1941年の阪急軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1941年の阪急軍
成績
日本野球連盟2位
53勝31敗1分 勝率.631[1]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場 西宮球場
球団組織
オーナー 小林一三
経営母体 阪神急行電鉄
監督 井野川利春(選手兼任)
« 1940
1942 »

1941年の阪急軍(1941ねんのはんきゅうぐん)では、1941年シーズンの阪急軍の動向をまとめる。

この年の阪急軍は、井野川利春選手兼任監督の2年目(途中就任の1940年を含む)のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 東京巨人軍 62 22 2 .738 -
2位 阪急軍 53 31 1 .631 9.0
3位 大洋軍 47 37 3 .560 15.0
4位 南海軍 43 41 0 .512 19.0
5位 阪神軍 41 43 0 .488 21.0
6位 名古屋軍 37 47 0 .440 25.0
7位 黒鷲軍 28 56 1 .333 34.0
8位 朝日軍 25 59 1 .298 37.0

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1941年 日本野球連盟”. 日本野球機構. 2018年9月11日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 112