戦闘帽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

戦闘帽(せんとうぼう)とは、軍隊軍服における制帽の一種として採用されることの多い略帽の一形式であり、作業帽の一種でもある。戦斗帽と記述する場合もある。

日本においては近代史上の経緯から、烏帽子にも似た形状を呈する、目庇・顎紐付きの軍帽のことを直接この呼称で呼ぶ場合が多い。

概要[編集]

ドイツ第三帝国軍の戦闘帽であるen:M43 field cap

軍服における本来の制帽が官帽ケピ帽シャコー帽等の、装飾的要素の強い複雑な造形の大型の帽子である場合が多いのに対して、戦闘帽は装飾性を出来るだけ排し、野外作業や戦闘行動などを意識した必要最低限の機能性のみを持たせた小型の帽子である場合が多い。制式採用されている帽子である故に、各種の儀礼・行事の際にも着用することが許されている場合も多く、このような意味における戦闘帽は、ギャリソンキャップベレー帽などをはじめ、世界中の軍隊の軍服で普遍的に見られるものである。

日本における戦闘帽[編集]

大日本帝國陸軍の兵用戦闘帽。香港海防博物館所蔵品で、顎紐が垂れ下がるなど状態は良好ではない。

日本においては、戦闘帽とは支那事変から太平洋戦争(大東亜戦争)に掛けて大日本帝国陸軍及び大日本帝国海軍の軍服の略帽として制式採用され、後には国民服の制帽として大日本帝国の男子国民の多くに着用が求められた、戦斗帽(せんとうぼう)と呼ばれる様式の帽子の事を直接指す用語である場合が多い。

形状[編集]

戦斗帽は蒲鉾形状の布を2枚貼り合わせて胴を作り、天井に広楕円型の布がドーム状に張られ、ごく短い庇(目庇)が水平につくという外観が特徴であり、ほとんどの場合後述の機能上の理由により、目庇の上に顎紐が取り付けられる。胴側の布地には通気の為の小穴が複数個配置される場合が多く、頭囲の調整は胴の布地の後頭部側合わせ面に設けられた調整紐で僅かではあるが行える。

帽子自体の製造工程としては同じ略帽として用いられたフランスケピ帽に類似しているが、ケピ帽が後頭部以外に継ぎ目のない円筒形の外観を呈して頭頂部周辺にもややスペースが確保されるのに対して、戦斗帽は着用者の頭にほぼ密着する形状で、帽体正面にY字型の継ぎ目を持つ特徴的な台形を呈する。その性質上、ケピ帽と異なり丸刈りや短髪以外の毛髪が長いヘアスタイルの場合には、着用に難を生じる場合もある。

機能性[編集]

戦斗帽は旧日本軍の略帽として登場した当初から、戦闘用ヘルメット(九〇式鉄兜/九八式鉄帽)の下に着用する中帽として利用される前提でデザインされており、この原則に則った製法をされている戦斗帽は、伏せ撃ちの際の照準の邪魔にならないような極めて短い目庇を持ち、戦闘・作業中や荒天下でもズレや脱帽が生じないように丈夫な顎紐が設けられている。採用団体の意向により帽体正面には徽章が取り付けられる場合も多く、階級を判別する為のストライプが帽体の円周方向に複数本設けられる場合もある。

また台湾以南地域では、酷暑下での熱中症などの防止の為に帽垂布(ぼうたれぬの)と呼ばれる布地が顎紐固定部から後頭部にかけて取り付けられた場合もあり、結果としてこのような機能性を持つ戦斗帽は、それ自体が旧日本軍を意識させうる極めて特徴的な外見を有することとなった。

近年市販されている戦斗帽には、必ずしもこの原則に則らないデザインのものも見られ、見栄えを重視した長い目庇や実際の使用を余り意図していない布製の装飾的な顎紐が装着されている場合もある。

使用例[編集]

戦前[編集]

日本陸軍[編集]

日本陸軍においては、昭和5年制式形の軍服から正式に戦斗帽形略帽が採用された。材質は当初はラシャ製で、通気穴は左右両側に3個。五芒星の帽章が取り付けられた。下士官用は星形の帽章が直接縫いつけられたが、将校用は星の下に台地布が設けられる場合もあった。顎紐は多くの場合皮革ないしゴム引き布製で、両端が帽子にボタンで固定された。南方戦線では帽垂布を装備する場合も多々見受けられた。帽垂布には固定用のコハゼが数枚縫い付けられており、これを帽子の側面にあらかじめ設けたかがり縫いループに差し込み、さらに顎紐固定ボタンとサイズ調整ひもを用いて固定された。帽垂布の代わりに私物の手ぬぐいを使う例も見られた。戦局が悪化するにつれ、布地の材質はラシャから混紡、最終的には木綿製にまで簡素化された。

