坪内道典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坪内 道典
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県伊予郡郡中町(現:伊予市
生年月日 (1914-04-07) 1914年4月7日
没年月日 (1997-09-16) 1997年9月16日(83歳没)
身長
体重
164 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1936年
初出場 1936年9月18日
最終出場 1951年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 朝日軍 (1944)
  • ゴールドスター
    金星スターズ (1946 - 1948)
  • 中日ドラゴンズ
    名古屋ドラゴンズ
    中日ドラゴンズ (1949 - 1954)
  • 西鉄ライオンズ (1960 - 1962)
  • 中日ドラゴンズ (1965 - 1967)
  • ロッテオリオンズ (1972)
  • 中日ドラゴンズ (1979 - 1986)
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1992年
選出方法 競技者表彰

坪内 道典(つぼうち みちのり、1914年4月7日 - 1997年9月16日)は、愛媛県伊予郡郡中町(現:伊予市)出身の元プロ野球選手外野手)・コーチ監督

1936年から1948年までの登録名坪内 道則(読み同じ)。

経歴[編集]

松山商から天王寺商に転校し、立教大学に進学するも中退。

1936年大東京軍の結成に参加。これには、同郷だった筒井良武の誘いがあったと自著[1]で述べている。1944年には選手兼任監督を務めた。住職であった弟が出征し代わって住職を務めたことと、1937年試合中の鎖骨骨折により徴兵検査で予備要員にとどまったため、プロ野球選手としては珍しく一度も戦場には赴かなかった[2]

1946年ゴールドスターで選手兼任監督としてプロ球界に復帰。1946年には25試合連続安打を記録し、当時これが日本記録とされたが、実は前年に野口二郎が31試合連続安打を達成しており、1949年までそれが判明していなかった為の幻の日本記録となった。坪内は9月6日の阪急戦で4打数無安打に抑えられ記録を止められたが、この時の相手投手は野口二郎である(詳細は野口二郎#連続試合安打記録を参照)。

1947年5月3日、日本野球連盟より阪神若林忠志とともに日本国憲法公布記念の特別表彰を受けた。表彰では「野球名人」と称えられた[3]

1948年9月12日南海ホークス戦で日本プロ野球初の1000試合出場を達成。その16日後の9月28日急映フライヤーズ戦でやはり史上初の通算1000本安打を達成。当時はこれらの通算記録を祝福したり表彰したりする習慣がなく、どちらの記録もシーズン終了後公式記録員に聞かされて知ったという。これをきっかけに連盟による1000試合出場、1000本安打の表彰が行われるようになった[2]

1949年に助監督兼外野手として中日ドラゴンズに移籍。1951年限りで現役引退し、1952年から1953年まで中日監督、その後は西鉄ヘッドコーチ(1960年 - 1961年)・一軍打撃コーチ(1962年)、中日ヘッドコーチ(1965年 - 1966年)・二軍監督(1967年)・寮長兼コーチ(1979年 - 1986年)、ロッテ二軍監督(1972年)を務めた。1992年野球殿堂入り。

1997年9月16日心不全のため死去。満83歳没。

人物[編集]

ひげが濃く、「鍾馗様」の愛称があった。また、景浦將と松山商、立大で親しかったことから、景浦の武勇伝の多くを後世に伝えた人物でもある。

ドラゴンズが3度目のリーグ優勝を果たした1982年TBSの人気番組『ザ・ベストテン』に出演したことがある。自身が寮長を務めていたドラゴンズ合宿所(愛知県名古屋市中村区に所在した先々代)からの生中継で、当時「待つわ」が大ヒットしていた女性デュオあみん(当時は岡村孝子、加藤晴子共に椙山女学園大学在学中)との共演となった。

