日本野球連盟 (プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本野球連盟
団体種類 社団法人文部省所管)
設立 1936年
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 プロ野球組織
解散 1949年
1948年に社団法人へ改組
テンプレートを表示

日本野球連盟(にほんやきゅうれんめい)は、1936年から1949年まで存在していた日本プロ野球組織、またはそのリーグ名。日本初の本格的全国規模によるスポーツリーグ(プロ選手対象である場合でも日本初)であり、現在の日本野球機構のルーツに当たる。

沿革[編集]

以後は日本野球機構を参照

戦時下の自主規制[編集]

上述のアメリカとの関係悪化により、野球が敵国アメリカの国技であるために、陸軍と文部省からの通達もあり、日本野球連盟は英語使用を徹底的に自主規制した。球団名や球団旗ロゴ、用語等の日本語化が押し進められた。

球団名では大阪タイガースが「阪神軍」、東京セネタースが「翼軍」になるなど改称を強いられた(参照)。

野球の用語はアメリカから伝来した性格上カタカナ英語が多かったが、その全てが日本語に改められた。更に一部の日本語用語も、より健闘精神を煽るものへと変えられた。以下はその一例。

他にも延長戦の時間・イニング制限が無くなり、引き分けは天候や日没によるコールドのみに。また犠牲フライ打数に加算されるようになった。1943年頃からユニフォーム国防色使用と、戦闘帽の着用が指示され、卑怯な戦術であるとして隠し球も禁止された。1944年には個を主張してはならないとの理由から背番号の使用も禁止された。

日本人選手以外のいわゆる外国籍選手(当時はハワイ出身の日系人が主)も政府の帰国令などで締め出される形となった。無国籍であったヴィクトル・スタルヒン(当時・東京巨人軍)は登録名を「須田博」として出場、更には戦況悪化に伴い追放・軽井沢に抑留された。

なお、大学野球中等学校野球などは大衆人気が高かったことと、軍部命令により早期に公式大会が中止されたため、職業野球が行なったこれらのような延命策を採らなかった。用語の言い換えなども職業野球でのみ使用され、一般にはそれほど浸透しなかった。

1946年の球団愛称[編集]

1946年シーズンでは鈴木惣太郎の提案により各球団に愛称が付けられた。以前より東京巨人軍が「巨人」と呼ばれていたことに倣ったものである。

新聞報道などではこの愛称で表記されることが多かった。愛称と球団名を繋げて「太平パシフィック」「近畿グレートリング」「青鞜セネタース」「金星ゴールドスター」の表記も見られた(球団の正式名称ではない)。各球団の反発に合い1年限りで取り止めとなり、翌1947年にアメリカメジャーリーグベースボールを参考にしたニックネームが採用された。

加盟球団とその変遷[編集]

(注)1945年は活動中止

  • 東京巨人軍(1936-1946) - 読売ジャイアンツ(1947-1949)
    セントラル・リーグ
  • 大阪タイガース(1936-1940.9.24) - 阪神軍(1940.9.25-1945) - 大阪タイガース(1946-1949)
    →セントラル・リーグへ(現・阪神タイガース
  • 名古屋軍(1936-1943) - 産業軍(1944-1945) - 中部日本(1946) - 中日ドラゴンズ(1947-1949)
    →セントラル・リーグへ
  • 阪急軍(1936-1946) - 阪急ベアーズ(1947.1-1947.4) - 阪急ブレーブス(1947.4-1949)
    パシフィック・リーグへ(現・オリックス・バファローズ
  • 大東京軍(1936-1937春) - ライオン軍(1937秋-1940) - 朝日軍(1941-1945) - パシフィック(1946) - 太陽ロビンス(1947) - 大陽ロビンス(1948-1949)
    →セントラル・リーグへ(後の松竹ロビンスで現在は消滅)
  • 後楽園イーグルス(1937春-1937秋) - イーグルス(1938春-1940.10.5) - 黒鷲軍(1940.10.6-1942.9.11) - 大和軍(1942.9.12-1943)
    →解散
  • 南海軍(1938秋-1944.5.31) - 近畿日本軍(1944.6.1-1945) - グレートリング(1946-1947.5.31) - 南海ホークス(1947.6.1-1949)
    →パシフィック・リーグへ(現・福岡ソフトバンクホークス
  • 東京セネタース(1936-1940.10.16) - 翼軍(1940.10.17-1940末)
    →名古屋金鯱軍と対等合併、大洋軍を結成
  • 名古屋金鯱軍(1936-1940)
    →翼軍と対等合併、大洋軍を結成
  • 大洋軍(1941-1942) - 西鉄軍(1943)
    →解散
  • セネタース(1946) - 東急フライヤーズ(1947) - 急映フライヤーズ(1948) - 東急フライヤーズ(1949)
    →パシフィック・リーグへ(現・北海道日本ハムファイターズ
  • ゴールドスター(1946) - 金星スターズ(1947-1948) - 大映スターズ(1949)
    →パシフィック・リーグへ(後の大映ユニオンズで現在は消滅)

試合方式[編集]

年度別順位[編集]