日本海軍[編集]

日本海軍においては昭和12年制式形の軍服から正式に戦斗帽形略帽(艦内帽)が採用された。材質は木綿製で、通気穴は陸軍と同じく左右両側に3個だが、通気孔を持たない場合も多い。当初は第1種軍装(濃紺)と第2種軍装(白色)の二色が制定され、のちに第3種軍装用(緑色)も加えられた。帽章は准士官以上は錨の中央に桜を配しそれを抱き茗荷で囲う形状。下士官は錨の中央に桜のみを配し、兵は錨のみとされた。また、陸軍と異なり士官は2本、下士官は1本のストライプが帽章を横切るように円周状に配置され、階級を識別する目印となった。あご紐は多くの場合布製で、両端が帽子に直接縫い付けられた。

国民服[編集]

昭和15年以降、国民服として一般の成年男子にもラシャ製の戦斗帽の着用が推奨された。国民服における戦斗帽は帽章が取り付けられていないもので、現在でも戦中から戦後間もなくを舞台にした映像作品の多くで、民間人や復員兵などが着用している姿によって目にすることが出来る。

その他の国々[編集]

旧日本軍の占領地にて発足した現地人を中心に構成された武装組織(インドネシアPETA 郷土防衛義勇軍など)、或いは満州国軍など一部の同盟国軍において、戦斗帽が正式装備として用いられた例があった。

戦前の戦斗帽[編集]

戦後[編集]

昭和20年の終戦以降は、洋式の帽子の着用が再び公に認められるようになったためか、各種の戦斗帽、特に陸軍様のカーキ色のものは戦後数年以内に[1]急速に市井からは姿を消していった。その形状その物が旧日本軍を想起させる面も有るためか、各国の軍帽がファッションとして着用されるようになった今日においても、ファッション的な側面から日本の旧軍式の戦斗帽を着用する若者はほとんど見受けられない。しかし、官公庁の防災服などの装備品として、戦斗帽は今日まで一部の用途では用いられ続けている。

自衛隊[編集]

陸上自衛隊では警察予備隊保安隊時代のごく初期に、戦斗帽形式の作業帽が採用された例があったが、陸上自衛隊発足後は略帽はベレー帽、作業帽はケピ帽形式のもの(初期は八角形、後に円筒形に形状が変わる)に置き換えられた。戦闘用ヘルメットも米軍貸与のM1ヘルメットを経て66式鉄帽へ移行、これらの鉄帽は樹脂製の中帽(ライナー)を着用する前提のものであったため、各隊員が私物で布製の中帽(汗取り帽子)を用意する場合を除いては略帽や作業帽を直接鉄帽の下に被ることは行われなくなり、それぞれの帽子を個別に携行する必要が生じている。

海上自衛隊では現在でも略帽として戦斗帽形式の帽子が制定されており、航空自衛隊においても作業帽として戦斗帽形式の帽子が制定されている。但し、海上・航空共に戦斗帽形式の略帽は今日では目立った場所で用いられることは余り無く、実際の作業の際には顎紐付きの野球帽型作業帽や、同じく野球帽型で部隊ごとに独自製造される部隊識別帽(スコードロンキャップ)で代用される事が殆どとなっている。

警察[編集]

機動隊機動捜査隊が現在でも戦斗帽形式の略帽を採用しており、今日でも事件捜査のニュースなどで度々目にする事が出来る。

消防[編集]

総務省消防庁が規定する消防吏員服制基準[2]において、現在でも戦斗帽形式の略帽が採用されている。同じく消防団向けの消防団員服制基準[3]においても、同様の略帽が採用されており、今日でも市井で比較的見かける機会の多い略帽となっている[注釈 1]

民間企業[編集]

  • JRグループ - 旧国鉄時代より、整備士・機関士向けの作業帽に略帽に類似した形状の帽子が用いられている。民営化後もJR貨物の機関士は従来通り戦闘帽に類似した帽子を着用している。

船員[編集]

漁船商船の年配の乗組員の中は、船内帽(船員帽)として旧日本海軍仕様の戦斗帽を着用する者が現在でも一定数見られ、港湾周辺に立地する船員向けの商店などで現在でもこうした戦斗帽が販売され続けている。こうした船員向け戦斗帽はストライプ2本の士官仕様のレプリカが多く、色は白色と灰色の二色である場合が多い。近年の映像作品では、スタジオジブリアニメーション崖の上のポニョ」において、商船船長である主人公の父親やその部下の船員達が白色でストライプの無い兵仕様の戦斗帽を「船員の帽子」として着用している姿を見ることができる。

戦後の戦斗帽[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、消防吏員消防団員とも服制基準の備考で「略帽はアポロキャップとすることができる」との定めがあり、アポロキャップの使用例も非常に多い

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]