ナゴヤ球場がドラゴンズの一軍本拠地としての役目を終えた1996年末、同球場で行われた中日対巨人OB戦では、巨人・別所毅彦との“合計156歳”の対決に球場が沸き返ったが、高齢(当時82歳)のため打席後方で寮長時代の寮生だった牛島和彦が坪内の“即代走”を務め、坪内が打つと同時に牛島が一塁へ走った。なお、坪内は翌年逝去したため、これが最後の晴れ姿となった。ジャニー喜多川の父諦道と面識があり、一時期マネージャーをしていた。そのためジャニーとも面識があったという。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936 大東京
ライオン
朝日
28 117 103 13 27 1 0 0 28 4 13 -- 2 -- 12 -- 0 13 -- .262 .339 .272 .611
1937 44 155 145 16 35 5 1 1 45 8 11 -- 0 -- 10 -- 0 22 -- .241 .290 .310 .601
1937秋 49 217 199 24 47 6 2 1 60 23 6 -- 2 -- 16 -- 0 17 -- .236 .293 .302 .595
1938 35 162 137 21 35 3 1 1 43 13 6 -- 1 -- 23 -- 1 10 -- .255 .366 .314 .680
1938秋 40 193 174 29 37 4 1 2 49 14 5 -- 2 -- 15 -- 2 11 -- .213 .283 .282 .564
1939 96 440 395 50 89 10 2 1 106 27 11 -- 9 0 32 -- 4 21 -- .225 .290 .268 .558
1940 102 458 394 30 76 14 1 1 95 17 22 -- 6 1 55 -- 2 23 -- .193 .295 .241 .536
1941 81 376 316 30 75 10 1 2 93 20 26 -- 8 -- 49 -- 2 12 -- .237 .343 .294 .638
1942 104 466 407 50 98 12 4 0 118 18 44 19 7 -- 47 -- 5 17 -- .241 .327 .290 .617
1943 84 382 333 48 78 13 4 1 102 23 36 15 2 -- 46 -- 1 20 -- .234 .329 .306 .635
1944 35 155 136 22 46 11 2 0 61 11 16 1 4 -- 14 -- 1 4 -- .338 .404 .449 .853
1946 ゴールドスター
金星
103 442 393 60 124 21 11 1 170 45 26 16 5 -- 36 -- 7 6 -- .316 .383 .433 .816
1947 119 510 457 44 124 17 5 2 157 43 21 15 1 -- 42 -- 10 21 -- .271 .346 .344 .689
1948 124 554 505 65 143 24 8 2 189 41 20 11 0 -- 40 -- 9 30 -- .283 .347 .374 .721
1949 中日
名古屋
137 641 597 83 177 31 4 10 246 59 16 15 2 -- 30 -- 12 32 -- .296 .343 .412 .755
1950 123 520 469 73 135 25 6 7 193 57 28 8 5 -- 38 -- 8 24 8 .288 .351 .412 .763
1951 113 515 454 83 126 28 5 2 170 39 37 8 6 -- 41 -- 14 16 15 .278 .356 .374 .730
通算:15年 1417 6303 5614 741 1472 235 58 34 1925 462 344 108 62 1 546 -- 78 299 23 .262 .336 .343 .679
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大東京(大東京軍)は、1937年秋季にライオン(ライオン軍)に、1941年に朝日(朝日軍)に球団名を変更
  • ゴールドスターは、1947年に金星(金星スターズ)に球団名を変更
  • 中日(中日ドラゴンズ)は、1951年に名古屋(名古屋ドラゴンズ)に球団名を変更

年度別監督成績[編集]

年度 球団 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 順位
1944 朝日 35 12 22 1 .353 5位
1946 ゴールドスター
金星
105 43 60 2 .417 6位
1947 119 41 74 4 .357 8位
1952 名古屋 120 75 43 2 .636 3位
1953 130 70 57 3 .551 3位
通算:5年 509 241 256 12 .485

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

  • オールスターゲーム選出:1回(1951年)
  • 通算1000本安打:1948年9月28日(1人目)
  • 通算1000試合出場:1948年9月12日(1人目)
  • シーズン6三振(1946年) シーズン100試合以上の規定打席到達者における最少タイ
  • 1イニング3盗塁:1943年10月3日、対東京巨人軍戦の5回(二盗、三盗、本盗)、史上4人目[4]
  • 25試合連続安打(1948年6月28日 - 9月5日)

背番号[編集]

  • 16 (1936年 - 1937年途中)
  • 8 (1937年途中 - 1943年)
  • 30 (1946年 - 1947年、1952年 - 1953年)
  • 1 (1948年 - 1951年)
  • 50 (1954年)
  • 55 (1960年 - 1962年)
  • 51 (1965年 - 1966年)
  • 36 (1967年)
  • 54 (1972年)

登録名[編集]

  • 坪内 道則(つぼうち みちのり)(1936年 - 1948年)
  • 坪内 道典(つぼうち みちのり)(1949年 - 1972年)

脚注[編集]

  1. ^ 坪内道則著『風雪の中の野球半世記』、ベースボール・マガジン社1987年
  2. ^ a b スポニチアネックス「プロ野球を愛し続けた男・坪内道則 初の1000本安打達成」
  3. ^ 文春ビジュアル文庫「巧守好走列伝」
  4. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」711ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]