岡田源三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡田 源三郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 1896年3月25日
没年月日 (1977-10-26) 1977年10月26日(満81歳没)
身長
体重
170 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1937年
初出場 1937年
最終出場 1939年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 名古屋金鯱軍 (1936 - 1939)
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1978年
選出方法 特別表彰

岡田 源三郎(おかだ げんざぶろう 1896年3月25日 - 1977年10月26日[1])は、東京都[1] 出身の野球選手・指導者(名古屋金鯱軍監督。明治大学硬式野球部監督)。

来歴・人物[編集]

早稲田実業学校時代に、捕手として第1回夏の甲子園に出場[1]。準決勝でこの年準優勝した秋田中学に1-3で敗れた。岡田は7打数無安打に終わる。卒業後、台湾製糖広瀬商店中央大学明治大学と渡り歩き、1923年東京六大学野球草創期の明大野球部三代目監督に就任[1]。奇策を駆使した戦法で両大学を悩ませ同年秋、明治にリーグ加入後の初優勝をもたらした。

1935年秋までの在任中、二出川延明湯浅禎夫田部武雄松木謙治郎ら多数の名選手を育てた[1]。翌1936年に当時の職業野球発足に伴い創立となった名古屋金鯱軍選手兼初代監督に就任。実働3年間捕手にあり、通算24試合出場、52打数15安打・12打点・0本塁打・8三振・8四死球・2盗塁・打率.288。のち評論家。1977年10月26日死去[1]享年81。死去翌年の1978年野球殿堂入りした。選手としては捕手を中心に全守備位置を守れる万能選手だった[1]

NPB史上唯一の、19世紀生まれの選手である。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1937 金鯱 2 1 1 1 1 0 0 0 1 0 0 -- 0 -- 0 -- 0 0 -- 1.000 1.000 1.000 2.000
1938 11 37 31 7 8 2 0 0 10 10 2 -- 0 -- 6 -- 0 5 -- .258 .378 .323 .701
1938 9 19 18 0 5 0 0 0 5 2 0 -- 0 -- 1 -- 0 2 -- .278 .316 .278 .594
1939 2 3 2 0 1 0 0 0 1 0 0 -- 0 0 1 -- 0 1 -- .500 .667 .500 1.167
通算:3年 24 60 52 8 15 2 0 0 17 12 2 -- 0 0 8 -- 0 8 -- .288 .383 .327 .710

表彰[編集]

背番号[編集]

  • 30 (1938年 - 1939年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、116ページ

関連項目[編集]