1949年の東急フライヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1949年の東急フライヤーズ
成績
レギュラーシーズン7位
64勝73敗1分 勝率.467[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
球団組織
オーナー 大川博
経営母体 東京急行電鉄
監督 井野川利春(選手兼任)
« 1948
1950 »

1949年の東急フライヤーズでは、1949年シーズンの東急フライヤーズの動向をまとめる。

この年の東急フライヤーズは、大映野球が経営から撤退し、2シーズンぶりに球団名が「東急フライヤーズ」に戻ったシーズンであり、翌シーズンから総監督となった井野川利春選手兼任監督の1年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 塚本博睦
2 常見昇
3 大下弘
4 大沢清
5 清原初男
6 白木義一郎
7 浜田義雄
8 上林繁次郎
9 皆川定之
1949年日本野球連盟順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 南海 3.0 大阪 4.0 南海 4.0 大阪 9.0 大阪 9.5 大映 14.5 阪急 16.0
3位 大阪 3.5 南海 4.5 大映 大映 9.5 阪急 12.0 阪急 16.0 大映 17.5
4位 大映 5.0 大映 7.0 大阪 5.0 阪急 11.0 大映 14.5 大阪 18.0 南海 18.5
5位 中日 6.5 阪急 9.5 阪急 7.0 南海 14.5 南海 15.5 南海 中日 19.5
6位 東急 8.0 中日 11.5 大陽 11.5 中日 17.5 東急 20.0 中日 20.0 大阪 20.5
7位 阪急 9.0 大陽 11.5 東急 14.0 東急 18.0 中日 20.5 東急 24.5 東急 23.0
8位 大陽 東急 12.0 中日 14.5 大陽 24.5 大陽 28.0 大陽 33.0 大陽 33.0
1949年日本野球連盟最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 85 48 1 .639 -
2位 阪急ブレーブス 69 64 3 .519 16.0
3位 大映スターズ 67 65 2 .508 17.5
4位 南海ホークス 67 67 1 .500 18.5
5位 中日ドラゴンズ 66 68 3 .493 19.5
6位 大阪タイガース 65 69 3 .485 20.5
7位 東急フライヤーズ 64 73 1 .467 23.0
8位 大陽ロビンス 52 81 0 .391 33.0

[1]

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
大下弘 外野手 2年ぶり2度目

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1949年 日本野球連盟”. 2017年8月24日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 123