  • 2位以下のチームの監督名は、1937年春季を除き、監督が交代した年のみ記載。☆はシーズン途中より就任。
年度 1位
(優勝監督)
2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位
1936 順位なし
大阪名古屋東京セネタース阪急大東京金鯱
1936夏 順位なし
巨人、大阪、名古屋、東京セネタース、阪急、大東京、金鯱)
1936秋 巨人
藤本定義
大阪 順位なし
(名古屋、東京セネタース、金鯱、阪急、大東京)
1937 巨人
41勝13敗2分
(藤本定義)
大阪
41勝14敗1分
石本秀一
東京セネタース
30勝26敗
横沢三郎
阪急
28勝26敗2分
村上実
金鯱
25勝30敗1分
岡田源三郎
大東京
21勝31敗4分
小西得郎
名古屋
21勝35敗
桝嘉一
イーグルス
12勝44敗
森茂雄
1937秋 大阪
39勝9敗1分
(石本秀一)
巨人
30勝18敗
イーグルス
28勝19敗2分
金鯱
23勝25敗1分
東京セネタース
20勝27敗1分
ライオン
19勝29敗1分
阪急
17勝29敗3分
名古屋
13勝33敗3分
1938 大阪
29勝6敗
(石本秀一)
巨人
24勝11敗
阪急
21勝13敗1分
山下実
イーグルス
18勝15敗2分
東京セネタース
13勝21敗1分
苅田久徳
金鯱
13勝22敗
名古屋
11勝24敗
根本行都
ライオン
9勝26敗
1938秋 巨人
30勝9敗1分
(藤本定義)
大阪
27勝13敗
阪急
21勝17敗2分
名古屋
19勝18敗3分
東京セネタース・ライオン
19勝20敗1分(同率5位)
(苅田久徳・高田勝生
イーグルス
15勝20敗5分
南海
11勝26敗3分
高須一雄
金鯱
11勝29敗
1939 巨人
66勝26敗4分
(藤本定義)
大阪
63勝30敗3分
阪急
58勝36敗2分
(☆村上実
東京セネタース
49勝38敗9分
南海
40勝50敗6分
名古屋
38勝53敗5分
(☆小西得郎
金鯱
36勝56敗4分
ライオン
33勝58敗5分
イーグルス
29勝65敗2分
(☆山脇正治
1940 巨人
76勝28敗
(藤本定義)
阪神
64勝37敗3分
松木謙治郎
阪急
61勝38敗5分
(☆井野川利春

56勝39敗10分
名古屋
58勝41敗5分
黒鷲
46勝54敗4分
(☆沢東洋男
金鯱
34勝63敗7分
石本秀一
南海
28勝71敗6分
ライオン
24勝76敗4分
1941 巨人
62勝22敗2分
(藤本定義)
阪急
53勝31敗1分
大洋軍
47勝37敗3分
苅田久徳
南海
43勝41敗
三谷八郎
阪神
41勝43敗
名古屋
37勝47敗
(☆本田親喜
黒鷲
28勝56敗1分
杉田屋守
朝日
25勝59敗1分
竹内愛一
1942 巨人
73勝27敗5分
(藤本定義)
大洋軍
60勝39敗6分
石本秀一
阪神
52勝48敗5分
若林忠志
阪急・朝日
49勝50敗6分(同率4位)
南海
49勝56敗
(☆加藤喜作
名古屋
39勝60敗6分
(☆桝嘉一
大和
27勝68敗10分
(☆苅田久徳
1943 巨人
54勝27敗3分
中島治康
名古屋
48勝29敗7分
阪神・朝日
41勝36敗7分(同率3位)
西鉄軍
39勝37敗8分
大和
35勝43敗6分
阪急
31勝51敗2分
西村正夫
南海
26勝56敗2分
(☆加藤喜作
1944 阪神
27勝6分2分
(若林忠志)
巨人
19勝14敗2分
藤本英雄
阪急
19勝15敗1分
産業
13勝21敗1分
三宅大輔
朝日
12勝22敗1分
坪内道則
近畿日本
11勝23敗1分
1945 戦況悪化のため中止
1946 グレートリング
65勝38敗2分
山本一人
巨人
64勝39敗2分
(☆中島治康
大阪
59勝46敗
(☆藤村富美男
阪急
51勝52敗2分
セネタース
47勝58敗
横沢三郎
ゴールドスター
43勝60敗2分
坪内道則
中部日本パシフィック
42勝60敗3分(同率最下位)
(☆杉浦清藤本定義
1947 大阪
79勝37敗3分
(若林忠志)
中日
67勝50敗2分
南海
59勝55敗5分
阪急
58勝57敗4分
(☆浜崎真二
巨人
56勝59敗4分
(☆三原脩
東急
51勝65敗3分
苅田久徳
太陽
50勝64敗5分
金星
41勝74敗4分
1948 南海
87勝49敗4分
(山本一人)
巨人
83勝55敗2分
大阪
70勝66敗4分
阪急
66勝68敗6分
急映
59勝70敗11分
大陽
61勝74敗5分
長谷川信義
金星
60勝73敗7分
中日
52勝83敗5分
1949 巨人
85勝48敗1分
(三原脩)
阪急
69勝64敗3分
大映
67勝65敗2分
南海
67勝67敗1分
中日
66勝68敗3分
天知俊一
大阪
65勝69敗3分
東急
64勝73敗1分
井野川利春
大陽
52勝81敗
石本秀一

関連項目[編集]