1937年秋、1938年秋、1940年、1942年)
  • 最多安打:3回 (1938年春、1938年秋、1942年) ※当時は連盟表彰無し。

表彰[編集]

記録[編集]

  • 三冠王:1回 (1938年秋) ※NPB史上初
  • 5試合連続本塁打 (1938年10月11日 - 10月22日)

背番号[編集]

  • 3 (1936年 - 1942年)
  • 30 (1943年、1946年 - 1951年)

出典[編集]

  1. ^ これは現在に至るまで長野県勢唯一の夏の優勝である。
  2. ^ 巨人、史上初の球団通算1万号本塁打 中井がメモリアル弾”. スポニチアネックス (2017年9月26日). 2017年9月26日閲覧。
  3. ^ 『プロ野球記録大鑑(昭和11年-平成4年)』(宇佐美徹也著:ベースボール・マガジン社) 545頁
  4. ^ 『完全版 プロ野球人国記 信越・北陸編』(ベースボール・マガジン社ISBN 978-4-583-03800-1
  5. ^ イチローばり!プロ注目仙台育英・上林 ワンバン曲打ち sponichi annex 2013年3月26日
  6. ^ 長野、今季3度目ライトゴロ!好捕のロペスに感謝 スポーツ報知 2013年10月3日
  7. ^ 『プロ野球記録大鑑(昭和11年-平成4年)』(宇佐美徹也著:ベースボール・マガジン社) 519 - 521頁
  8. ^ 球界因縁のライバル(20) 長嶋VS川上(下)
  9. ^ 甲子園「名投手」「名選手」百選 中島治康
  10. ^ 『朝日新聞』1987年4月21日付夕刊 (4版、13面)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]